リリアンの進化系!?ダイソーで話題の「#モバ編み」デビュー!ハンドメイド神グッズ発見

  • 2019年12月27日公開

こんにちは!賃貸でも諦めないヨムーノライターのlovekuma_emilyです。
日々100円ショップに通い、ディスプレイや取り扱い商品の違いを探しその店舗のオススメをチェックしています。

私が暮らす北国は、真冬突入と共に外出の服装は顔の一部以外露出しない生活に。アウターから出る首元や手首も全部隠してしまいたいのでスヌードやアームウォーマーは毎年数点購入しています。

自分で毛糸で編めるなら楽なのにと思いますが、編み図を見ると全く理解できず諦めモードだった私。

しかし今、ダイソーでは編み図を見なくても簡単にできるアイテム「毛糸deリリアンサークル」がありました。

ダイソー「毛糸deリリアン サークル」

ダイソーの「毛糸deリリアンサークル」です。
近年、100円ショップでは気軽に編める編み物メーカーが沢山発売されています。

気になりながらも手を出さずにいた領域でしたが、今回アームウォーマーを100円ショップのアイテムで作ってみようと思います。

編み方は商品パッケージ裏面を見ると書いてあります。
素人は、この時点でハードル高いと感じてしまうものです(汗)。

編み物初心者代表として、挑戦してみます。

ちなみに、毛糸はダイソーではなく、セリアで購入したデニム風毛糸です!!!

転がる毛糸はダイソー「毛糸ストッカー」に収納!

こちらの保存容器の様なケースは蓋の中央から毛糸の糸を出して使用出来る毛糸ストッカーです。

編み物を途中で休憩する時は蓋のフックに糸端を引っ掛けて留める事も出来ます。レース糸用のケースも販売していますので絡まりやすいレースを編む方は是非チェックしてみてくださいね。

簡単!?編み物スタート

毛糸の端に輪を作ってリングのフックに掛けて初めの作業がスタートです。

1〜18番までのフックに毛糸を引っ掛けて編んでいきます。昔、小学生の頃流行ったリリアンと同じ編み方だなぁ~と懐かしみながらの作業です。

病院での待ち時間で編んでみました。
何か用事の待ち時間、携帯を触るのやめて編み物をする時間は、近年の生活リズムの中では、とても新鮮な作業でした。

アームウォーマーの様な、かさばらないサイズの編み物ですと、バッグに忍ばせて空き時間に編むことが出来ます。
この様な編み方をモバイル編み、モバ編みと言うそうです。

ダイソーの編み方だけだとアームウォーマーの親指の所に穴を開けられないので、YouTubeの「ダイソーの編み機と毛糸で簡単手袋」という動画を見て難しい所は乗り越えました……。

紙コップスリーブのリメイクで1ランクUP!

手首部分は、“クシュクシュ”っとしたかったので、通常より長く作りました。

シンプルなアームウォーマーに古着のデニムのポケットを右手の方に縫い付け、ダイソーで割引商品になった4つで税抜100円の紙コップスリーブをカットして、ワッペンの様にポケット同様縫い付けました。

編み方が単調なので、編み物初心者の私には模様を付けることは出来ませんでしたが、ワッペンなどを付ける事によって、見た目も可愛く完成する事が出来ました。

いろいろとコツや経験が必要とかんじましたが、100均でココまでできちゃいました。今シーズンはモバ編みに挑戦してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました!

lovekuma_emily

賃貸の一軒家に家族と住んでいます。 賃貸でも楽しくDIYを出来るよう原状回復を基本に頑張ってます。 皆さんのDIYのヒントになれれば嬉しいです!

lovekuma_emily の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事