【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

オーケー超え!?「399円ピザ」が反則級♡埼玉民の愛する「マミーマート」絶対買うべき5選

  • 2020年03月24日公開

こんにちは!大手スーパーからマイナーな地域のスーパーまでこよなく愛するヨムーノライターの相場一花です。

私の住んでいる千葉県には、近隣県に住んでいる人しか知らないであろう地域のスーパーがたくさんあります。地域のスーパーはそれぞれ独特な雰囲気を持ち、不使用な魅力があるのです。一見特徴のないスーパーでも、通っているうちに「これは!」と思う事も多々あります。

今回は、埼玉県を中心に店舗を展開中の「マミーマート」のプライベートブランド商品をご紹介します。

マミーマートは地味なスーパー?

マミーマートは埼玉県を中心に千葉県・東京都・栃木県に店舗を展開しています。緑色の「M」の文字がトレードマーク。なぜかわかりませんが、全体的に地味な感じですね……。店内はいつでも落ち着いた雰囲気。激安を売りにしているスーパーではないため、どっと人が押し寄せるようなことはありません。

私の生活圏内にはマミーマートが2店舗あって何度も行っていますが、大混雑している場面に遭遇したことはありません。時間がない時の買い物に重宝しています。

マミーマートの惣菜は全国レベル

あまり知られていませんが、マミーマートのお惣菜は全国スーパーマーケット協会が主催する「お弁当・お惣菜大賞」で毎年のように賞を受賞(※1)しており、全国レベルで認められています。

私がその事実に気が付いたのはマミーマートに通い始めてから1年たった頃。マミーマートでは目立つような宣伝広告がされていないので、長らく気が付きませんでした……。

マミーマートのお惣菜も良いですが、私が個人的に推したいのはマミーマートのプライベートブランド食品。今まで様々なスーパーのプライベートブランドを食べてきましたが、マミーマートのプライベートブランドはトップクラスに満足度が高く、個人的にはとっても気に入っています。

▼詳しくはこちらの記事で
地味〜に神レベル!埼玉民の愛用スーパー「マミーマート」実は受賞もしてた「優秀惣菜TOP3」

この美味しさは反則でしょ!ミックスナポリ風ピザの実食レポ

▲マミーマート「ミックスナポリ風ピザ」399円(税別)

マミーマートでは「mami+EnjoyLife!」というプライベートブランドを展開(※2)しています。マミーマート「ミックスナポリ風ピザ」も「mami+EnjoyLife!」の商品の1つ。なんとなく購入したところ、とっても美味しくてリピ買いしまくっています。

マミーマートのピザ:調理方法は?

  • オーブントースターで調理・・・約4分(1000W)
  • オーブンレンジで調理・・・約5分(250℃)

マミーマートのピザは電子レンジ調理はできません。この辺はちょっと不便に感じますね。我が家はオープントースターやオーブンレンジを持ち合わせていないため、魚焼きグリルでマミーマートのピザを温めました。

約5分で完成しました。

もっちもちのピザ生地

ピザはカットされていないので、自分で切りました。包丁でピザを切る時に、ピザ生地はまとわりつくような感覚があり、少々切りにいのが難点ですね。

しかし、ピザ生地を口の中にいれてみると納得。ピザ生地もっちりとしているのです。

見た目は薄っぺらいピザ生地ですが、想像以上にもっちもち。

安価なピザを買ってもパサついていたり、柔らかくてもせいぜい食パン程度の食感でとどまる事が多い中、マミーマートのピザは異質かもしれません。低価格帯のピザなのに、ピザ生地を美味しいと感じたのははじめてでした。

はじめてマミーマートのピザを購入した時は、「ピザ生地がすごく美味しい」と夫と盛り上がりましたよ。

もうピザチェーン店でピザ注文しなくてもいいかも……

ピザ生地も美味しいですが、具材も良い味出しています。トマトが主張してくるような単純な味ではなく、ピーマンやソーセージの香ばしさや苦みなどもソースと絡み合って深みのある味わいに仕上がっています。

「小さな子どもは苦手かな?」と予想していましたが、我が家の4歳と2歳が気にする様子はありません。個人的には油っこくないため、食べやすいのも嬉しいポイントですね。

399円(税別)と低価格帯のピザですが、人によってはピザチェーン店のピザよりも美味しく感じるかもしれません。スタンダードな味であれば、マミーマートのプライベートブランドのピザで充分事足りるのかな……というのが正直な感想です。

濃厚チーズが良いアクセントに・カマンベールピザの実食レポ

▲マミーマート「カマンベールピザ」399円(税別)

カマンベールがたっぷりのマミーマート「カマンベールピザ」。通常価格399円(税別)のところ、賞味期限当日のものが280円(税別)で販売されていました。

チーズ好き歓喜のピザ

もっちりなピザ生地と濃厚なカマンベールチーズのと相性は最高です。カマンベールチーズは濃厚ながらもクセのないシンプル味わい。

ところどころカマンベールチーズのかたまりがあって、食感の違いも楽しめます。とにかく濃厚なカマンベールは美味しい!

