【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

あれ、こんなに爆安!?ココス「390円持ち帰り弁当」はご飯作りたくない日の神♡4品正直レポ

  • 2020年03月19日公開

こんにちは!料理のレパートリーが乏しいことに頭を抱えているヨムーノライターの相場一花です。

子どもが学校に行っている間の食事は適当にすませていることの多い我が家。しかし、子どもの学校がお休みになるとそうもいっていられません。なるべく自炊したいところですが、時にはさぼりたくなることも。

そんな時に重宝するのが、飲食チェーン店のお持ち帰り品!今回はココスで「カリカリポテト」「鶏唐揚げ&牛肉コロッケ弁当」「ココスのハンバーグ」「スパイシーカレー」を持ち帰りしましたのでご紹介いたします。

ココスのメニューをお持ち帰りする方法

「そもそもココスはファミリーレストランだけど、お持ち帰りなんてできるの?」と疑問に感じる人もいらっしゃると思いますが、ココスに限らず多くのファミリーレストランでは持ち帰りにも対応しているケースが増えているようです。

現在(2020年3月現在)ココスでは下記方法で持ち帰り注文を受け付けています。

  • 店頭でお持ち帰り品を注文する
  • 電話でお持ち帰り品を注文する
  • ネットでお持ち帰り品を注文する(対象店舗の場合)

今回、私は持ち帰りを利用する店舗へ直接電話しました。混み合っている時間帯さえ避ければ、すぐに電話がつながります。「今日のランチはココスでお持ち帰りをしよう」と決めたら、お持ち帰りする店舗のオープン時間を狙って注文するといいかもしれません。

なお、お持ち帰り品の注文開始時間は10時です(※1)。 24時間営業の店舗についても、朝食の時間帯はお持ち帰り品の注文受付はしていないようです。また一部店舗では販売時間が異なるので、最寄り店舗で確認しましょう。

ちなみに、ココスのお持ち帰り品は店内飲食用と同じ製法で作られており、長時間の保存には適していません。私が購入したココスのお持ち帰り品には「3時間以内にお召し上がりください」と書かれていました。

シンプルだけどとっても美味しい「カリカリポテト」

▲ココス「カリカリポテト」290円(税抜)

細長いフライドポテトが入ったココス「カリカリポテト」。家族みんなでシェアしやすいと思ったので、注文してみました。

フライドポテトは、家族4人がちびちびとつまむにはちょうど良いと感じる程度入っていました。なお、カリカリポテトのソースも付いてきます。ソースは「バーベキュー&マヨ」「ケチャップ&マヨ」から選べますよ。我が家は「バーベキュー&マヨ」を選びました。

カリカリ感は残っているものの……

時間が経っているためしかたがないですが、ポテトが少々くしゅっとしていました。正確にお伝えすると、カリカリしていたポテトもありますが、くしゅっとしたポテトが混ざっている……といった具合です。オーブントースターや魚焼きグリルなどで温め直しすればポテトがカリカリすると思いますが、時間がないためそのままで食べました。

しかし、ポテトはパサパサしていませんので、美味しかったですよ!塩がしっかりとついていますので、ソースなしの状態で食べても◎

ソースを付けると激ウマ!

なんの変哲もない「バーベキュー&マヨ」ソース。ソースのバランスがいいのか、ポテトとの相性がとても良かったように思います。

少なくとも我が家の4歳と2歳の子ども達はソースがとっても気に入って、ポテト完食後に「このソースをごはんの上にかけたら美味しい?」「他のおかずにもソースをかけたら美味しくなる?」とぶつぶつ言いながら、試していました。

「バーベキュー&マヨ」ソースは甘めの味わいに仕上がっているため、子ども達の口にあったのかもしれません。

無難な味に仕上がった「鶏唐揚げ&牛肉コロッケ弁当」

▲ココス「鶏唐揚げ&牛肉コロッケ弁当」390円(税抜)

「ココスのお持ち帰りで安いメニューはないかな?」と思って見つけたのが、ココス「鶏唐揚げ&牛肉コロッケ弁当」390円(税抜)。なんとライス大盛無料です!ココスさん、太っ腹ですね。

サラダ・鶏唐揚げ3個・牛肉コロッケ1個が入ったお弁当。一般的な成人女性であれば、お腹が膨れると思います。

鶏唐揚げが思ったよりも美味しい件

安い価格帯のお弁当に入っている唐揚げにはあまり期待していませんでしたが、ココス「鶏唐揚げ&牛肉コロッケ弁当」の鶏唐揚げは中々美味しい部類に入ると思います。

表面にカリカリ感を残しつつも、中身はジューシー。お肉のパサつきもなし。「くしゅっとした冷凍の唐揚げ」を想像していたので、ちょっと驚きました。ごはんがよく進む唐揚げに仕上がってましたよ!

