業務スーパー「焼き鳥」はコスパも味も超・超優秀!食べて試したBEST3

  • 2020年02月01日公開

こんにちは、ヨムーノライターの相場一花です。

業務スーパーには、安くて魅力的な食品がいっぱい。業務スーパーオリジナル食品や輸入食品など通常のスーパーでは見かけることのない食品もありますので、目移りしてしまいますよね。

今回は、業務スーパーの冷凍焼き鳥「ぼんじり串」「鶏つくね串(タレ無し)」「ジャンボ鶏もも肉」の3種類を紹介します。3種類とも1kg以上の大容量タイプですので、常備品としてもぴったりですよ!

業務スーパーの冷凍焼き鳥はコスパが良い

業務スーパーの冷凍焼き鳥最大の魅力と言っていいのがコスパの良さです!

  • ぼんじり串…1本あたり約50円
  • 鶏つくね串(タレ無し)…1本あたり約50円
  • ジャンボ鶏もも肉…1本あたり約23円

1本あたり50円なのも安いですが、ジャンボ鶏もも肉にいたっては驚異の1本約23円です!

4本食べても100円以下。業務スーパーの冷凍焼き鳥はコスパが良いので、本気で助かります。

ごはんが進む美味しさ!コスパ良すぎ「ぼんじり串」

  • 業務スーパー「ぼんじり串」1,500円(税別)

業務スーパーの冷凍焼き鳥「ぼんじり串」。50本入っていて1,500円(税別)です。
希少価値の高いぼんじり(=鶏のお尻の部分)にも関わらず、この安さは凄いとしか言いようがありません。

中身を確認してみると、やや小振りな気がしましたが、標準的な焼き鳥にみえます。ぼんじり串はどさどさと適当に入れられていますが、余計なコストをカットしているのかもしれませんね。

梱包が厳重ではないので、必要な分だけ取り出せるのがいいですね。

なお、箱がかなり大きいので冷凍庫の場所を取ってしまいます。冷凍庫をすっきりとさせたい人は、ファスナーつき保存袋に冷凍焼き鳥を入れて保管すると良いですよ。

業務スーパー「ぼんじり串」の栄養成分(1本あたり)

栄養成分 1本あたり
カロリー 94kcal
たんぱく質 2.4g
脂質 8.9g
炭水化物 1.1g
食塩 0.1g

脂質やカロリーがやや高めです。とはいえ、数本食べる程度であれば許容範囲でしょう。

調理方法は?

  • 電子レンジ(500W)…1本あたり1分
  • フライパンで焼く

冷凍焼き鳥には加熱調理がされているため、冷凍焼き鳥を耐熱皿にのせラップをかけて電子レンジで温めるか、フライパンで焼くだけで構いません。

しかし、電子レンジで調理すると、表面のカリカリ感は出せません。時間があれば、フライパン調理がおすすめです!

魚焼きグリルでもおいしく焼けるよ

業務スーパー「ぼんじり串」のパッケージには書かれていませんでしたが、魚焼きグリルでもぼんじり串を美味しく焼けます。時々様子を見てひっくり返しながら15~20分程焼くと良い感じにできあがります。

焼き鳥のたれの作り方・材料

業務スーパー「ぼんじり串」は、味付けがされていない状態です。塩やレモンなど振りかけて食べるのもいいですが、焼き鳥のたれを付けるとよりおいしくいただけます。

焼き鳥のたれは簡単に作れますよ。

【材料】

しょうゆ…大さじ5
砂糖…大さじ3
みりん…大さじ2
酒…大さじ1

上記をすべてかき混ぜて、鍋に入れて煮詰めるだけ。ぼんじり串が柔らかくなってきたら、たれを絡め、中に火が通るまでじっくりと温めましょう。

業務スーパー「ぼんじり串」の味は?

魚焼きグリルで20分程焼くと、表面がこんがりとしました。魚焼きグリルで焼き鳥を焼きましたので、串の部分が真っ黒に……。

真っ黒の串が気になる人は、焼き鳥の串の部分をアルミホイルで保護して、様子を見ながら焼くとよいでしょう。

程よい脂っこさと歯ごたえがたまりません。焦げてしまった皮の部分も非常に美味しくて、ごはんがすすみました。

鶏肉の身は小振り。小さな子どもがいる我が家では、食べやすかったので助かりました!
我が家は夕飯のおかずとしてぼんじり串を食べましたが、晩酌のおつまみにも合いそうです。

ぼんじり串をお供に晩酌するのも贅沢です。
美味しくてコスパ良し!と一石二鳥ですね。

柔らかくて最高!業務スーパー「鶏つくね串」

  • 業務スーパー「鶏つくね串(タレ無し)」980円(税抜)

業務スーパーの冷凍焼き鳥「鶏つくね串(タレ無し)」は、なんと、どどーんと50本/1.1kg入っていて、980円と破格のお値段です。

上で紹介した「ぼんじり串」と同様に、味付けはされていない状態です。ただし、お肉にはおろししょうがやおろしにんにく、食塩が練りこまれています。そのまま食べられる人もいるかも。

業務スーパー「鶏つくね串」の栄養成分(100gあたり)

栄養成分 100gあたり
カロリー 193kcal
たんぱく質 15g
脂質 11.7g
炭水化物 4.4g
食塩 0.8g

パッケージには100gあたりの栄養成分が記載されていました。業務スーパー「鶏つくね串(タレ無し)」の内容量は、1.1kgで50本入り。

つまり、1本あたりに換算すると、カロリー自体は約42kcal。結構ヘルシーな部類に入るのではないでしょうか。

調理方法は?

