【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

“手軽でおいしい”と今インスタで最注目!「新・お酢ドリンク」で楽しむ、おうちでリフレッシュ習慣!

  • 2020年03月31日公開
  • PR

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

だんだんと暖かくなり、さっぱりとおいしいドリンクを飲みたくなる今日この頃。そこで今回ご紹介するのが、ミツカンから発売した、今注目のお酢ドリンク「フルーティス™」。

「フルーティス™」は3種類のフレーバーがあり、それぞれ違った気分を楽しめる、手軽でおいしいお酢ドリンクとして話題になっています。

今回、インスタ達人のヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)に、「フルーティス™」を使って、毎日の「リフレッシュ習慣」にすぐに取り入れられるアレンジアイデアを教えてもらいました。

フレーバーは3種類!「フルーティス™」の魅力

気分に合わせて楽しむ、おいしいお酢ドリンク登場!

ミツカンから発売している「フルーティス™」は、りんご酢に果汁等を合わせたフルーティでおいしいりんご酢ドリンク。

お酢と聞くと、酸味が強くて毎日飲むにはハードルが高いイメージがあるかもしれません。でも、「フルーティス™」は、やわらかい酸味と、甘みがほどよく仕上がった飲みやすさが特徴。

カロリー控えめ(※)なのも嬉しいポイント。ダイエットを意識している方も“罪悪感”なく楽しめます。フレーバーは、女子ゴコロをくすぐる「ざくろラズベリー」、「ピーチライチ」、「シャルドネ」の3種類。

  • 「ざくろラズベリー」
    ざくろとラズべリーの風味で、さっぱりとしていてリフレッシュにぴったりです。夜のお風呂上がりや、1日の家事が終わった時などに、さっぱりと楽しめる風味が特徴。

  • 「ピーチライチ」
    ライチの爽やかな香りとピーチの風味で、幅広い年齢層においしく飲める味。食後や、おやつなどの時にもぴったりです。

  • 「シャルドネ」
    白ブドウのすっきりとした味わいは、炭酸で割ってシャンパン風にも。家事の合間のおひとりさま時間に、ゆったりと楽しみたい味わい。

※...濃縮タイプは4倍希釈をした場合

基本のおいしい飲み方とおすすめアレンジ

「フルーティス™」は、4倍濃縮タイプ。1本で約7杯分楽しめます。
基本的な飲み方は、「フルーティス™」:「水」=1:3で割るだけ。水の代わりに、お好きなドリンクで割って楽しむこともできます。たとえば、

  1. 「水」や「炭酸水」で割って、さっぱりとシンプルに楽しむ。
  2. 「牛乳」や「豆乳」などで割って、濃厚でまろやかに楽しむ。
  3. 「フルーツ」などを合わせて、季節やシーンに合わせて楽しむ。

さらに、ドリンクとして飲むだけでなく、手軽なデザートとしても楽しめるんです。

今回は、インスタグラムでも投稿が増えている「フルーティス™」の簡単アレンジから、ヨムーノメイトの“今すぐマネしたい”珠玉の6選をご紹介します。

映え&おいしい!インスタ達人の「フルーティス™」簡単アレンジ6選

【ドリンク編①】好きなドリンクとカクテルするだけ「朝食スムージー」

@ikura888さん
滋賀県在住の人気ヨムーノメイト。食材をきれいに見せる、お弁当作りのアイテム選びや食卓のスタイリングが得意。食卓を囲む家族が楽しくなる、家族想いのレシピを多数投稿。
ikura様.png

毎日、フルーツや野菜を使ったスムージーを作って家族で飲んでいるという@ikura888さん。今回は家族それぞれのスムージーに、「フルーティス™」を加えてアレンジしました。

お酢の程よい酸味で、朝からすっきりするのだとか。

@ikura888さんは、朝食に、家族3人それぞれの好みに合わせたスムージーを楽しみました。

  • 夫:「シャルドネ」と人参、小松菜、リンゴジュースをカクテルして野菜スムージーに。
  • 子ども:「ピーチライチ」とバナナ、オレンジ、牛乳に少量の氷を加えてミックスジュースに。
  • 自分:「ざくろラズベリー」に冷凍ラズベリー、ブルーベリーとオレンジジュースをカクテルしてミックスベリージュースに。

「フルーティス™」は、お酢の酸味よりもフルーツの香りが強く広がります。「シャルドネ」のぶどうの香りが、夫が苦手な野菜の青臭さを抑え、飲みやすくしてくれました。子どもも、いつも飲んでいるミックスジュースに、リンゴ酢が入っていると気づかないほど。ジュース感覚でゴクゴク飲んでいましたよ。朝の一杯にぴったりだと思います。(@ikura888さん)

【ドリンク編②】1日の締めくくりや、休日ランチに「ビール割り」

1日仕事や家事を頑張った夜や、休日のお昼のリラックスタイムに、夫と一緒にビールと割って楽しむことも。

ビールも、お好みのドリンクで割って好みの味に仕立てます。夫は「シャルドネ」、私は「ざくろラズベリー」をビールで割って飲むのがお気に入り。(@ikura888さん)

