他店の10分の1!キャンドゥなのに「1個50円」高見えグッズが今売切れ続出!全コンプしたい

  • 2020年01月08日公開

こんにちは、暇さえあればSNSを開いているヨムーノライターのソレールナです。

私には小さい子どもがいるので、よく同じ年代の子どもを持つママたちのSNSを見ることが多いのですが、最近木製のおもちゃに注目している方が多いように思います。

今回はそんなおもちゃの中でも、私が速攻買いに走った「100均キャンドゥ」の素敵すぎる木のおもちゃを紹介したいと思います。

可愛すぎるキャンドゥ「Woodenシリーズ」

「可愛すぎる〜!」と叫びたくなるようなこちらのおもちゃ、これが今話題のキャンドゥ「Woodenシリーズ」です。実は安いだけじゃない!そんな魅力たっぷりの商品を1つずつ紹介したいと思います。

握りやすくてフォームが可愛い車

このぽてっと感がたまらない車。種類はバスと普通車の2種類。こんなに可愛くて、しかも木製なのにもちろん100円です。

指を入れるホールのサイズも子どもにはちょうど良いらしく、タイヤもスイスイ動くので子どもは大喜びしてくれました。
タイヤが白というところもまた可愛らしいですよね。

フライングタイガーで発見した道路模様のマスキングテープを貼ったら、もう子どもは大興奮!
プチプラで充実した遊びが楽しめちゃいますよ。

ありそうでなかった木製のお金がついにキャンドゥから!

木のおもちゃが好きなママたち待望の商品と言っても過言ではないのがこちら。
木製のお金です。紙やプラスチックのものはたくさんあるのに、木製のお金ってありそうでなかったものですよね。

しかもデザインがシンプルで良い!

種類は1円玉・10円玉・100円玉がセットになったものと、5円玉・50円玉・500円玉がセットになったものの2種類。なんと硬化全種類のラインナップなのでおままごとをしながらお金の勉強もすることができます。

大きすぎず小さすぎず、子どもの手のサイズにちょうどいいのでつかみやすいようです。

食材の種類も豊富!

可愛すぎませんか?この食材たち。

立体的で艶々したプラスチック製のおもちゃだと絶対に出せないこの暖かみ。木ならではの雰囲気ですよね。しかも、2つセットなんです!

木製のおままごと具材って安くても1つ500円程することが多いのですが、こちらなら1つ50円。
この価格は本当に破格です。全種類コンプリートしてもお財布にとっても優しい価格なことは間違いないです。

この他にもイカやタコ、オムライスやエビフライなんかもあるのですが、残念ながら私の最寄りキャンドゥでは品切れ……。入荷されるのを首を長ーくして待っている者の1人です私(笑)。

それとおままごとには欠かせない包丁とまな板のセットもありますよ!これも包丁とまな板のセットで100円です。キャンドゥ様様です。

ただの木製おもちゃじゃない!安心マーク付きでママも安心

もうお気付きのかたもいらっしゃると思いますが、このおもちゃ、品質管理がちゃんとなされているんです。その証拠がこの丸印の中のマーク「ST、CEマーク」です。

簡単に説明すると……。

  • STマーク→日本玩具協会が定める安全基準をクリアした物につけられるマーク
  • CEマーク→EU加盟国共通の安全基準をクリアした物につけられるマーク

と、こんな感じです。

強度や誤飲の危険性だけでなく、先が尖っていないかどうかや熱に強いかなどの厳しい基準がそれぞれに定められいているんだそう。

CEマークの基準は日本のSTマークの基準よりも厳しいのでCEマークを取得したおもちゃは日本製の検査が免除されるほどだそうですよ。

100円で買えるものなのにこの配慮は素晴らしいですし、子どもに安全なのはママとして何よりのことでありがたい限りです。

作りがちゃんとしている!

こういったマジックテープを使ったおもちゃって、気付けば片方のマジックテープがもう片方にくっついたままになってもう使えない……という経験ありませんか?

そういうものをよく見るとただテープで貼られているだけだったりして、これじゃあ取れても仕方ないな…という作りの物が多いんですよね。でもこれは、見るからに違う!

テープを貼ってある部分がきちんと溝になっていて、その溝にしっかり固定されているではありませんか!子どもの破壊力にも耐えてくれそうな作りでこりゃまた嬉しい配慮の1つだなぁとしみじみしました。

まとめ

キャンドゥの木のおもちゃシリーズ、すごくないですか?
店舗にもよるかもしれませんが、品薄のようなので、気に入ったものを見つけたらゲットするのみです!

ソレールナ
ライター

料理やクラフト、掃除が趣味の2児の母。
アメリカ在住時に学んだ映える物やデザート・料理をプチプラで手軽に作ることが大好き。生活に役立つあれこれを日々模索中。

ソレールナ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事