【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

「脱毛=身だしなみ」はもう常識!?今どき女性2万人の「ムダ毛処理リアル事情」最新調査発表!

  • 2020年03月31日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

もうすぐ、肌見せの時期が到来!身だしなみが気になる時期ですね。

ムダ毛をキレイに処理するのは、今や当たり前のエチケット。
中でも今、「脱毛」が身だしなみとして定着しつつあることをご存じでしょうか。

今回は、今どき女性の脱毛に関する意識調査(※)をもとに、最新“脱毛のリアル事情”を探ってみました。

※出典元:株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー「ムダ毛・脱毛に関する意識調査2018年」(調査対象:16~49歳の男女2万人)

「ムダ毛」はなくても困らない!

頭髪、眉毛、まつげ以外の体毛はムダ毛!?

かつては、からだの保温や保護のために生えていた体毛。ところが、エアコンが発達した現代は、空調や衣類の多様化によって、生きるために必要な体毛は、からだの「1割」と言われているんです。

むしろ、成長した毛が肌の表面に生えていることで見栄えが悪く、衛生的な悪影響がある、と考えられる部位もあり、ムダ毛に対しての意識は、年々変化しています。

“脱毛”は、そんな現代の私たちのムダ毛処理を効率的に行ってくれる施術方法。
特に最近では、“プロの手による脱毛”が当たり前となってきています。

そんな「ムダ毛処理」に対して、今どき女性はどのような意識を持っているのでしょうか。

①他人のムダ毛を見て「ヤバイ!」と思う経験アリ

「ムダ毛が気になった瞬間」ランキング

  1. ノースリーブを着るとき...75.3%
  2. ハーフパンツ・短パンを着るとき...63.9%
  3. 恋人・パートナー・好きな人と会うとき...61.7%
  4. 水着を着るとき...59.1%
  5. 他の人の体毛・ムダ毛が気になったとき...【55.3%】
  6. 背中の空いた服を着るとき...49.6%
  7. 他の人の体毛・ムダ毛が処理されていることに気づいたとき...【44.0%】

「ムダ毛が気になった瞬間」についての調査では、自分の肌を露出する時はもちろん、5と7の項目のように、自分以外のムダ毛や処理状況を見て、自分のムダ毛が“ヤバイ!”と気づく人が多いことが分かりました。

ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)の篭谷 奈央(こもりや なお)さんと、まさに今、脱毛に関心がある中学3年生の篭谷 心寧(こもりや ここね)さん親子にコメントを伺いました。

今、脱毛が気になる!親子リアルコメント

学校で、部活のTシャツから見えるワキの剃り残し、体育座りをしている時のヒザ、教科書を指さす手指の毛も、友人のを見て自分のことが気になります。(娘:心寧さん)

初夏など、はおっているものを不意に脱いだりしたときのワキは気になります。人のワキを見て、ドキッとして自分も気をつけよう...と思うことも。(母:奈央さん)

※直近1年以内脱毛サロン・クリニック利用層&利用潜在層の女性815人
出展元:株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー「ムダ毛・脱毛に関する意識調査2018年」

②「ムダ毛処理は必要」と思う人が約9割!

一方で、「人から見られている」、「人のを見てヤバイ!」という意識から、ムダ毛処理の必要性を感じる人も多数います。

「体毛・ムダ毛や、その処理」についての意識

男女ともに、ほとんどの人が恋人やパートナーといる時の自分のムダ毛を気にしているという結果が。このデータからは、もはや「ムダ毛処理=当たり前のようにすべき常識」とも見て取れます。

「将来、介護を受けるとして、体毛・ムダ毛の処理ができていないのは気になる」というのも意外な結果ですね。

私がパートナーのムダ毛を気にしたことはありませんが、相手から気にされているだろうとは常に思っていました。若い世代は、身だしなみを気にする意識が以前よりも高まっているのではないでしょうか。(母:奈央さん)

③「セルフケアがうまくいかない」が多数派!

とはいえ、みなさん上手にムダ毛処理をできているのでしょうか。
自宅でセルフ処理についてのアンケートでは、自分で処理しにくい部分があったり、キレイに処理できないという仕上がりに対する不満も多数見受けられます。

「自宅でのムダ毛処理の不満点」

また、同調査からは「2日に1回はシェーバーを使い、肌がどんどん荒れていく...」、「デートの前日、背中の除毛をしたが、肌に合わなかったのか真っ赤に。しかも、塗り漏れで部分的に毛が残り、彼氏に“一部分だけ毛がすごいね”と言われてしまった」という失敗の声も。

中学になって、自己処理をするようになりましたが、カミソリ負け、そり残し、処理した毛の断面が太くなって見えるのが悩みです。みなさんも、同じ悩みを持っているんですね。(娘:心寧さん)