@ikura888さんの投稿はこちら

【ドリンク編③】“映えゼリー”付!ざくろラズベリーの「ヨーグルトシェイク風」

@mokomelo_さん
見た目がきれいで季節感を取り入れたおうちごはん・旬のスイーツが人気のヨムーノメイト。パーティーにもぴったりの華やかメニューが得意。トイプードルとほっこりと過ごす日々を毎日綴る。
n1019様.png

@mokomelo_さんは、甘いものが大好きな子どものために、ホイップをトッピングした「ヨーグルトシェイク風」のスムージーを作りました。甘さと酸味のバランスが取れた、豪華ドリンクが完成!

作り方は簡単。「フルーティス™」の「ざくろラズベリー」を、凍らせておいたヨーグルトと一緒にブレンダーで混ぜ合わせ、別で作っておいたゼリーをトッピング。ホイップとゼリーを盛るだけで、華やかに映えますね。

少し気温が高く、天気の良い日だったので、さっぱりとしたヨーグルトシェイクのようにして楽しみました。普段、飲むヨーグルトが苦手な息子ですが、一気に飲み干してしまいましたよ。この甘酸っぱさは、他では味わったことのないおいしさです。(@mokomelo_さん)

@mokomelo_さんの投稿はこちら

【デザート編①】冷やしておいしい!「キウイのクラッシュゼリー」

@n_1019_さん
愛知県在住の人気ヨムーノメイト。食費を上手に節約しながらも、毎日の食卓が楽しくなるような工夫を凝らし、数々のワンプレートレシピを考案。季節の味覚を取り入れた小鉢にも注目。
n1019様.png

@n_1019_さんは、「フルーティス™」の「シャルドネ」をゼリーにして固め、刻んだキウイをのせてアレンジ。キラキラと輝く、クラッシュゼリーが完成!

冷やしてシャーベットにしたら、暑い時期にやみつきになりそうですね。

後味がすっきりしている「シャルドネ」を使ったデザートを、夕飯の締めに楽しみました。フルーツと相性ぴったり。他のフレーバーでも、例えば「ざくろラズベリー」にはイチゴやブルーベリー、「ピーチライチ」にはグレープフルーツを合わせてみたいです。見栄えもよく、おもてなしのデザートにもいいですね!(@n_1019_さん)

@n_1019_さんの投稿を見る

【デザート編②】ゼリーに漬すだけ!甘酒×シャルドネ「フルーツポンチ風」

@yayowiii_さん
うつわとワンプレートが大好きなヨムーノメイト。インスタグラムでは魚料理をメインとした「#和ンプレート」、常備菜などをフル活用したおうちごはんの投稿にファンが多い。
ikura様.png

毎日甘酒を飲む“甘酒習慣”を取り入れている@yayowiii_さん。
甘酒に「シャルドネ」を組み合わせて、「フルーティス™」をすっきりと楽しみました。

コーディネートも工夫して、琺瑯バットや食器を使って、お店風に仕上げてみました。

甘酒と、水、シャルドネを、味見をしながら好みの濃さに調節し、250ml程度にします。さらに、フルーツを漬して、市販のゼラチン5gを使って固めます。友人が家に来た時や、休日などに、カフェ気分を味わえるおすすめのアイデアですよ。(@yayowiii_さん)

@yayowiii_さんの投稿はこちら

【デザート編③】かけるだけ!「バニラアイス」でおうちカフェ気分!

@panta_rhei.hさん
発酵食品とスパイスハーブを用いた地中海式食事法を実践する料理研究家。酒粕、オーガニック食品など健康を考えた料理教室を主宰し、スパイス大使も務める。
n1019様.png

@panta_rhei.hさんは、いつものバニラアイスを“味変”して、トッピングとして「フルーティス™」を使ってみました。選んだフレーバーは「ピーチライチ」。

バニラアイスに、「ピーチライチ」とオリーブオイルを少量回しかけるだけの簡単アレンジです。

夫と子どもたちと一緒に、休日のおやつとしていただきました。家族団らんにぴったり。涼しげな器をチョイスし、初夏を感じさせるコーディネートも意識してみました。ライチの華やかな香りが、バニラの甘みを引き立てています!(@panta_rhei.hさん)

@panta_rhei.hさんの投稿はこちら

「フルーティス™」で、新しいリラックス習慣を!

いかがでしたか?

フルーティで飲みやすいお酢ドリンクは、希釈して飲むだけでなく、おうちで手軽にアレンジして、幅広く楽しむことができます。

1日のはじまりのスイッチに、家事や仕事の合間のリフレッシュに、楽しみ方は自由自在。「フルーティス™」で、新しいリフレッシュタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

「フルーティス™」公式サイト

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

特集記事

連載記事

新着記事