「え、おいしすぎ!」こだわり素材で妥協ゼロ!忙しい女性の新トレンド「マクロビ派習慣」

  • 2020年03月25日更新
  • PR

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

今、“ヘルシー志向”ブームで、“マクロビ”や“ヴィーガン”など、自然農法の穀物や野菜をメインとした料理やお菓子が注目されています。

とはいえ、「マクロビって難しそう」「おいしくなさそう…」といった、敷居の高さを感じる方も多くいるのが事実。

今回ご紹介する森永製菓の『マクロビ派』は、そんなイメージを覆す、驚きの「おいしさ」が魅力!育児に、家事に、仕事に、忙しい毎日を送りながら、暮らしをとことん楽しみたい、今どき女性に嬉しいポイントがいっぱいあります。

実は、「健康」と「おいしさ」の両立は、開発に大変な困難を伴うのだそう...!そこで、『マクロビ派』の開発者に、こだわりエピソードを伺いました。

さらに、ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)がどんなシーンでどんな風に楽しんでいるのか、すぐマネしたくなる、おすすめの食べ方まで、盛だくさんでご紹介します!

「アレ、おいしすぎ!」思わず驚く『マクロビ派』3つの秘密

森永製菓の人気商品『マクロビ派』は、従来の「おいしくなさそう…」というマクロビのイメージを覆す、画期的な商品です。

今回、「アーモンドとクランべリー」「3種のナッツと香ばしカカオ」の2種類が、さらにおいしくなってリニューアル新登場!

『マクロビ派』が“めちゃウマ♡”な3つの理由

体に優しいものって、味はちょっと物足りなくても仕方ない...とあきらめていませんか?

『マクロビ派』驚きのおいしさには、3つの理由があります。

  1. 味と品質にこだわった11種類の素材がぎっしり!
    アーモンド、クランベリー、全粒粉、かぼちゃの種、ひまわりの種、ヘーゼルナッツ、くるみなど、おいしさと品質にこだわった11種類の素材がいっぱい詰まっています。
  2. ドライフルーツはあえて「りんご果汁漬け」
    白砂糖ではなく、りんご果汁漬けのクランベリーを使用することで、酸味が引き立っておいしい!
  3. さらに、ナッツ類を増量!
    アーモンド、ヘーゼルナッツやくるみなどの、ざくざくとした食感や香ばしさがおいしい「ナッツ類」を増量しました。

『マクロビ派』のこだわりの素材を見てみる

そんな『マクロビ派』を作り上げた、森永製菓の香取慎一さんに、開発秘話と商品への想いを伺いました。

開発者を直撃!おいしさに絶対に妥協なし!『マクロビ派』開発秘話

森永製菓株式会社 香取 慎一(かとり しんいち)さん

入社8年目。長年にわたりお菓子の企画開発に携わる。現在は、第一商品開発センターで主任研究員をつとめる。社内では、マーケティング本部と連携し、モノづくりのプロとして、味をおいしく仕立てる重要な役割を担う。
香取様

香取さんが、『マクロビ派』を形にするうえで、最も苦労したこと。それは「おいしさ」と「健康」の両立だったそう。“いいものだけ”にこだわった「11種類の食材」の味を、どのようにおいしくまとめたのでしょうか?

「まずい」を払拭したくて「嫌になるほど、食べました」(香取さん)

香取さん:自然の食材は”シンプル”な味、というイメージがあるかもしれませんが、実はそれぞれ、食物繊維や鉄分などの栄養素が豊富な、個性のある食材。穀物には独特のくさみもあり、これらをひとつにまとめるのは究極に難しいんです!

開発過程では、「鳥のエサみたい」「味気ない(まずい)」といった、味に対するネガティブな声も多々いただきました…。

香取さん:それでも、自然の食材って「こんなにおいしかったんだ!」と知っていただきたくて、生産工程で、温度、水の量、気温、湿度を考慮した微調整を何度も繰り返しました。

数年間、“もう嫌!”というほど試作しては、食べ続けましたよ(笑)。妥協せずに試行錯誤した結果、ついに「また、食べたくなる味」に仕上がりました!

「おいしすぎる」と話題の商品に!3つの大逆転ポイント

香取さん:従来のマクロビビスケットの「おいしくなさそう」なイメージを払拭し「おいしい!」に大逆転するために、具体的に取り組んだのは、この3つ。

①個性豊かな11種類の素材を、絶妙な味わいに配合

味と食感が良い「ナッツ」を増量して、穀物ならではのくさみをおさえ、11種類の素材をバランスよく配合することなどに命をかけました。バニラ香料も抜き、本来のおいしさを引き出したのも、こだわりです。

また、穀物素材を香ばしく焼き上げる独自の技術で、通常の2~3倍の時間をかけてじっくりと焼きあげています。結果、くるみやナッツなどの食感が楽しめる、スイーツのようなおいしい味わいになりました。

②余計なものを使わずに生地を作った!

従来のビスケットは、生地をまとめて成型するのに乳化剤・卵・乳製品なども必要です。でも、『マクロビ派』では、具材がたくさん入った生地を、それらを使わず成型することに成功!森永製菓が長年培ってきた成型技術により、余計なものを使わない製法が実現しました。

③繊細な素材でも「賞味期限9ヵ月」を実現!

