軽く1万円以上のアレが500円!「ダイソーさん価格破壊です」最新家電デビューは100均で!

  • 2020年01月17日更新

こんにちは、まだ4K8Kテレビに手を出せていないヨムーノ編集部です。

2020年はスポーツの祭典も控えているので、4K8Kテレビの注目度が一気に高まりそうですよね。そんなテレビ映像ではなく、ネット界隈でじわじわ浸透してきているのが「VR(Virtusal Reality 仮想現実)」です。

今では、物件の内覧を現地まで行かなくても写真や動画ではなく、360度のVR体験でお部屋の様子をチェックできる物件が増えてきました。

ここでは、軽く1万円以上もする「VRゴーグル」が、ダイソー「バーチャルリアリティVRゴーグル」なら500円!話題の仮想現実に行ってきました。

ダイソー「バーチャルリアリティVRゴーグル」500円

  • レンズ位置調整可能

  • 固定用ヘッドバンド

  • 保護クッション付き

対応機種

iPhone / Smartphone

端末本体サイズ

160mm×80mm以内

「バーチャルリアリティVRゴーグル」とは

仮想現実を体験できるように支援するデバイスでVRアプリケーションを活用して、よりリアルな仮想現実を体験できます。
(VR:Virtusal Reality 仮想現実)

ARにも対応

カバーをスライドし、スマートフォンのカメラレンズを外に向けると、VR&AR対応アプリで使用できます。

VRアプリケーションのインストール

スマートフォンにVRアプリケーションをインストールして、使用します。VRアプリケーションはApp StoreまたはGoogle Playからダウンロードすることができます。

ダイソーの「バーチャルリアリティVRゴーグル」自体は、何かインストールや設定などは不要です。

本体

▲正面

▲上から

▲レンズ部分

▲イヤホン・ケーブルを通す穴が両サイドに空いています

スライド式スタンド

スライドを引いて、本体にスマートフォンを固定させて使います。スマートフォンケースを外して使用。
(iPhone8PLUS、Galaxy Noteまで使用可能)

使用前の注意事項

・約3.5インチ~6インチまでのスマートフォンでご使用いただけますが、一部、特殊なサイズや厚みのある機器では、使用できない場合があります。

・お手持ちの機器に装着されたケースのサイズや厚みによっては取り付けられない場合がありますので、ケースを外してから使用してください。

・ジャイロセンサーがないスマートフォンの場合、VRアプリケーションの動作が円滑に行われないことがあります。

・磁気センサーがない、もしくは位置が合わず、磁気ボタンを使用することができないスマートフォンの場合、使用が制限されることがあります。

・2Dで製作された動画を3Dで鑑賞することはできません。3D専用映像や360度映像サービスを利用して、鑑賞してください。

専用アプリで鑑賞すれば満足度高い!

スマートフォン上で、見たい動画の細かい設定などが必要になる場合がありますが、ここでは、VR動画や360度映像をそのまま再生し「バーチャルリアリティVRゴーグル」で鑑賞してみました。

アプリじゃないとピントが合わない

YouTubeにも360°VR動画があります。
Googlechromeなどのブラウザでそのまま再生して、「バーチャルリアリティVRゴーグル」で鑑賞してみましたが、ピントが合わずぼやけた結果となりました。
※「バーチャルリアリティVRゴーグル」のレンズ位置は上下左右に調整できます。

もちろん、普通のテレビ動画を「バーチャルリアリティVRゴーグル」で鑑賞しても、ピントが合わないので、鑑賞はやめましょう。スマートフォンの画面がレンズを通して拡大されるだけです。

VRアプリなら臨場感がたのしめる

VRアプリで作品を提供している「ドコモのdTV_VR」や「VR Jump Tour」など、有料・無料のアプリがありますが、専用アプリを再生して「バーチャルリアリティVRゴーグル」で鑑賞すると、好みのレンズ位置の調整は必要ですが、ぼやけた状態はなく、しっかり臨場感を楽しむことができました。

「バーチャルリアリティVRゴーグル」はこんな操作はできない

スマートフォンを「バーチャルリアリティVRゴーグル」に固定するので下記の操作がスマートフォンでできなくなります。

・音量調整
・スマートフォンの画面操作

音量が気になる時や、次の作品が自動で再生されない時は、本体を外して、スマートフォンを取り出してスマートフォンを操作して、また本体に設置を繰り返します。

気軽に楽しむならダイソーでも十分

ダイソー「バーチャルリアリティVRゴーグル」本体は、おもちゃみたいに軽くてレンズくらいしかありません。
スマホを設置する固定バネが非常に硬いので、設置と取り外しはちょっと苦労します。

まとめ

一時期、テレビ鑑賞で「3Dメガネ」が流行ったような、流行りそうで流行らなかったような記憶がありますが……3Dで「アバター」観ましたか?

次はVRの時代が本格的にくるかもしれないですね。 ちょっと気になるVRや360度コンテンツがあれば、ダイソーでコスパよく鑑賞してみてはいかがでしょうか。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事