読者のみなさまへ。いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました

無印良品に神フィットは「ごめん!ダイソーでした」悩める文房具収納の"最終形態"ついに発見!

  • 2020年02月13日公開

こんにちは。シンプルナチュラルな家を目指すヨムーノライター、JUUです。

ついつい買いすぎたり、溜まってしまいがちな細かい文具。
例えば、種類豊富なフックやクリップなどセット売りされているものなど、余ってしまいませんか?

私は、家にあることを忘れて同じものを買ってしまったり、どこに入れたっけ?と分からなくなってしまうことが多々ありました。
そこで、収納場所を明確にすることで、解決しました。

無印の引き出しケースに”シンデレラフィット”を見つけた!

無印の「ポリプロピレンケース・引出式」に、ダイソーの「積み重ねケース」がぴったり!
横に3個・縦に3個入りましたが、今回は1列はダイソーの粘土ケースを入れました。

種類豊富なフックは、積み重ねケースに引っ掛けて管理。
細かい文具以外にも、どこに置いたっけ?となる紐やマグネットも、ここに収納することにしました。

一度決めてしまえば、物の帰る場所ができるので、紛失したり忘れたりすることがなくなります♪

押しピンやクリップは種類別に

押しピンやクリップの収納には、セリアのカードケースがおすすめです。

薄型ですが、十分収まります!
ケースが薄いため、種類ごとに分けてもかさばらないのが嬉しいポイント♪

大きなクリップはセリアの「フタ付きCUBEケース」を使っています。

まとめ

子どもが触ると危険なものが入っているので、普段開けることのない場所に収納しています。

細かく分類することで、スッキリ使いやすい収納を確立することができました。
文具の収納に困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

夫・長女(8歳)・次女(6歳)・三女(1歳)と5人暮らし。家族みんながホッとできる、シンプルナチュラルな家を目指して奮闘中です!

JUU の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事