【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

『リカちゃんの家系図』は必見!遂にリカちゃんファミリーに「みつごのあかちゃん」 登場

  • 2020年02月17日公開

こんにちは、リカちゃんを集める世代から、いつの間にか収納する親世代になったヨムーノ編集部です。

世代を超えて親しまれているリカちゃん。「リカちゃん」の弟と妹にあたる、みつごの赤ちゃんが8年ぶりにリニューアルしています。
みつごの赤ちゃん「かこちゃん・みくちゃん・げんくん」の登場です。

今回のリニューアルでみつごの赤ちゃんは、1987年に初めて登場して以来3代目となります。

ここでは、その商品の概要をご紹介します。

リカちゃんとみつごの赤ちゃん

▲希望小売価格:各1,200円(税抜き)

商品内容:人形(ドレス、帽子着用)、おむつ、ベビーマグ、スタイ

かこちゃん(左)

うるうるお目めの甘えん坊な女の子。アクセサリーやママのお化粧が大好き!

みくちゃん(中央)

いつもニコニコ元気な女の子。積み木やお絵描きが大好きなクリエイタータイプ!

げんくん(右)

わんぱくで元気な男の子。赤ちゃん言葉で動物とおしゃべりできるみたい!

『お世話遊び』の充実で、子どもの愛情を育みます

1967(昭和42)年の誕生から昭和、平成、令和と3世代にわたり、「リカちゃん」は常に時代や流行を反映しながら、子どもたちの憧れや夢を形にした商品を発売してきました。
ファッションや職業のほか、家族や友達にもその時代のトレンドを取り入れ、時代とともに成長を続けています。

“人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ”との意味が込められた令和の時代、「リカちゃん」シリーズは子どもたちの慈しみや愛情を育み、感性を磨く商品展開を目指します。

「みつごのあかちゃん」の歴史 

初代1987(昭和62)年~

▲かこちゃん げんくん みくちゃん(1歳)

「ふたごの赤ちゃん」として登場した妹のミキちゃん・マキちゃんが幼稚園生に成長し、リカちゃんファミリーに新しく「みつごのあかちゃん」が誕生しました。
カールヘアが特徴で、泣き虫なかこちゃん、ニコニコ笑顔のみくちゃん、わんぱくなげんくんの、表情豊かな3人が登場しました。

2代目2011(平成23)年~

瞳はくりくりと大きく、髪の毛は一体成型に。
サイズも小さくなってより赤ちゃんらしく、かこちゃんはベビーベッド、みくちゃんはベビーチェア、げんくんは滑り台とそれぞれお世話小物とセットになって登場し、お世話シーンが具体的にイメージしやすくなりました。

3代目2019(令和元)年~

子どもたちがより感情移入できるよう、固定されていたポーズが手足も動くようになりました。
髪の毛はストレートヘアで、着せ替え遊びも楽しめます。子どもへのアンケートを実施し、顔立ちは子どもたちの好みや、みつごそれぞれの性格を反映しました。

お世話遊びがさらに広がる!付属品や関連グッズが充実

すべてのドールに「おむつ」「ベビーマグ」「スタイ」が付属!

「かこちゃん」「みくちゃん」「げんくん」それぞれのドールすべてに、「おむつ」と「ベビーマグ」、「スタイ」の3点セットが付属し、さまざまなシーンのお世話遊びを再現できます。

シャーシを外すとクーハンに早変わり♪

▲「みつごのあかちゃんベビーカー」(1,800円/税抜き)

赤ちゃんのお世話に欠かすことのできないベビーカーも、別売りで登場します。
みつごの赤ちゃん3人が入るサイズで、シャーシを外すとクーハンとしても活用できる2WAY仕様です。お散歩やお部屋の中での子守りなど、想像を膨らませながら遊ぶことができます。

商品内容:ベビーカー本体、縫製カバー、クッション、お布団
※人形は別売りです

子どもたちが憧れる“やってみたい”お世話を体験

▲「みつごのあかちゃん スリング&おくるみセット」(1,600円/税抜き)

赤ちゃんをおくるみで包んだり、スリングを肩にかけて子守りをしたりと、子どもたちが日常で目にする“自分もやってみたい”と思うお世話シーンをリカちゃん遊びの中で体験できます。
おくるみはフード付きでかわいらしく、スリングは肩紐の長さを調整できるため、リカちゃんだけでなく、パパやママも身につけることができます。

商品内容:スリング、おくるみ、くつ
※人形は別売りです

リカちゃんハウス「チャイムでピンポーン♪かぞくでゆったりさん」

▲7,500円(税抜き)

※人形・一部の小物は別売りです

対象年齢:3歳以上
取扱場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp)など

家族が増えるとおうち遊びがさらに広がる!

みつごの赤ちゃんをはじめ、パパやママにふたごの妹、もちろんお友達も。人形や関連小物が充実するほど遊びが広がるリカちゃんハウス。
従来よりも広げた際の面積が広く、収納時のサイズはコンパクトにリニューアルしました。

リカちゃんについて

1967年の誕生から50年以上愛され続けている「リカちゃん」は、常に時代や流行を反映しながら、子どもたちの憧れや夢を形にした商品を発売してきました。

近年では「リカちゃん」とともに時代を歩んできた大人にも愛されるブランドを目指し、子どもから大人まで楽しめる「リカビジューシリーズ」や、大人向けブランド「LiccA(リカ)」を展開しています。
タレントとしても活躍の場を広げているほか、「リカちゃん」自身のツイッターやインスタグラムも大きな話題となっています。

© TOMY

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事