【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

金運がダダ下がる!「貯まらないNG手相VSいい手相」17連発!金運アップ3大テクも解説

  • 2020年02月08日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。
延べ3万人以上の手相を見てきた手相占い芸人・島田秀平さん。「こわいほど当たる」と言われる島田秀平さんは、大物芸能人からスポーツ選手、宝くじ高額当選者、セレブ社長まで、あらゆる「お金持ちの手相」も鑑定しています。

今回、島田秀平さんに、今すぐチェックできる「お金が寄ってくる、金運の“いい手相”」と、「お金が逃げていく、金運の“悪い手相”」を教えてもらいました!

「金運アップの兆し」は、まず手相から! 今後お金が貯まるかどうかをしっかりチェックしてください。

【手相の見方を解説】今の状態をあらわす「左手」を見る

手相は、右手が「生まれ持った性質」、左手が「今、現在の自分」をあらわしています。今の状態を知るには、必ず「左手」を見ることが基本です。

「左手が右手よりもいい手相なら、『自分のもつ運や能力が、本来以上に発揮できている状態」、右手が左手よりもいい手相なら、『本来もっているチャンスをいかしきれていない状態」なので、まだまだ伸びしろがある、ということです」。

【金運アップ手相1】管理能力やお金を生む才能がわかる「金運線」

金運といえばまずは「金運線」。
薬指の下からすーっと下に伸びている線が金運線で、この線が「濃くて長いほど、金運がいい」といえます!

島田秀平さんいわく、「通算・20億円の宝くじ」を当てた「宝くじ長者」の人は、この金運線が手首のほうまでくっきり入っているのだそうです。

もしこの線が目立ってきたら、間違いなく“金運アップの兆し”。
「金運線はとくに変化が出やすい線です。金運線が薄いなと感じたら、お金の使い方や管理方法、仕事を見直すことで、金運がアップ。『自分とお金のつき合い方』のバロメーターと考えることで、金運がいい方向に向かいます」。

「金運線の長さ」でわかる金運力

  • 「金運線が、感情線で止まる」

堅実にコツコツ貯蓄することで、金運が上がるタイプ。

  • 「金運線がない、またはとても短い」
    お金に対する執着心がない、夢追い人タイプ。金運はやや低め。

  • 「金運線が、頭脳線まで伸びている」
    大きく稼いで、大きく増やしていくタイプ。「一攫千金」を狙える金運の持ち主。

金運線①趣味が仕事につながる「ビューティー線」

薬指の下からすっと伸びた金運線が、小指側に曲がっていたら、それは“ビューティー線”。美的センスだけでなく、「自分の趣味や特技が、仕事=お金につながる」という相です。島田秀平さんも、「じつは、手相、都市伝説、怪談など、好きなことで仕事をいただいてきた僕にも、ビューティー線があるのです」とのこと。

「ハンドメイドが好きなら作品を販売したり、書くことが好きならライターにチャレンジしてみたり、整理や収納術に興味があれば資格をとったりなど、この線がある人は、「好きなこと」に力を入れるほど、金運があがっていきます」。

金運線②努力がお金につながる「前途有望線」

金運線の上下が「Yの字」に枝分かれしていたら、“前途有望線”です。
「下側が枝分かれしていたら『金運の根』といって、今まで努力してきたことが根を張り、金運が定着していくというサイン。
また上側が枝分かれしていたら、『金運の花』といって、今までコツコツ頑張ってきたことが大きな収入につながる、収穫期が訪れるというサインです」。

「どちらも『お金を生む準備が整う』というサイン。今までの努力が根づいて、花が開き、金運が上がっていきます。この相が出たら、さらに新しい収入源が生まれるかもしれません」。

金運線③親の影響で成功する「遺産線」

金運線がグーッと親指の方向にカーブしていたら、“遺産線”。
これは不動産や株式など文字通りの金銭的遺産だけではなく、二代目社長や二世タレントのように、親が築いてきた功績を土台に成功していく相です。

「この相がある人は、バリバリ働かなくても、なぜかお金に困らないという傾向があります。恵まれた環境や周りの人に感謝の気持ちを忘れないことが、いい金運をキープし続けるコツです」。

金運線④稼いでもお金が貯まらない「浪費家線」

「薄くて短い金運線が、何本もある」という人は要注意。“浪費家線”といいます。
稼ぐ力はあっても、お金を貯めることが大の苦手。あればあるだけ使ってしまう「宵越しの金は持たない、江戸っ子」気質です。

「お金を気持ちよく使うので、意外と人気者ですが(笑)、金運線が薄い人以上に貯まらないのがこの相。お金の使い方を今すぐ見直したほうがいい人です。お金を使うときに、ひと呼吸おくだけでも、ムダ使いがぐんと減り、金運を上げることができます」

