感動!セリアで絶対買い!収納力「倍どころじゃない」クローゼット整理の「神グッズ2TOP」

  • 2020年02月10日公開

こんにちは、なるべく家事を減らしたい3児の母、ヨムーノライター岩崎はるかです。

家族が多いと洗濯の量も増えて、ハンガー足りない問題が時々出てきます。とくに乾きが悪い日にはなかなかハンガーが空きません。
そしてもう一つ、ハンガーを効率よく使いたい場所といえばクローゼット。家族全員の服を効率よくハンガー収納するにはコツが必要です。

ここでは、セリアでみつけた「クローゼット用ハンガーキャッチ5連」を使って整理整頓収納を実行してしました。

【ビフォー】クローゼット収納

ごくごく普通のクローゼット収納です。
服を取り出したい時は、左右の服を動かしたりしながら取り出すパターンです。

セリア「クローゼット用ハンガーキャッチ5連」と「ジョイントフック」活用

セリアで見つけた「クローゼット用ハンガーキャッチ5連」と「ジョイントフック」を使って、ハンガーの縦収納にチャレンジしてみることにしました!

クローゼット用ハンガーキャッチ5連

クローゼット用ハンガーキャッチ5連は、ハンガーをつるす部分の両端にフックがついており、まずは両方をポールにひっかけて横がけ、片方を外すことで縦がけに変更できます。

5連となっていますが、穴は9個あるので最大9個のハンガーがかけられます。6枚服をかけて、横から縦にするとこんな感じ。

かなりスペースが空きました!!
また、横がけにも変更ができるので、服をかけたり取り出したりしやすいメリットがあります。

デメリットがあるとすれば、服同士が重なる部分が結構あるため、縦収納とはいえ服1枚以上の幅をとってしまうことでしょうか。

ステンレスハンガージョイントフック

ステンレスハンガージョイントフックは3個入りです。 ハンガーの首の部分にこのフックをかけておくことで、他のハンガーと縦に連結して収納ができるというものです。

先ほどのハンガーキャッチと条件をそろえるため、2セット使って6個のハンガーを連結してかけてみます。

ハンガーキャッチとは違い、服同士が重なる部分が少なく、まっすぐ縦に収納できるので、すっきりとした印象です。

ただ、横がけに変更することができないので、真ん中らへんの服を取り出すのは少し手間がかかります。
また、ハンガーキャッチより服同士の間が広いので、6枚収納すると全体の丈は結構長いです。
3個セットなのは、3枚くらいがちょうどいいということなのかもしれません……。

ジョイントフックは形状によってはうまくはまらない

商品も注意書きがありますが、ハンガーの形状によってはフックがななめに傾いてしまいます。

【アフター】クローゼット用ハンガーキャッチ5連

・最大9枚の服に対応(単価が安い)
・横がけに変更可能(出し入れしやすい)
・縦がけでも少し厚みがある→全体の丈は短めに収まる

【アフター】ステンレスハンガージョイントフック

・最大3枚の服に対応(単価が高い)
・横がけに変更不可(出し入れしにくい)
・ほぼ一着分の厚みで収納できる→全体の丈は長めになる
・ハンガーの形状によって使用不可

なお、今回購入した商品をすべて使ってみると、最初と比べてこんなにスペースが空きました。

両方の商品を使う場合は、前述のようにハンガーキャッチの方が取り出しやすいので、その時期によく着る服をかけて衣替えのタイミングでジョイントフックと切り替えるといいですよ。

衣装ケースの高さにも注意が必要

クローゼットの下には、衣装(収納)ケースが置いてあると思います。 なので、ケースに服がかからないように、枚数や丈を調整する必要があります。

私もクローゼットの下部に下着などを収納している衣装ケース(3段)があるのですが、ハンガーキャッチの方は6枚、ジョイントフックなら5枚、縦収納しても問題ありませんでした。
一番上に長めのワンピースなど、下に行くにつれて丈の短いシャツなどをかけるのがおすすめです。

収納量アップなら地味スゴの「クローゼット用ハンガーキャッチ5連」と「ジョイントフック」。
キレイに横一線に収納できているクローゼット収納が理想ですが、家族の洋服をキレイに収納しようとすると、なかなかそうはいきませんよね。

100円ショップを活用して、クローゼットを見直してみてはいかがでしょうか。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事