  • 電子レンジ
  • フライパン
  • グリル/オーブンなど

「ぼんじり串」と同様に、調理方法はわりと選択肢があります。スピード勝負であれば、電子レンジで温めるのがおすすめですが、表面がべちょっとなってしまい、美味しさが半減してしまいます。

美味しさ重視で考えるのであれば、フライパンやグリル、オーブンなどでじっくりと焼きましょう!

業務スーパー「鶏つくね串(タレ無し)」の味は?

自作のたれをつけずに、そのまま焼いてみました。試しにそのまま食べてみましたが、おろししょうがやおろしにんにく、食塩がお肉の中に練りこまれているためか、特に味付けしなくても充分です。

つくねは柔らかくて、お箸でも簡単に切れる程。ごはんとの相性がいいですね。串を取って、つくねをご飯の上にのせて丼ぶりにしたい位です。

家族は「そのままでいける」と言わんばかりに、何もつけずに完食……。
もし、自分で味をつけるとしたら甘めのタレが合いそうだと思いました。

1本23円!パリッと焼くと美味しい「ジャンボ鶏もも肉」

  • 業務スーパー「ジャンボ鶏もも肉」980円(税抜)

スタンダードな焼き鳥が入っている業務スーパーの「ジャンボ鶏もも肉」。
内容量は1kgで鶏もも肉が20本入っています。

相変わらず適当な感じで入れられているのはご愛敬ですね。

好きなだけ取り出しやすいですし、バーベキューやキャンプなどでどんどん焼いていく場面では、かえって使いやすいかもしれません。

業務スーパー「ジャンボ鶏もも肉」の栄養成分(1本あたり)

西洋成分 1本あたり
カロリー 56kcal
たんぱく質 7.3g
脂質 1.5g
炭水化物 2.6g
食塩 0.4g

ジャンボ鶏もも肉は全体的にカロリーや脂質が高くないのが嬉しいポイントですね。

普段の食事にはもちろんのこと晩酌時のおつまみにも、ヘルシーで使い勝手が良いのでは?串を取ってしまえば、お弁当おかずとしても!

調理方法は?

  • 電子レンジ(500W)…1本あたり1分半

ジャンボ鶏もも肉の外箱を見てみると、電子レンジであたためてね、としか書かれていませんでした。

なお、ジャンボ鶏もも肉は、他の業務スーパー冷凍焼き鳥と同じく、お好みのたれをつけて食べるスタイルです。

ただし、原材料を見る限り、ジャンボ鶏もも肉はしょうゆ・みりん・砂糖・しょうが汁で薄めの下味がついている模様。

業務スーパー「ジャンボ鶏もも肉」の味は?

外箱に書かれていた様に電子レンジで温めてみました。何も付けずにあたためましたので、全体的に白っぽい焼き鳥に……。

鶏肉自体は多めに付いていますが、一つ一つの焼き鳥の身は小振りでした。

身が柔らかくて食べやすいですが、何か物足りません。焼き鳥というよりは、蒸した鶏肉を食べているみたい。

そこで、外箱には書かれていませんが、魚焼きグリルでじっくりと焼いてみました。

たれはつけていませんので、薄めの色合いですが、焼き鳥っぽい見た目にはなってきました。

表面がパリッと焼けて脂がのっています。「これぞ焼き鳥!」ですね。

まずは、味付けなしの状態で食べてみましたが、薄味でありながらしょうゆ系の味がほのかにします。薄味を好む人であれば、味付けしなくても良さそう。

ただし、焼き鳥を焼いている途中でしょうゆ、しょうが系のたれを付けると旨味が増すのでおすすめです。

業務スーパーの焼き鳥はコスパも味も超優秀!

業務スーパーの冷凍焼き鳥は、いずれもコスパや味に優れています。
今回紹介した業務スーパーの「ぼんじり串」「鶏つくね串(タレ無し)」「ジャンボ鶏もも肉」は、後々味付けをする手間が出てきますが、アレンジ次第では様々な味わいを楽しめます。

ストックしておけば、日々のおかずや弁当おかず、おつまみなどに大活躍間違いなしですよ!

【業務スーパーまとめ】ヨムーノライターが買い続ける食品とは?

冷凍食品・チルド・お菓子まで厳選まとめはこちら

相場一花
ライター

夫・1男1女の4人家族。食べる事が大好きなグルメライターです。 シャトレーゼ&業務スーパー歴は10年以上!常においしいものを探し求めています。 また、家族で地元近辺のレジャー施設巡りをするのが趣味。地元・わが街プロジェクトのライターとしても活動中。

相場一花 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事