金運線⑤予想外の出費に見舞われる「トラブル線」

金運線の途中に、「島」と呼ばれる楕円形の○が入っていたら、“トラブル線”です。
お金の貸し借りや詐欺など、金銭トラブルにあいやすい相です。ほかにも、物が急に壊れて、修理や買い替えで大きな出費が出ることも。

「この相が出ている間は、大きな買い物や投資は避けることが賢明。収入と支出のバランスを見直すことで、金運がいい方向に向かいます」。

【金運アップ手相2】仕事の成功がお金につながる「運命線」

中指の下に、すーっと縦に入っているのが“運命線”。
この運命線の伸びかたによって、仕事でどう成功するか、どう世に出ていくかがわかります。自分に合った仕事を選ぶヒントになり、お金を稼ぐ力が上がります。

「運命線の濃さ」でわかる金運力

  • 「運命線が濃い」
    運命線がはっきり濃く出ている人は、みずからバリバリ働くことで成功するタイプ。前線に立って人生を切り開くことで、金運が上がっていきます。

  • 「金運線が薄い」
    自分が前線に立つよりも、一歩下がった参謀役に向いているタイプ。「ナンバー2」を目指すことで成功し、金運がアップ!

  • 「運命線がない」
    運命線が出ていない人は、「心からサポートしたい、この人のために働きたい!」と思える人と出会えるかが重要。人との出会いが、金運アップや成功のカギを握っています。

「運命線の方向」でわかる金運力

「運命線はあるけれど、形がちょっと…」という人は、どちらの方向に向いているかを見れば、金運力がわかります。

  • 「運命線が、まっすぐ伸びている」
    運命線が濃くて長く、まっすぐ伸びているなら、成功や金運を約束された相。

  • 「運命線が“内側(親指側)”に傾いている」
    家族の協力や自分の力で、世に出ていくタイプ。家族と過ごす時間や、一人でじっくり考えごとをする時間を増やすことで、金運が上がっていきます。

  • 「運命線が“外側(小指側)”に傾いている」
    家族以外の幅広い交友関係で、世に出ていくタイプ。誘われたらとりあえず乗ってみるなど、出会いの機会を積極的に増やしていくと金運アップにつながります。

運命線①ステップアップで金運アップ「ヘッドハンティング線」

切れ切れの線で、手のひらの下のほうから左上(人差し指のほう)に向かって上がっていたら“ヘッドハンティング線”。

一社で勤め上げるより、「転職」や「ヘッドハンティング」など、ステップアップとともに金運が上がっていく相です。

運命線②忍耐が足りずに金運ダウン「長続きしま線」

切れ切れの線で、手のひらの下のほうから右上(薬指のほう)に向かって上がっていたら“長続きしない線”。

短いスパンで転職を繰り返し、スキルやお給料もなかなか上がらない相。金運を上げるには「辞めたいな」と思っても、「あと少しだけがんばってみよう」という姿勢が大切です。

運命線③起業で成功を収める「実業家線」

運命線が上向きに枝分かれして、「木」のようになっていたら“実業家線”。

組織に属するより、自分で事業を起こしたほうが、成功しやすいという相です。 その際は、一つのことより、複合的にいろんな事業にチャレンジするほうが金運アップを狙えます。

運命線④最強のバイタリティで開運「二重運命線」

もしも運命線が2本あったら、それは“二重運命線”。
人一倍バイタリティにあふれている、という相です。

人の2倍の人生を経験する、2倍の収入を得る、2つの場所で活躍するなど、かなり色濃い人生を送る可能性が。金運はもちろん、すべてに関して強運の持ち主で、努力が何倍にもなって返ってくる相です。

【金運アップ手相3】お金を蓄えて増やす「財運線」

小指の下から内側に、スーッと斜めに入っている線が“財運線”。
お金を生み出す金運線と違って、財運線は「貯めて増やす力」を表します。
この線がくっきり入っている人は、「一財を成す相が出ている」ということ。

「貯蓄だけでなく、投資にも向いた相です。お祝いごとなど、たまに奮発して誰かにプレゼントをすると、財運がさらにアップします」。ちなみに財運線がある人は、金銭的な財だけでなく、人財や健康運にも恵まれているといいます。

「財運線が濃い人は、家計管理にも向いています。夫婦の手相を見比べて、この線がはっきり出ているほうが、財布のひもを握るほうが、お金が貯まり、金運にも恵まれます」。

【金運アップ手相4】最強!億万長者の手相「覇王線」

金運線、財運線、運命線が濃く、しっかりと伸びていて、なおかつ手のひらの下の方で合流していたら、それは億万長者の手相=“覇王線”です。

「お金を生むことも、増やすこともできて、人や健康といった財運にも恵まれている。それが運命にリンクしている、億万長者級の大成功が約束されている相です。 実行力だけでなく、直観力にも秀でた相で、最強の金運の持ち主ともいえます。かの有名な実業家・松下幸之助さんもこの相がありました」。

