【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

お弁当にカレーは…超アリ!インスタで1.4万投稿の人気「#カレー弁当」5選

  • 2020年03月26日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

子どもから大人まで、大好きな定番料理「カレー」。
カレー好きならランチでも食べたいところですが、どうやって持っていけば?と、お弁当にカレーは少し難易度が高いかもしれません。

そこで、今回は簡単に作れるインスタで話題の「カレー弁当」を5選ご紹介したいと思います。
カレーといっても作り方次第でいろいろアレンジができちゃいますよ。

ランチジャーで「サラダ付きカレー弁当」

MIHOさん(@nanamihonoka_ben)がシェアした投稿 -

温かいごはんに、温かいカレーが食べたい!そう思う方は多いですよね。そこで活用するのがランチジャー(保温弁当箱)です。カレーの保温にもとても最適ですね。

こちらの写真のように、カレーとの相性は抜群、エビフライやたまご、サラダも付ければお腹も栄養も満点ですよね。食べ盛りの子どもや夫がうれしいカレー弁当です!

ガッツリ食べたい「ボリューム満点ドライカレー弁当」

Natsuko. Sさん(@natsu4659)がシェアした投稿 -

どんなカレー弁当を作ろうか悩んだとき。忘れていませんか?
「ドライカレー」があります!ドライカレーも子どもから大人まで大好きですよね。

キーマカレーと何が違うの?と疑問に思う方も多いですよね。キーマカレーは「ひき肉を使ったカレー」ドライカレーは「汁気のないそぼろ状のカレー」です。似ていますが違う料理なんですよ。

こちらのお弁当はとてもボリューム満点で、食欲をそそられますね。茄子のドライカレーをはじめ、かわいらしい目玉焼き、ミートソースパスタも魅力的です。

ガッツリ食べて体力をつけたいですよね!いつもと違ったカレー弁当をぜひ!

汁気なしで持ち運びラク!彩り鮮やか「キーマカレー弁当」

ichikoさん(@happinessbento)がシェアした投稿 -

「カレー弁当」と聞くと、白いごはんにカレーがかかっているお弁当をイメージしますよね。しかし、作り方次第でアレンジができちゃうのです!

写真のカレー弁当は、野菜とお豆腐を使ったキーマカレーです。お弁当箱からカレーが漏れてしまう心配もなく、ごはんと一緒に食べられるのでとってもおすすめですよ。

そしてお弁当箱のふたを開けた途端、目に入るのが「彩り豊かなおかず」ですよね。ちくわにオクラを詰めたり、ウインナーをお花の形にしたりと、カレー弁当だと茶弁になりがちですが、おかずのアレンジ次第でとても鮮やかなカレー弁当ができますね。

おかず別添えでボリューム満点!「キーマカレー弁当」

あぽろにあさん(@aporonia1783)がシェアした投稿 -

こちらのカレー弁当も温かさをキープできる保温弁当箱を使用していますね。そしてカレーとともに目を引くのがたくさんのおかずです。

カレーとごはんだけでも十分おいしいですが、おかずがたくさんあるとお弁当を食べるのがとても楽しくなり、食欲もそそられますよね。

定番のたまごとウインナーに加え、黄色と緑のズッキーニが入っていますね。子どもが大好きなポテトフライも入っています。ボリューム満点なので、旦那さん用にはカレーの辛さを変えるのもおすすめです!

子どもだって大好き!「カラフルカレー弁当」

sunaoさん(@onasuutosa)がシェアした投稿 -

子どもだってカレーが食べたくなりますよね。こちらのカレー弁当は、ふたを開けると思わず笑顔になってしまうようなわくわくするお弁当です。

100均セリアのボヌールなら、パッキンが付いているので密閉できて持ち運びしやすいですね。

一見地味な色合いになってしまうカレー弁当ですが、カラフルパスタを使ったり、たまごの黄身を利用するなど、とても工夫されています。

食欲そそる「カレー弁当」を楽しみましょう

みんな大好き「カレー弁当」!カレーで体力をつけましょう。

「お弁当にカレーは大丈夫なの?」疑問に思う方も多いと思います。アレンジの仕方や、お弁当箱の機能によって、カレーはお弁当として持っていけます!おかずの種類や辛さを変えて、子どもから大人まで満足できる「カレー弁当」をぜひ作ってみてくださいね。

※食材は良く加熱し、よく冷ましてからお弁当箱に詰めてください(保温弁当を使用する場合は、温かいうちに詰めてください) 。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事