一方の牛肉コロッケはふにゃふにゃしていて、想定内の味でした。なお、サラダには玉ねぎの風味をきかせたドレッシングがかかっていました。苦みが少なめでしたので比較的食べやすかったのが印象的です。

全体的には、無難にまとめてきたお弁当に仕上がっていると思います。コンビニやスーパーのお弁当を問題なく食べられる私や家族の間では、特筆するような不満は出てきませんでした。

ライスも付いてる「ココスのハンバーグ」

▲ココス「ココスのハンバーグ」590円(税抜)

ココス「ココスのハンバーグ」は、ココスで出されているハンバーグがメインのお弁当です。ライスも付いていますよ。ハンバーグにかけるソースは「ジャポネギソース」「デミグラスソース」の2種類から選べます。私は、無難そうなデミグラスソースにしました。

値段の割にちょっと物足りない

「ココスのハンバーグ」はお値段が590円(税抜)。上で紹介した「鶏唐揚げ&牛肉コロッケ弁当」よりも高いですが、お弁当のおかずには大きなハンバーグとポテト、ブロッコリーしか入っていません。

ハンバーグは大きく見えますが厚みがあまりないため、ずっしり感はありませんね。お箸でも簡単にカットできました。

ポテトがパサパサになっていて残念

ハンバーグの陰に隠れるように入っていたフライドポテト……。これがかなりパサパサとしていて残念な味でした。上で紹介した「カリカリポテト」についていたバーベキュー&マヨソースを付けて食べてみても……なんとも言えない味に。

値段が高い割には満足感が高くはなく、個人的には微妙でした。

びっくりするほど辛い・スパイシーカレー

▲ココス「スパイシーカレー」690円(税抜)

アルミホイルに包まれているのが印象的なココス「スパイシーカレー」。ココスのカレーを食べたことがなかったため、興味本位で持ち帰りしてみました。アルミホイルで包んでカレーがこぼれないように配慮されているのが嬉しいポイント。

とりあえずチョイ辛ではない

ココスの公式サイトでは、「スパイシーカレー」にチョイ辛というマークがついていました。「レトルトカレーで例えるのであれば中辛くらいかな」と予想して、いざ実食!

すごく辛い!!!

口の中に入れると広がるスパイスと辛さ。飲み物なしではとても食べ進められません!興味を持った4歳の息子にも一口あげましたが、麦茶をがぶ飲みしていました。(笑)

チョイ辛じゃない!しっかりと辛い!!!

軽い気持ちは食べられないカレーの辛さです。ファミリーレストランのカレーだからといって子どもも食べられそうな辛さではありませんので、注文の時にはお気をつけください。

具材は少なめ

カレーはどろっとしていますので、ごはんとよく絡みました。具材はじゃがいも・にんじん・牛肉が入っていたのを確認しましたが少々物足りないですね……。

ココスのお持ち帰りも中々良い!

ココスのお持ち帰りメニューをよく確認すると、値段が張るものとそうでないものがわかれているように思いました。組み合わせ次第では、値段は落とせますよ。

「料理を作るのが面倒」という時に、ココスのお持ち帰りも検討対象の1つとしては「あり」です!

※2020年3月現在の情報です。記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

※1 ココス テイクアウト

相場一花
ライター

夫・1男1女の4人家族。食べる事が大好きなグルメライターです。 シャトレーゼ&業務スーパー歴は10年以上!常においしいものを探し求めています。 また、家族で地元近辺のレジャー施設巡りをするのが趣味。地元・わが街プロジェクトのライターとしても活動中。

相場一花 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事