貯金ゼロから1,000万円貯めた!ズボラでも「絶対に貯まる家計簿」たった5つのコツ大公開

  • 2020年01月22日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

人気インスタグラマーでヨムーノメイトのゆきこさんは、3歳の長女、1歳の二女、同じ年齢の31歳の夫と暮らす、現在育休中のママ。

子ども2人、貯金ゼロから5年で1000万円以上(現在1300万円を突破)貯めて、そのやりくりを記録したインスタが人気を呼び、フォロワー数13万人超え!ついに初の著書『 貯金0円からのゆきこの貯まる生活』を出版し、早くも3刷決定しました。

結婚当初のゆきこさん夫婦は、共働きにもかかわらず、貯金にはまったく無関心。稼いだお金は、夫の趣味である車やゆきこさんの好きなファッション、旅行に使い果たす日々でした。その結果、結婚1年目にして、なんと「1円も貯まっていない」という事態に!

写真:尾島翔太

そんな浪費家でズボラだったゆきこさん夫婦が、3年前、子どもの誕生を機に、本気で「ダメ家計の立て直し」を決意しました。著書には、「お金音痴」だったゆきこさんが、試行錯誤を繰り返してたどり着いた「貯金ゼロから、たった5年間で1000万円貯める秘訣」がギュッと詰まっています!

そこで今回、ゆきこさんに超ズボラでも続く、絶対に挫折しない「貯まる家計簿」のつけ方を教えてもらいました。貯金ゼロの人も、夢の1000万円貯めたい人も必見、「1000万円貯まる家計簿」の5つのコツを紹介します。

【貯金ゼロ→1000万円の家計簿コツ1】家計簿を開くのは「週1回」だけ

「家計簿」というと、「買い物をした日の夜、家族が寝静まって、落ち着いた時間につける」というイメージがありますよね?でも夜は眠いし、疲れているし、「家族は寝ているのに私だけ……」と思うと、「や~めた!」ということに。

これまで、家計簿が三日坊主で終わってしまった人の多くは、こんな経験をしているのではないでしょうか?

つまり「買い物をするたび」に家計簿をつけようとするから、面倒くさくなるのです!その点、ゆきこさんの家計簿のつけ方は、もっと簡単に「週1回」だけ!

買い物した日は、「財布からレシートを出す」「それを専用メッシュケースに入れる」だけで終了!家計簿をつけるのは、週末の土日、どちらか1日だけと決めています。

夫と子どもが遊んでいるときや、子どものお昼寝タイムなど、ちょっとした「すき間時間」に、レシートを見ながらつければOK!とてもラクなのです。

【貯金ゼロ→1000万円の家計簿コツ2】記入するのは「店名と金額」だけ

家計簿に記入するのは、「買い物をした店」や「お金を使った場所(レジャー施設など)」、そして「金額」だけ。

たとえば、「スーパー 4000円」と書けば、食費を4000円使ったことがわかるので、買ったものを細かく書く必要はありません。どこのスーパーで買い物したかも関係なし。レシートの金額を転記するだけでいいのです。

これなら1週間分をまとめてつけても、「たった3分」で終了します。すき間の時間につけるだけなので、最小限の手間でパパッと完了します。

「店名と金額だけ」と決めれば、続けるのがラクちんです。

写真:尾島翔太

【貯金ゼロ→1000万円の家計簿コツ3】電卓を使うのは「月1回」だけ

ふだん家計簿ををつけるコツは、「週1回だけ」「店名と金額のみ記入する」のたった2つですが、月1回、給料日後に家計を〆ます。

「スーパーでの出費は、食費」「外食先での出費は、特別費」など、それぞれの出費を費目ごとに分けて、合計額を算出します。家計簿をつけていて電卓を使うのは、「1カ月間で1回」だけ。

たったこれだけのことですが、1カ月の収支をしっかり把握できるようになり、家計が管理できるようになりました。

以前は1万円札を崩すと、いつの間にかなくなっていたけれど、今は「何に、いくら使ったか」が見えるため、家計が自然と乱れがなくなりました。

【貯金ゼロ→1000万円の家計簿コツ4】費目分けは「自分に合ったもの」だけ

家計簿のつけ方で、多くの人が悩むポイントが「費目分け」。食費や日用品費など「日々出て行くお金=変動費」を、どのように費目分けするかがいちばん迷うのではないでしょうか?

じつは、ゆきこさんが設定した費目は、たった5つ!「食費」「日用品費」「特別費」「ガソリン代」「医療費」だけなのです。

費目を最小限にシンプル化した理由は、家計管理をラクにするため。

「今はこの5つですが、子どもが成長して教育費がかかるようになったら、子ども費を独立させることも考えています。でも費目が多くなると、家計簿が面倒になるので、そのときは食費と日用品費を1つにまとめるかも」。

臨機応変に考えるのが、挫折しないコツ!市販の家計簿によくある、「細かい費目」にこだわらず、「自分がつけやすい費目に絞る」のが、「貯まる家計簿」のコツなのです。

【貯金ゼロ→1000万円の家計簿コツ5】おすすめは、無印良品「マンスリーノート」

ゆきこさんも、最初は市販の家計簿を使っていました。ただ費目分けが細かくて、時間もかかり、ストレスに感じて続きませんでした。

そこで、家計簿として使い始めたのが、無印良品の「マンスリーノート」。

これは市販のカレンダーとは違い、自分で日付を記入するため、「給料日をスタートにして、1カ月分を見開きで見る」ことができます。

お金を使った日は、マス目に店名と金額を記入するので、使った日と使わなかった日が一目瞭然。使っている日が続いていると、出費を減らすことを自然と意識するようになります。自然と節約マインドが高まるのも、この家計簿のメリットです。

写真:尾島翔太

【貯金ゼロ→1000万円の家計簿】まとめ

「家計簿どころか、お小遣い帳もつけたことがなかった…」という元浪費家、ズボラな主婦ゆきこさんが、初めて挫折知らずで続けることができた「貯まる家計簿」のコツ、いかがでしたか? 

「赤字家計を脱却したい」「夢の1000万円貯めたい」「これなら私でも…」と思ったら、たった5つをマネするだけ!この機会を逃さずに、ぜひトライしてみてください。

「貯金ゼロから1000万円貯まる秘密」は本をチェック!

今回紹介した家計簿のコツのほか、子ども2人をかかえた共働き夫婦の「手間と時間をかけられない、貯める秘訣」は、ぜひ本を読んでみてください。

使いたい放題だったゆきこさんが「最初の3カ月でやったこと」、「家計管理のキモ『貯まる通帳』の作り方」、「食費月7万円→2万円台に無理なく減らした節約ワザ」、「『一買一捨』で貯まる暮らしの整え方」、「ポイ活やiDeCo、つみたてNISA、賢いお得の積み重ね方」など、読むだけで貯まるテクが満載です!

【書籍情報】
『ズボラでも1000万円貯めた! 貯金0円からのゆきこの貯まる生活』
著者:ゆきこ
出版社:エクスナレッジ
発売日:2019年12月23日
価格:1,540円(税込)

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事