お風呂の壁掃除は"床上10cm"がポイント!重曹&クエン酸で「週1掃除」

  • 2021年03月24日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

お風呂は水垢やヌメリ、カビなどは発生しやすい場所。湿度、水分、皮脂や髪の毛などの栄養と、カビが好む条件が揃いやすく、一度カビが発生してしまうとあっという間に広がります。

そこで今回は、お風呂の壁を掃除する方法を紹介します。お風呂の壁掃除のポイントは、床上10cmをしっかり掃除することと、水分を残さないこと。

汚れは上から降ってくるので、お風呂の天井を掃除したあとに、壁を掃除するのが正しい順番です。

監修者紹介

【日本ハウスクリーニング協会】
ハウスクリーニングを通じて地域の福祉に寄与し、認定資格講座およびハウスクリーニングの普及啓蒙活動を行なっています。
NPO法人日本ハウスクリーニング協会

お風呂の壁掃除で使うもの

画像提供:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

  • 重曹スプレー
  • クエン酸スプレー
  • ブラシ
  • ぞうきん
  • (あれば)スクイージー
  • (あれば)エタノールスプレー
  • ゴム手袋

掃除にかかる時間は約20分

これから紹介する、お風呂の壁掃除にかかる時間は約20分です。週末や時間が取れる時に、しっかりお掃除する場合におすすめです。

汚れ具合によって、掃除にかかる時間は前後します。
また洗剤を作成する時間は含んでいません。

【準備編】スプレーを作る

画像提供:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

今回は、重曹やクエン酸を溶かしてスプレーボトルに入れ、お風呂の壁掃除に使います。

皮脂汚れに効く!重曹スプレーの作り方

重曹…小さじ1
水…100ml

スプレーボトルに水と重曹を入れて、よく振って溶かします。

重曹のぬるぬるが残りやすいので、掃除に使ったあとはしっかり洗い流して落としましょう。

水垢に効く!クエン酸スプレーの作り方

クエン酸…小さじ1/2
水…100ml

スプレーボトルに水を入れ、クエン酸を入れてよく溶かします。クエン酸は水によく溶けるので、入れすぎないように注意しましょう。

ちょっとひと手間で効率UP

画像提供:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

重曹ってどれくらいの水に溶かすんだったっけ……。分量を覚えるのって、意外と大変ですよね。

水に溶かしてスプレーを作ったら、スプレーボトルに使用量を貼っておくと忘れません。

【基本】「お風呂の壁掃除」のやり方

(1)お風呂の壁をシャワーで洗い流す

画像提供:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

まずはお風呂の壁をシャワーで洗い流します。

(2)気になるところを集中的にこする

皮脂汚れが気になるところは、重曹スプレーをふきつけます。

集中的にこすり洗いをします。

(3)床から10cmの部分は念入りに掃除する

床から近い場所は、水垢やぬめりが特に溜まりやすい箇所です。

床上10cmは、気を付けてこすり洗いをしましょう。

(4)水垢が気になる場所はクエン酸スプレーで掃除する

クエン酸は、水垢や石鹸カスを落とします。重曹スプレーでも落ちない場合や、水垢が発生しやすい場所にはクエン酸スプレーを使い、こすり洗いします。

(5)水で洗い流す

画像提供:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

水で洗い流します。重曹スプレーを吹き付けた箇所は、ぬるぬるが残りやすいので、しっかりと洗い流しましょう。

(6)水分を取り、乾燥させる

画像提供:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

水滴や洗剤を残さないことがカビ予防につながります。

画像提供:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

そのため水で洗い流したら、一気にスクイージーをかけるか、乾いたぞうきんで拭きあげます。

換気扇をかけるなどして、浴槽内を乾燥させましょう

(7)エタノールスプレーをかける

最後にエタノールスプレーをすると、除菌効果がアップします。

お風呂の壁掃除は「床から上10cm」を念入りに

毎日しっかりお風呂を掃除するのは難しいもの。
その日最後にお風呂に入った人が、壁についた水分を拭き取って乾燥させることを習慣にしましょう。

しっかり掃除は、週末や時間が取れる時など「週1回」を目安に。軽い汚れなら、洗剤をつけず水のみでこすり洗いしてもOKです。また重曹やクエン酸の代わりに、お風呂用洗剤を使っても。

【参考】今回お風呂掃除に使用した洗剤はコチラ

● ミヨシ 暮らしの重曹
販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

● ミヨシ 暮らしのクエン酸
販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

画像協力:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

   

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事