ホムセンじゃなく絶対「セリア」!?画期的「キッチン収納ボトル」のメリット・デメリット

  • 2020年01月19日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

キッチンの収納グッズはできるだけ同一ブランドで統一したいですね。
収納の代表格と言えばニトリや無印良品ですが、カインズホームも近くにあると検討する視野が広がります。

そんな収納グッズを買い揃える前に、まずは100円ショップも”一応”チェックしておきたい!

ここでは、ホームセンターにもありそうでなさそうな、セリア「連結ストックボトル」をご紹介します。

合わせて読みたい!保存版セリアパトロール

【保存版】セリアおすすめ!話題になったアノ商品

連結ストックボトルL・M・S 各100円(税別)

▲連結ストックボトルL・M・S

連結できるストックボトルです。

持ち手部分をスライドさせると、持ち手が外れて、他のサイズか同じサイズと連結が可能です。
連結は無限に可能ですが、収納スペースやバランスが悪くなって倒れる危険もあるので、使用用途に沿って使いましょう。

※容器・フタ・持ち手:耐熱温度90度、耐冷温度マイナス20度
※パッキン:耐熱温度60度、耐冷温度マイナス20度
※電子レンジ、食器洗浄機、乾燥機、冷凍庫での使用はできません。

連結ストックボトルL

▲容量約470ml

積み上げ(連結)はS・Mサイズいずれかと2段まで!
転倒する場合があります。

連結ストックボトルM

▲容量約220ml

積み上げ(連結)は2段まで!

連結ストックボトルS

▲容量約140ml

積み上げ(連結)は3段まで!

連結レイアウト

▲SサイズとMサイズの連結、Lサイズ連結なし

▲LサイズとSサイズとMサイズの連結(転倒する場合があります)

連結するとスリムだがフタの保管が困る

連結はなんか便利そう!と発見した時はテンションあがりました。
いざ、連結すると、連結された方のフタが残り、なくさないように保管が必要です。

連結した一番上のボトルは持ち手があるので、開閉はラクです。
ただ、連結された方は持ち手を外しているので、上段のボトルを上手に使って下段または中段を開閉するしかありません。
持ち手を外したままの開閉はかなり力が必要で、開けにくいです。

カインズにも連結式がありますが、デザイン性はセリアがよさそうに感じます。
ただ、利用頻度が低ければ困らないかもですが、開閉する頻度が高ければカインズの「片手で開け閉めができる保存容器」が便利かなぁ~と思ったり。

この機会に、食器棚を全部見直して自分にピッタリの保存容器を探す旅に出掛けてみてはいかがでしょうか(笑)。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事