コレは100均じゃなくニトリ!?今が絶対買い♡神コスパ&大容量「保冷レジかごバッグ」の実力

  • 2020年03月13日更新

こんにちは、ニトリとニトリデコホームの違いを勉強しているヨムーノ編集部です。

レジ袋1枚2円~5円のお店や、マイバッグ持参で2円引きなどお店によってレジ袋の取り扱いが異なりますが、2020年7月1日から全国でプラスチック製買物袋の有料化がスタートします。 環境対策の一環のようにみえますが、経済産業省のホームページには「レジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。」とのことです。

ここでは、脱レジ袋ということで、ニトリデコホームでみつけた「マリオ 買い物レジカゴバッグ」を使ってみました。

ちなみに、ニトリ公式ホームページでは「ニトリデコホーム」の在庫確認ができないことに驚きました。

マリオ「保冷買い物レジカゴバッグ」1380円(税別)

京都の雑貨企画メーカーのマリオの「保冷買い物レジカゴバッグ」です。
なので、ニトリオリジナルではないのでAmazonや楽天でも購入できますが、値段はお店によって異なります。

容量は20リットル。
スーパーの買い物カゴ1個分のサイズです。

保冷効果があるアルミシートが内側に施されています。夏場など、精肉や冷凍食品を確実に買う時は保冷剤も一緒にもち歩くと便利です。
アルミシートの取り外しはできません。

精算後の詰め替えが不要!!

買い物レジカゴバッグ1番のメリットは精算カゴからの詰め替えが不要な点です。
スーパーお買い物がちょっとだけ時短になります。

精算カゴに「買い物レジカゴバッグ」をセット

レジの店員さんが「ピッピッ」っと、商品をスキャンしながら精算カゴ「買い物レジカゴバッグ」に商品をキレイに詰めてくれます

お会計が終わって精算カゴから「買い物レジカゴバッグ」を引き抜けば、そのままお店を出ることができます。

▲パンなど潰れる商品や軽いものは上においてくれる店員さん

「保冷買い物レジカゴバッグ」はコンパクトに収納できません。買い物カゴいっぱいに買い物しないときは、大きすぎます。

ただ、「大は小を兼ねる」こともあるので、あまり買い物しないつもりが……たくさん買ってしまった時でもリカバーできますね。

ダイソーなら500円で保冷機能つき

ダイソーには500円の買い物レジカゴバッグがあります。
デザインやサイズ感など実際に手に取って、毎日持ち歩きたくなるような買い物レジカゴバッグを見つけたいですね。

ダイソー「買い物レジカゴバッグ」レビュー記事はこちら
ダイソーエコバッグ「折りたたみショッピングバッグ」500円!デザインもクオリティ高い

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事