完飲しちゃう!セブン「258円からの超有名店ラーメンTOP2」再現度の高さに九州人も敬礼♡

  • 2020年02月24日公開

こんにちは、一時期マヨビームにハマっていたヨムーノ編集部です。

九州のソウルフード「とんこつラーメン」は福岡県を中心に有名ですよね。そんな九州のソウルフードの「とんこつラーメン」といえば、「一蘭」「一風堂」「九州じゃんがら」「まるきん」などなど……九州発もあれば、九州に店舗が無い首都圏中心のお店もあります。

ここでは、今日はこってり「とんこつラーメン」が食べたい!という時に、身近なセブンイレブンで味わえる「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」「一風堂監修 博多とんこつラーメン」をご紹介します。

九州出身で(ちなみにヨムーノ編集部には九州出身者が2名在籍)ラーメンは「とんこつ」が大好きなので、一風堂の「博多とんこつラーメン」に期待大。

セブンプレミアムからお弁当まで!毎週編集部が実食中

セブンイレブンおすすめ商品まとめはこちら

一風堂 赤丸新味博多とんこつ 258円(税込278円)

セブンプレミアム ゴールドが博多とんこつラーメンの名店「一風堂」の「赤丸新味」を再現!!

昔のカップ麺といえば、「かやく」「粉末スープ」くらいでしたが、今はこんなに調味料が入っています。

チャーシュー1枚はわかりやすいですが、食べてみると“きくらげ”“ねぎ”が細かくなって潜んでいます。

カップ麺なので、麺はややかためかな。
豚骨スープは合格点。個人的にはもうちょい濃いめが好きですが、カップ麺だとこのくらいかなぁ~という感じです。

途中で、添付されている「黒香油」「辛みそ」をINすれば、スープの濃さが増します。ピリ辛かなぁ~と思いましたが、まったく辛くなく(個人の味覚によります)食欲がすすみますね。

美味しかったので、カップ麺でも完飲。
体に悪そう……とか、思わないのです!!!

一風堂監修 博多とんこつラーメン 460円(税込496円)

▲1食あたり536kcal

気になる点は、デフォルトで「麺かため」設定という部分。個人的には「バリやわ」派なので(笑)。

レンジで加熱後、具をスープに流し込みます。
500Wのレンジだと5分以上の加熱が必要で、ちょっと待たされます。

豚バラチャーシュー、青ねぎ、きくらげのごま唐辛子和え、もやしと、押さえるべき具は押さえてありますね。
ここに味玉系がくると、460円では収まらないと思います……。

やはり、レンチンしても「麺かため」ですね。
ここは、お店提供ではないので“かたさ”は致し方なし。ただ、麺は美味しいです。

スープも期待通りの旨さ!!
これで、税込みでもワンコイン以下の496円はすごいです。

とんこつ好きなら、要チェックです。

そして、美味しかったを表現する「完飲」を、セブンイレブンのラーメンでも再現できました。

セブンイレブンの「とんこつ」は美味しい

▲セブンイレブン『スープが決め手!博多豚骨ラーメン』(税込464円)

一風堂監修ではないのですが、2019年夏に『スープが決め手!博多豚骨ラーメン』が登場していて、かなり美味しかったです。
セブンさん、バリうまか〜!「464円博多豚骨」に九州人が太鼓判♡想像超えるこだわりに感涙

今回の一風堂監修ラーメンと値段の差がなく、味も大きく異なる点はなかったと思います。

今年もセブンイレブンの「とんこつラーメン」に注目しつつ、久留米ラーメンの登場も期待したいですね。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事