【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

新伝説?セリア「みそストッカー」は万能すぎて味噌が入らない!劇的片付く"冷蔵庫収納"グッズ

  • 2020年02月01日公開

こんにちは。横浜の整理収納アドバイザーでヨムーノライターの長島ゆかです。

今年は暖冬と言われていますが、まだまだ寒い日もありますね。
実は、冷蔵庫の整理・掃除は冬の間にやるといいのはご存知ですか?
取り出した食材が傷みづらいので、夏よりも冬の方が適しているのです。

ということで、今回はわが家の冷蔵庫をご紹介しつつ、場所別の収納のコツとおすすめ収納アイテムをご紹介しようと思います。

1段目 ドリンクのストックゾーン

冷蔵庫の上から1段目は、背の低い私には、つま先立ちでギリギリ手前のものに届くレベル。
奥にモノを入れようものなら、絶対に死蔵化します。

そこで、わが家では背の高いドリンクのストックを寝かせて収納しています。
ドリンクのストックなら、手前さえ届けば引き抜けます!

その時におすすめのアイテムが、無印良品のコチラの商品です。

無印良品 スチロール仕切りスタンド・ホワイトグレー
3仕切・大・約270×210×160mm
※半透明のものは以前販売されていて今は廃番品です。
現在は、右側のホワイトグレーのみ販売されています。

この仕切りスタンド、牛乳パックやワインボトルなどにシンデレラフィット!
そのまま上に積み重ねてしまうと、ゴロゴロ転がったり倒れたりしてしまうので、この仕切りスタンドが大活躍です。

ワインボトルは、シャンパンやブルゴーニュなどの太いものは入りませんが、ボルドーなどの細いタイプのものなら入ります。
太いものがある場合は、仕切りスタンドを壁から離して設置し、壁との間に置くと良いでしょう。

2段目&3段目 定番品ゾーン(背の低いもの)

2段目と3段目は棚板と棚板のあいだに入れられる、背の低い定番品を入れています。
お味噌やバターなどの調味料や、梅干し・ジャムなどの保存食、納豆・豆腐・練り物・ヨーグルトなど、定番品の定位置を決めてしまいます。
定番品はなくなったら買い足すのものなので、場所を決めておくと在庫がすぐにわかるからです。

ここの収納には、奥にあるモノも取りやすいセリアのキレイストッカーがオススメです。

浅めのケースなので、モノによっては引き出さなくても手前のものを取れたりもします。
半透明で中身がほどよく見えるけど、そんなに生活感溢れず、キレイにまとまるので不思議です。

お味噌、パン粉、バターなどフタが欲しいものの収納にはセリアのみそストッカーも便利です。

サイズが大と小があり、みそ以外にもいろいろなモノの収納に便利です。
取手&フタがついているので、調理中にすぐ出したいモノにGood!

でも実は、わが家の味噌が入っているのは、富士ホーローの味噌ポット。
セリアのみそストッカーが発売する前に買ってしまったので使っていますが、セリアのみそストッカーでも十分でした。(汗)
セリアのみそストッカー(大)はお味噌の奥のパン粉に使用しています。

4段目 フリーゾーン&今ハマっているモノゾーン

4段目は小さなお鍋が入るフリースペースを空けておきます。

つくりおき、残り物、もらい物、買い出し後に一時的に増えたときに、空きスペースがあると便利です。
というか、空きスペースが無いと、いろんなすき間につっこんでしまい、あとで大変なことになります……。(汗)

また、「今、コレにハマってるんだよね~」といった、マイブーム品もここへ。
わが家では今、主人がなぜかチョコ棒にはまって、30本入りを買ってきています。
トマトジュースの横のネームバスケットにごっそり入っています。
(チョコは冷やす派。笑)

チューブ系調味料は、ホルダーを使ってドアポケットに入れている方も多いと思いますが、わが家では ダブルクリップをつけて、庫内に粘着フックで吊るしています。
使う時もダブルクリップをつけたまま、使っています。

ドアポケット よく出し入れするモノ

冷蔵庫のドアポケットはとても取りやすい場所ですが、開け閉めの際の温度変化が激しいところです。
ですので、よく使うモノや今飲んでいる飲み物などを入れるといいでしょう。

わが家では、一番上にアルコール飲料(誤飲を防ぐためにも、子どもの手の届かないところへ)、
2段目にはよく使う調味料やドレッシング、ドリンクホルダーには今飲んでいるドリンクを入れています。

ちなみに、ドアポケットで倒れてしまうモノがある時は、この商品が便利!

セリアの「ドアポケット用仕切り」です。
あまり多用すると収納力が下がりますが、1~2個なら幅の調節が自由にできるアイテムなので便利です。

私は、カレールーが倒れてくるので、押さえとして使っています。

収納グッズは、「モノを活かせるか」がたいせつ

最近は冷蔵庫の中まで写真映えを狙った『美収納』にもよく出会います。
しかし、収納グッズの本来の役目は、モノを使いやすく収納するため。
つまり、『中のモノを活かせるかどうか』が大切なのです。

ぐちゃぐちゃで奥に何が入っているかわからない、定位置が決まっていないという方はもちろん、
美しさを優先したばかりに、使いづらくなっているという方も、ぜひ冬のうちに、もう一度冷蔵庫の見直しをしてみてくださいね!

ではでは!

長島ゆか
横浜の整理収納アドバイザー

3度の飯より整理収納・お片付け・書類整理が好き。収納オタクでもあります。 家事を愉しみながら、シンプルな暮らしを目指し、邁進中。

長島ゆか の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事