我が家ではこの手のピザを買った時に、物足りなさを感じたら自宅にあるピザ用チーズを足して焼き直しすることもありますが、マミーマート「カマンベールピザ」は濃厚なので必要なし。チーズ大好きな夫は非常に満足していました。

日清食品と共同開発・旨味の一杯シリーズ(醤油・味噌)の実食レポ

マミーマートでは「CGC」というマークがついているプライベートブランドも取り扱っています。CGCとは、各地の中堅・中小スーパーマーケットが結集したグループのこと(※3)。マミーマートはCGCグループの加盟店なんです(※4)。

▲マミーマート「旨味の一杯 醤油」88円(税別)

旨味の一杯醤油は、通常サイズのカップ麺ながら88円(税別)とお得。CGCブランドではありますが、製造元は日清食品です。醤油以外にも、味噌やシーフードなどの味がありましたよ。

具材たっぷり

安価なカップ麺ですが、具材はたっぷりと入っています。他メーカーのカップ麺と比較してみても見劣りはしません。

メーカーのカップ麺と変わらない美味しさ

味は比較的濃いめ。醬油の味ががつんときいていました。縮れている麺もカップ麺ではおなじみですよね。他メーカーのカップ麺と同等の味わいですね。オーソドックスなカップ麺が好きであれば、口に合うと思います。

味噌も相変わらずの美味しさ

▲マミーマート「旨味の一杯味噌」88円(税別)

旨味の一杯 味噌も実食。

味噌のコクと旨味がしっかりと感じ取れるカップ麺でした。ジャンキー感は否めないですが、カップ麺としては美味しい部類に入ると思います。なにしろ88円(税別)と低価格ながらも安定感のある味に仕上げているのが◎。

おやつにおすすめ・奥中山高原牛乳使用 焼ドーナツの実食レポ

▲マミーマート「奥中山高原牛乳使用 焼ドーナツ」198円(税別)

マミーマートのプライベートブランド「mami+EnjoyLife!」は、スイーツの種類も豊富。今回は購入していませんが、インパクト大の「マミーロール」やスイーツとして定番のシュークリームやエクレアなどもありますよ。

今回は、マミーマート「奥中山高原牛乳使用 焼ドーナツ」198円(税別)をご紹介します。

パサッとしつつも濃厚なミルク味がクセになる

マミーマート「奥中山高原牛乳使用 焼ドーナツ」を一言で表現すると、「ミルキーでクセになる小振りな焼きドーナツ」といったところでしょうか。パサつきがあるため、好き嫌いがわかれそうなスイーツですが、私と子どもたちは大好きで、リピ買いしています。

口の中いっぱいに広がるミルキーな味わい。牛乳大好きな子どもたちは気に入っています。焼きドーナツの生地はパサつきがあるため、食べている最中に生地がボロボロと落ちてしまう&歯にまとわりつく感覚はちょっとマイナスポイント。

すごく美味しいわけではありませんがなんだかクセになる味で、不思議な魅力を感じる焼きドーナツです。

マミーマートのプライベートブランド食品はクオリティ高し

マミーマートのプライベートブランド食品は満足度の高いものが多く、「リピ買いしたい」と思えるようなものが多く存在します。

特にマミーマートのプライベートブランドピザは、隠れた絶品ピザだと思います。マミーマートのピザを知ったら、他メーカーのピザに戻れないほどの美味しさ。手頃な価格帯なので、マミーマートへ行くとついついレジまで運んでしまっています(笑)。

マミーマートそのものは地味なスーパーですが、プライベートブランド食品の質は高いです。マミーマートへ行く機会があれば、是非ともお試しくださいね。

※2020年3月現在の情報です。記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

※1 マミーマート お弁当・お惣菜大賞2020受賞しました
※2 マミーマート Enjoy Life!
※3 株式会社シジシージャパン CGCグループとは
※4 株式会社シジシージャパン 関東地区の加盟企業

相場一花
ライター

夫・1男1女の4人家族。食べる事が大好きなグルメライターです。 シャトレーゼ&業務スーパー歴は10年以上!常においしいものを探し求めています。 また、家族で地元近辺のレジャー施設巡りをするのが趣味。地元・わが街プロジェクトのライターとしても活動中。

相場一花 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事