【金運アップ手相5】見逃さないで!注目したい「幸運の兆し」

手相はだいたい3カ月ほどで変化するといわれています。「幸運の兆し」が出たらチャンスが到来しているということ。見逃さず、その分野で努力を重ねることで、金運が上がります。

幸運の兆し①「イケイケ線」

親指のつけ根部分に、縦横格子状の短い線が現れていたら“イケイケ線”。運気上昇のサインです。

「新しいことを始めたり、いろんなことにチャレンジするのに、絶好のタイミング。新たなチャレンジがお金につながる可能性があります。資格の勉強や習い事など自分磨きをしたり、メルカリの利用やポイ活など、やってみたいと思う節約術に力を入れるのもオススメです」。

幸運の兆し②幸せを引き寄せる魚マーク「フィッシュ」

線の先が○+魚の尾っぽのような形で交差している線を“フィッシュ”といい、幸運のチャンスが訪れています!

「例えば、金運線にフィッシュがあらわれたら、宝くじが当たったり、臨時収入などの大金がが入る可能性大。頭脳線にあらわれたら、仕事や勉強でいいアイデアが湧きやすい状態。頭を使うこと自体が、金運アップにつながります」

幸運の兆し③大幸運をつかめる「ソロモンの環」(幸運のリング)

人差し指のつけ根で緩やかな半円カーブを描いていたら、それが“ソロモンの環”。別名“幸運のリング”ともいい、大幸運が訪れるサインです。

「金運だけでなく、すべてがうまくいく手相といわれています。芸人のサンドイッチマンさんがM-1で優勝した直前に、2人ともこの相が現れていました」。

幸運の兆し④「モテ期到来線」

生命線から親指方向に1本伸びる線があったら“モテ期到来線”。
これは恋愛だけでなく、対人運全般に通じるので、職場や地域のコミュニティで、いい仲間や友人に巡り合えるサイン。

「お金は人を介してやってくるものなので、いい人脈から、金運アップのヒントもやってくるでしょう。この線が出たら、積極的に人と会う、日ごろからお世話になっている人に挨拶をするなど、心がけるといいでしょう」。

「金運が悪い手相」の人必見!金運アップ3大ポイント

もしも「金運のいい手相が一つもなかった」という人も、がっかりしなくて大丈夫!手相は日々変わるもので、とくに金運線は変化が激しい線です。
金運を上げるために大切な3つのコツを紹介します。

金運アップのコツ①お金を「大好き」という

お金は、「自分(お金)のことを好きな人のところ」にやってきます。まずはお金やお金持ちの悪口を言うのはやめて、お金を大切に扱う習慣を。お金の話に苦手意識を持たず、「大好き」と伝えましょう。

金運アップのコツ②ゴミ拾いなど、徳を積むこと

ゴミを拾いながら宝くじを買いに行ったら当選した、毎日通る商店街でたばこの吸い殻を10本以上拾うことを日課にしたらブレイクした、という芸人の話もあります。

「地域のゴミを拾うのは、徳を積むのにもオススメ。徳のあるところに、お金は寄ってきます」。

金運アップのコツ③家事や運動、ママ会など、動き回る

金運だけでなく、運は「停滞」させると、どんどん下がっていくもの。運を動かすには「運動」、そして「フットワークの軽さ」が大切です。

「どんなにいい相を持っていても、自分から動かなければ、運を手にすることはできません。もしも金運のわるい手相でも、運を好転させるチャンスと、前向きにとらえてまめに動くと、気づいたら金運がアップしています」

島田秀平さんの「金運アップの記事」を合わせてチェック!

教えてくれたのは、手相占い芸人・島田秀平さん

2002年、仕事で知り合った「原宿の母」に弟子入り。手相の修業を積み、2007年に「代々木の甥」を襲名。特異な才能あふれる芸能人など3万人以上の手相を鑑定し、「エロ線」「ギャンブル線」「不思議ちゃん線」など、ユーモアあふれるわかりやすいネーミングで「島田流手相術」を完成し、話題に。手相占いのほか、怪談・パワースポット・都市伝説にも精通しており、テレビや雑誌などで活躍中。著書に『島田秀平が3万人の手相を見てわかった!「金運」の鍛え方』など

【島田秀平さんの「お怪談巡り」をチェック】

【島田秀平さんの書籍をチェック】
『島田秀平が3万人の手相を見てわかった!「金運」の鍛え方』
著者:島田秀平 出版社:SBクリエイティブ 価格:880円

販売ページを見る(Amazon)

田谷峰子
ライター

主婦向け生活情報媒体をメインに、ときどき旅記事なども執筆。
日々の生活を楽しく豊かにハッピーに送るためのヒントをお届けしていきます。

田谷峰子 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事