【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

【要注意】ゲッターズ飯田さんの「2020年の運気が下がる!」絶対NGアクション3連発

  • 2020年03月30日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

いろいろなことが目まぐるしく起こっている2020年。新生活を目前に、気持ちを明るく保ちたいところですが、こういう時期だからこそ「これをやったら運気が下がる」行為もあるので注意してください!

ということで、芸能界最強の占い師・ゲッターズ飯田さんに、「2020年、4月の新生活以降、これをやったら特に運気を下げる!」というNGアクションを3つ教えてもらいました。

運気を上げるのも下げるのも自分次第。 2020年の運気を下がるNGアクション、しっかり心にとめておきましょう。

【運気が下がるNGアクション1】:言葉がいちばん大事。ネガティブ発言に注意 

まず、「愚痴や不平不満、ネガティブなことを口にするのは、2020年に限らずずっとNG。 言葉というのはいちばん大事」です。

愚痴や不平不満ばかり言っている人には、あまり会いたいと思わないし、とくにおもしろくて楽しくてポジティブな人ほど、遠のいていってしまいます。 そうなると、2020年の開運アクションである、「みんなで一緒に楽しむ」ができなくなって、より運気が下がることに。

とはいえ、生きていれば、ときには愚痴や不平不満は出てくるもの。 こんどネガティブな言葉を口にしたくなったら、それをポジティブな言葉に言い換えられないか考えてみたり、 愚痴や不平不満を言わずにいられないような状況なら、どうしたらその状況を良い方向に変えられるか、考えてみるのもいいかもしれません。

【運気が下がるNGアクション2】:テーブルの上に物が散乱している!

開運の基本はキレイに片づいた部屋。なので、汚れがそのままになっていたり、床やテーブルの上に物を置きっぱなしにしているような家には、幸運はやってきません。

また、不要な物を流す場所であるトイレは、厄がたまりやすいので、小まめに掃除する習慣が大切です。本や雑誌を置いていたり、それを読んだりして必要以上に長居するのもNG。落とした厄が再付着してしまうかもしれません。

また、台所やお風呂場などの水場も大切。毎日使う場所に気を使えないのは、自分の体にも気を使えないということ。自分に気を使えないと、次第に人にも気を使えないようになってしまうかもしれません。

少しでも汚れていたら「放置」をせずに、ササッと掃除したり、片づけるといった習慣を大切にしましょう!

【運気が下がるNGアクション3】:「私ばっかりが大変…」と考える

とくに2020年は、「協調性」が大切な開運キーワードなので、自分のことばかり考えたり、自分勝手な行動や言動をとっていると、運が逃げて行ってしまうので注意。 「私ばっかり」と思う前に、周りの人への感謝や配慮を忘れずに!

【毎日運気を上げるには】 笑顔が大事!寝る前に“いい妄想”をする♪

いかがでしたか? 開運にキレイな部屋やポジティブな考え・行動が大切なように、運気が下がるにはその逆の、汚い部屋や、ネガティブな考え・行動が影響を与えるようで す。

開運=ポジティブには、まず「笑顔」が大切。パソコンやスマホを使っているとき、ブスッと無表情になっていませんか? 「笑う門には福来る」と言います。こんなご時世にこそ、まずは笑顔を大切に! 「顔は筋肉です。寝る前に笑顔になるような“いい妄想”をすると、形状記憶効果で、朝起きたとき、少しずつ明るい表情になっていくでしょう」とも教えてくれました。

ゲッターズ飯田さんが占う運気を合わせてチェック!

2020年こそお金が貯まる!ゲッターズ飯田さんが実践「今すぐ金運アップ!11の習慣」

ゲッターズ飯田さんが教える「2020年最強!開運アクションBEST10」今日から即ハッピー

ゲッターズ飯田さんに聞く「2020年開運キーワード&カラー」100均・ユニクロで運気アップ!?

厄年の人に朗報!ゲッターズ飯田さんに教わる「2020年に厄年の人がやるべきこと3選」

ゲッターズ飯田さんが激推し!2020年「初詣に行くべきパワースポット神社」7選

厄年の人に朗報!ゲッターズ飯田さんに教わる「2020年に厄年の人がやるべきこと3選」

教えてくれたのは:ゲッターズ飯田さん

20年以上占ってきた実績をもとに「五星三心(ごせいさんしん)占い」を編み出した、芸能界最強の占い師。これまで占った人数は6万人超え。『ゲッターズ飯田の五星三心占い 2020年版』(セブン&アイ出版)が好評発売中。

ゲッターズ飯田さん公式サイト

ゲッターズ飯田さん公式ブログ

田谷峰子
ライター

主婦向け生活情報媒体をメインに、ときどき旅記事なども執筆。
日々の生活を楽しく豊かにハッピーに送るためのヒントをお届けしていきます。

田谷峰子 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事