抗酸化処理をしていない自然に近いアーモンドなど、繊細な素材を多く使っているため、おいしさの鮮度を保つのには苦労しました。素材の劣化を防ぐために 包装時に窒素を入れ酸素を除くことで酸化を抑えるようにしています。

それによって、できたての風味が持続し、賞味期限は9ヵ月。味に対して、“どこまでもまじめに”取り組んだ結果です。他にはないおいしさを味わっていただきたいと思います。

おいしいから続く!インスタ達人の『マクロビ派習慣』6つのシーン

今回リニューアルした『マクロビ派』は、おいしさに加え、忙しい毎日に取り入れやすい“手軽感”も大きなポイント。

・持ち歩きやすい小さなパッケージ
・食べやすい一口サイズに
・コンビニで手に入る

最後に、忙しい毎日に『マクロビ派』を楽しんでいるヨムーノメイトの、今すぐマネしたくなるおすすめの食べ方をご紹介します。

【シーン①朝食】フルーツと一緒に!手軽でおいしい『マクロビ派』朝食

バロンママさん
コストコ歴14年、業務スーパー歴10年以上の大人気ヨムーノメイト&公式ライター。趣味はパン作り、料理、おいしいもの探し。コストコ、業務スーパーなどの食材を使ったアレンジ料理が得意。
バロン様

バロンママさんは、『マクロビ派』を朝食にチョイス!

忙しい朝は、ヨーグルトと『マクロビ派』の「アーモンドとクランベリー」でヘルシーに。

クランベリーの果汁漬けの酸味と甘みが、口の中に広がるので、シンプルなプレーンヨーグルトを添えるだけでも、十分満足の朝食です。1日の始まりにぴったりですよ!(バロンママさん)

カッティングボードにフルーツと一緒に載せるだけで、最強映え!

「3種のナッツと香ばしカカオ」の甘くて香ばしい味わいが、酸味のあるフルーツと好相性!『マクロビ派』のような食品のイメージをガラリと変えるナッツとカカオの上質な味に、正直“ギャップ萌え”しました。(バロンママさん)

【シーン②お仕事タイム】気軽に食べられて“罪悪感ナシ”!手も汚れない!

仕事をしていると、甘いものが食べたくなることがありますよね。そんな時、『マクロビ派』は私にとって“罪悪感のない”おやつ。たくさんはいらないけれど、小腹が空いた、なんて時にぴったりです。(バロンママさん)

【シーン③勉強タイム】子どもの勉強のおともに

子どもの勉強中にも『マクロビ派』が大活躍!

もともと『マクロビ派』のような食品が好きな息子。彼は『マクロビ派』を一度食べてから“おいしすぎる”と驚いていて、一袋では足りないこともあります(笑)。一口サイズで、ポロポロこぼれないから、机や勉強道具が汚れないところもいいですね。(バロンママさん)

【シーン④携帯用】“おしゃれなミニサイズ”だから、バッグにインして

@mari.aooさん
育児をしながら美容やファッションを楽しむ2児のママ。着こなしセンスだけでなく、「#155cmコーデ」や「#平均身長コーデ」など、等身大の自分をナチュラルに表現した投稿が人気。
mari様

『マクロビ派』をカバンに入れて持ち歩いているという@mari.aooさん。栄養価が高いのに甘すぎないナチュラルなおいしさがお気に入り。

バッグの中でも割れない程よい固さで、食べきりサイズなので、バッグでの携帯にぴったりです。コンビニで気軽に買えるのも嬉しいです。(@mari.aooさん)

【シーン⑤家事の合間】忙しいお弁当作り中に【ながら朝食】

@yukiistarさん
茨城在住の人気ヨムーノメイト。地産地消をベースに、その土地の食材を大切にしたレシピが好評。また、忙しい毎日でも冷食に頼らないごはん作りを実践している。
yuki様.png

@yukiistarさんの朝は、子どもの朝食とお弁当作りでバタバタ。
自分の朝食をゆっくりとる時間がないため、お弁当作りの合間に『マクロビ派』をキッチンに置いて、朝食代わりに食べているのだそうです。

いつも、忙しい朝は子どもが優先で、私は“ながら朝食”。準備や片付けがいらない『マクロビ派』を、お弁当作りの合間に楽しんでいます。どうしても食べる時間がないほど忙しい時には、車での出勤中に、朝食代わりに食べることも。おいしくて、少量でも満足感が得られます。(@yukiistarさん)

【シーン⑥ひとり時間】自分への“ご褒美”に!リラックスタイムのおとも

家事が一段落したリラックスタイムにも『マクロビ派』を楽しんでいる@yukiistarさん。

一人の時間は、お気に入りのソファでリラックス。大好きなフルーツや、ホットドリンクと一緒に『マクロビ派』でほっこりと過ごす時間がお気に入りです。11種類のこだわりの素材がたっぷり入ったお菓子が、コンビニで手に入るのは驚きです。おかげで、一人の時間がちょっと贅沢になった気がします。(@yukiistarさん)

驚くおいしさ!忙しい時こそ『マクロビ派』

いかがでしたか?
『マクロビ派』は、こだわりの食材だけで作られたおいしさが人気の、体にうれしいビスケットです。

忙しい朝や小腹が空いた時にもパパッと食べることができ、共働きで忙しい家族の、強い味方になってくれること間違いなし!ぜひこの機会にお試しくださいね。

『マクロビ派』公式ホームページ

※2020年3月末時点の情報です。
写真提供/
バロンママさん(ヨムーノメイト、ヨムーノ公式ライター)
@mari.aooさん(ヨムーノメイト)
@yukiistarさん(ヨムーノメイト)
提供/森永製菓株式会社

【読者アンケート】ぜひ感想をお聞かせください!

アンケートフォームはこちら

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

特集記事

連載記事

新着記事