業スーマニアが革命的「超ラク食材」発見!1切80円"包丁不要&焼くだけ"絶品グルメ2選

  • 2020年02月07日公開

こんにちは。一番近いスーパーが業務スーパーという好立地に住んでいる、ヨムーノライターのバロンママです。

最近は、雨の日以外はとても混雑している業務スーパー。美味しいもの、お得なものがたくさんです!

たくさんある商品の中から、今日は体に良くて、おかずにも、お弁当にも、おつまみにもピッタリな食材を2品ご紹介させてくださいね。

ヨムーノライターが熱推し!業務スーパーまとめ

冷凍食品・チルド・お菓子まで厳選まとめはこちら

揚げ焼きで大丈夫!「サーモン手羽先唐揚げ」

初めにご紹介するのはこちら。

「サーモン手羽先唐揚げ」 400g入
248円 (税別)

アトランティックサーモンを使用しています。そして、

腹ヒレ肉を使っています。

割と大きめですが、骨も大きいので食べられる部分は少なめです。

たっぷりの油でしっかりと揚げる必要はなく、写真のような少なめの油を引いて、ころころとまわし、いわゆる「揚げ焼き」で全面がこんがりとしたら出来上がりです。

原材料を見ると、 パプリカ、クミン、コリアンダー、オレガノ、シナモンなどが使ってあります。
スパイシーな味付けと想像していたのですが、いただいてみると、わりとあっさりとしていて、「もうひと味欲しい!」というのが私個人の感想です。

たれをつけると味がグレードアップ!

このままではおかずとも、おつまみとも言えないお味なので、ポン酢と唐辛子ベースのたれをつけてみたところ……。

抜群に美味しくなりました!

ポン酢をつけるとあっさりとして食べやすく、唐辛子ベースのたれをつけると、ご飯もビールもついつい進んでしまう美味しさの1品にグレードアップ!しました♪

大きな骨の周りに身がついているのですが、するっととれて食べやすいです。

大人は問題なく食べられると思いますが、小さなお子さんがいただく際には気を付けて見てあげてくださいね。

揚げ焼きだけで簡単に1品できてしまうのは、本当にありがたいですね!

お弁当に入れると豪華!美味しい!

揚げ焼きして、ポン酢をつけてから高校生長男のお弁当に入れてみました。
「美味しかった!」と、好評でしたよ。

カロリーを気にしない方には、マヨネーズ、醤油、一味を組み合わせたたれにつけても美味しくいただけると思います!

サイズ感が丁度良い!朝食にピッタリの「魚の粕漬」

次にご紹介するのも魚です!

「赤魚の粕漬」 4切れ入り
321円(税込) 1切れあたり80円!

原産国はスペイン、加工は宮城県となっています。

粕漬けはとても美味しくてご飯が進む1品! スーパーなどで見かける粕漬よりもかなり小さく、毎日の朝食やお弁当にピッタリだと思います。

  

「平日の朝食はなかなかゆっくりとる時間がないけれど、お魚を出したい!」という時にも、一人一切れ食べきりサイズが丁度良いです♪

家にあるものと一緒に盛り付けてみました。
ママ友を招いた際の「ヘルシーワンプレートランチ」としても喜ばれそうです!

粕漬け独特の香りがして、とても美味しいですよ。

その独特の香りをご飯に簡単にしみ込ませることができる、炊き込みご飯を作ってみました!

焼いて入れるだけ!簡単にできる大人な炊き込みご飯

【材料】

お米……2合
しめじ……2分の1株
醤油……大さじ1
酒……大さじ2分の1
塩…… 2つまみ
顆粒だし……小さじ2ほど
業務スーパーの粕漬……3切れ

【作り方】

① お米を研ぎ、調味料をすべて入れ、水を2合のメモリまで入れる。

② 石づきを取ってほぐしたしめじ、焼いた粕漬を入れてスイッチオン。

 

③ 炊きあがったら粕漬を取り出して骨を丁寧に取り、ほぐして炊きあがったご飯に戻して混ぜる。

*顆粒だしはお使いのものによって、分量が違ってくると思います。
塩分が入っているものや入っていないものなど、種類がたくさんあります。
お使いの顆粒だしの表示に合わせ、お米2合分の水量約400ml弱(酒や醤油の分が水分に入りますので、その分を減らします)に合わせていただけると良いと思います。

ほんのり酒粕が香る、大人な炊き込みご飯の出来上がりです。
ねぎを散らすと見た目も味も良くなり、家族からも好評でしたよ!

体に良い魚類は積極的に摂っていきたいですね。

アメバオフィシャルブロガー。

ポーランド食器「セラミカ アルティスティッチナ」の器に合わせた料理撮影、
レシピ考案などのお仕事をしています。
コストコ歴15年目に突入!業務スーパー歴10年以上。

趣味はパン作り、料理、おいしいもの探しなど。

コストコ、業務スーパー、カインズのおすすめ!を紹介していきます。

バロンママ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事