【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

賃貸でもできます!「狭い部屋が広々!」スッキリおしゃれリビングを作る「3つの工夫」

  • 2020年03月25日更新

こんにちは、ライターのmiasatoです。

わたしは賃貸1LDKの部屋に夫婦2人で暮らしています。今回は狭い部屋でも、すっきり広く見えるような工夫をご紹介します。

インテリアの色味は抑える

家具や雑貨の色味は主張の少ないものを選ぶといいです。
色が何色もあるとそれだけでごちゃごちゃした雰囲気になってしまいます。

我が家は木製のブラウン、その他にホワイト・ブラック・グレーをメインカラーに。
部屋が殺風景にならないように、観葉植物のグリーンをアクセントとして取り入れています。

色味を抑えることで部屋全体に統一感が生まれ、すっきりして見えます。

間接照明を使う

間接照明を使うと空間に奥行きや立体感が出るので、部屋を広く見せたい人にはおすすめ。我が家は部屋の奥の壁を照らすようにしています。

間接照明を使うと柔らかい雰囲気が出るので癒し効果も抜群です。

デッドスペースを有効に使う

壁につけて使える家具を使えば、デッドスペースを有効に活用できます。ピンで固定するタイプのものを使えば、賃貸でも使えるので安心です。

我が家はリビングのほかにトイレや洗面所でも使っています。

いかがでしたか?
狭い部屋でもすっきり広く見える工夫、気になった方はぜひ試してみてくださいね。

ライター misato

1LDKのお部屋で夫婦2人、賃貸暮らし。木の温もりを感じるシンプルで丁寧な暮らしを楽しんでいます。

インテリア雑貨のひなたライフ

こんにちは。ひなたライフと申します。

心が温かく、暮らしを豊かにするインテリアや雑貨を販売するネットショップと暮らしが素敵になるメディアを運営しております。 よりわかりやすい商品の使い方やメリットをできる限り丁寧に説明しておりますので、是非ご覧くださいね。

インテリア雑貨のひなたライフ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事