④「同性の友人や家族」に相談する人が8割以上

このように、デリケートなムダ毛の話題...。でも、意外に周囲に話せるという人は多いようです。

同調査からは、友人とムダ毛処理について話している人は「8割以上」いることが見て取れます。中には、「恋人と話す」という人も半数ほど。

「ムダ毛処理について、周囲の人と話題にしたことはありますか」

身近な友人とムダ毛の悩みを共感したり、情報を共有しあうことを、“恥ずかしい”と思っている方も。ムダ毛処理は、もはやオープンに話せるものになっていることがうかがえます。

私の周りで話している友人はいます。私自身は、学校であえて話題にすることはありませんが、これからムダ毛処理の悩みを感じた時は、話せる友人はいます。(娘:心寧さん)

⑤「ワキやひじ」のムダ毛は中学3年生から気になる

また、“若い世代ほど、自分のムダ毛を気にする人が多い傾向”も分かっています。

特に、ムダ毛が気になり始めた年齢は、「ワキ」が「中学2年生ごろ」で最も若く、目に見えやすい「ひじ上」、「ひざ上」、「ひざ下」も、「中学3年生ごろ」から気にする人が多いようです。

「部位別:ムダ毛が気になり始めた年齢」

  • ワキ:14.8歳
  • ひじ上:15.0歳
  • ひざ上:15.1歳
  • ひざ下:15.1歳
  • ひじ下:15.2歳
  • 手・指:16.8歳
  • 顔:17.5歳
  • 胸:18.2歳
  • 背中:18.2歳
  • Vライン:20.2歳
  • Iライン:21.2歳
  • Oライン:21.3歳

このデータの通り、私もワキからひじ、ひざ、指はすでに気になっています。(娘:心寧さん)

ワキ、ひざ下、指もそうですが、私自身も、20歳に近づくにつれて顔まわり、Vラインが気になり、自己処理の範囲は一気に多くなったことを覚えています。(母:奈央さん)

⑥20代は「4割」が脱毛サロンを経験!10代から通う人も「1割以上」

実際に、脱毛サロンに通っているのは、どんな世代なのでしょうか。

同調査によると、1年以内に脱毛サロンを利用した女性が、脱毛サロンを初体験した平均年齢は「平均23.2歳」。就職して少し落ち着いたところで、脱毛を検討している人が多いのかもしれません。

「年齢別:脱毛サロン経験者の割合」

しかし、上記の調査結果(※)を年代別に見てみると、20代の女性では40.9%、10代の女性でも15.1%の脱毛サロン経験者がいることが分かりました。

若い世代でも、脱毛サロンに気軽に通える時代に!?

若い世代のムダ毛処理意識の高さ、脱毛に通う世代の若年化などが浮き彫りになったこの調査。

さらに、脱毛サロンでプロにムダ毛処理をお願いしている人が増えている実態を見ても、10~20代の女性にとって、ムダ毛処理は“当たり前の身だしなみ”と認識しつつあることがうかがえます。

“脱毛”というと、お金も時間もかかるイメージが強いかもしれません。現在では、勉学やプライベートに忙しい学生にとっても通いやすいサロンが増えてきています。

毎日処理してもすぐに生えてくるムダ毛。ムダ毛処理を脱毛サロンに頼るというのも、ひとつの選択肢としておすすめです。

現在は、親子でカウンセリングができる脱毛サロンもあります。もし、子どもが脱毛に興味を持ち始めたら、まずは話を聞いてみるのもひとつです。

【取材記事】脱毛に興味津々!中3女子が、母と脱毛カウンセリングをしてきた

※出典元:株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー 「美容センサス2019年上期」

ムダ毛処理をプロに任せるべき“3つのメリット”

最後に、ムダ毛処理をプロに任せることのメリットをまとめました。

①処理残し、ムラがなく、美しい仕上がりになる

背中やうなじ、VIOなど、セルフケアでは、手が届かずに処理しきれない部位があります。自分ではなかなか処理しきれないところも、プロなら処理残しの心配がありません。

また、ひざやひじ周りといったしわが寄りやすい部分の毛残りや、1本だけ長い毛などの見落としも防げます。

②肌荒れの常習化を防げる

アフターケアで保湿をしていても、処理の段階で肌を傷めることも。特にカミソリや1枚刃式の電気シェーバーは肌の表面を傷めやすく、セルフケアを重ねるうちに肌荒れを起こすこともあります。

③片付けや準備の手間をカットできる

ワックスや脱毛といったムダ毛処理方法は、準備に手間がかかるもの。家庭用脱毛機や、ジェル・保湿クリームの塗布は、毛の後始末が手間になります。
こうしたわずらわしさがなく、手軽にムダ毛処理ができる点は、プロにお願いするメリットのひとつでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ムダ毛処理を気にする年代だけでなく、脱毛サロンの利用者にも若年層が増えている実態が分かりました。

脱毛サロンで“プロに任せる”という選択肢は、もはや「当たり前」の時代になりつつあります。

身だしなみにいっそう気を配る季節がやってきます。すぐに生えてくるムダ毛は、「脱毛サロン」で、ラクに済ませるのもひとつかもしれませんね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗の公式情報をご確認ください。
※2020年3月末時点の情報です。
データ提供元/プレミアム全身脱毛シースリー

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事