【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

カルディの本気が炸裂!「レトルトって絶対バレない!?」本格グルメ3品を正直レビュー

  • 2020年03月28日公開

こんにちは。ヨムーノライターの相場一花です。 数年前になんとなくカルディ店内へ入ってから、すっかりカルディファンになりました。

カルディと言えば、コーヒーのイメージが強いですが、カルディオリジナルカレーもおすすめです。

今回は、カルディオリジナルカレー「インドカレー キーマカレー」「インドカレー チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)」「インドカレー バターチキン」の3種類を紹介します!

コーヒーだけじゃない!カルディオリジナルカレーにも注目!

店名の通りカルディはコーヒーをメインとして販売していますが、多種多彩なカルディオリジナル商品も販売されています。

ヨムーノライターがつい買ってしまう!人気アイテムまとめ

カルディでおすすめのお菓子・おつまみ・デザートまとめ

中でもカルディオリジナルカレーは、本格派インドカレーを意識したスパイシーな味付けのものが多く、スーパーや食料品などで販売されているカレーとは一線を画していると思います。

パッケージもなんとなくインドっぽさが出ているような……。思わずパッケージ買いしてしまいそうなデザインです!

辛さがたまらない!「インドカレー キーマカレー」

  • カルディオリジナルカレー「インドカレー キーマカレー」286円(税込)

着飾ったぞうさんのパッケージが目印のカルディオリジナルカレー「インドカレー キーマカレー」。1食分で286円(税込)ですので、少々高めの値段設定です。

カルディオンラインショップの商品紹介を確認すると、辛さは星4つ(最高星5つ)。辛いカレーが苦手な人はキツイかもしれません。

調理方法は?

カルディオリジナルカレー「インドカレー キーマカレー」を含め、今回紹介するカレーはレトルトタイプ。調理方法は以下の2通り。

  • 湯せん(袋に入れた状態のまま、沸騰したお湯の中で約5分加熱)
  • 電子レンジ(袋からカレールーを出し、耐熱容器の上にカレールーを移し替えてラップをする。500Wで約2分温める)

湯せんだけなく、電子レンジ調理ができるのは便利でいいですね!

カレールーはサラサラしているので注意!

「インドカレー キーマカレー」は想像以上にサラサラとしています。ほとんど液体に近いですね。袋からカレールーを移し替える時に袋をひっくり返すと、勢いよくカレールーが出てきますので注意して下さい。

スパイシーなカレーで辛いのが好きな人向け

想像通りでしたが、香辛料がガツンと効いていてスパイシーな味に仕上がっていました。国内メーカーの辛口カレーとは全く別物の辛みが感じ取れましたね。辛さが苦手な人にはおすすめはできません。この味を自宅で再現するのは難しそうです。

また、カレールーがサラサラしている関係で、スープカレーを食べているような感覚でした。味自体は濃いので、ごはんとカレールーの味がうまく絡み合っていましたよ。

鶏のひき肉は惜しみなく入っています。原材料を確認すると、玉ねぎとトマトが入っているはずですが、形が残っているものは鶏のひき肉だけでしたね。子どもには辛すぎたようで、4歳の子どもは一口つけて「もういい」と言ってました……。

ひよこ豆が良いアクセントに!「インドカレー チャナマサラ」

  • カルディオリジナルカレー「インドカレー チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)」312円(税込)

カルディオリジナルカレー「インドカレー チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)」。ひよこ豆がたくさん入っていて、カレールーはフライドオニオンとトマトを混ぜて香辛料で炒めているのが特徴です。トマト系スパイシーカレーで、辛さは星3つと中辛。

トマトベースのカレールーでやや辛め

「カレーは中辛が一番」と思っている私には、やや辛めに感じました。トマトベースの酸味と香辛料の辛さのバランスはちょうどいいですが、カレールー自体はピリッときます。

しかし、ひよこ豆があることで辛さが緩和され、全体的には中辛という表現で間違っていないかなと思います。

カレーの中辛を難なく食べられる人であれば、辛すぎてNG!ということはなさそう。4歳の子どもは「ちょっと辛い」という意見でしたので、中辛も辛く感じる人には辛すぎるのかもしれません。

ひよこ豆はたっぷり入ってます

ひよこ豆がおしげもなく入ってるのは、嬉しいポイントですね。
ひよこ豆自体の味はカレーの辛みが強くて正直よくわかりませんが、カレーのスパイシーな味を邪魔することもなく良いアクセントになっていました。また、ひよこ豆があることで、食感も楽しめていいですね。

マイルドでコクがある!「インドカレー バターチキン」

  • カルディオリジナルカレー「インドカレー バターチキン」342円(税込)

今回購入したカルディオリジナルカレーの中でも一番お値段が高い「インドカレー バターチキン」。342円(税込)は、レトルトカレーとしてはわりと高い部類に入るのではないでしょうか。鶏肉が入っている関係で値段が上がったのかもしれませんね……。

カルディオンラインショップでは、辛さは星2つと記載されています。「本格的なインドカレーを食べたいけれど、辛さは控えめの方が嬉しい……」という人のニーズに合った商品ですね。

なお、カレールーには小麦粉を使用していないのだとか。トマトをベースに作られているので、バターチキンカレーとはいえ、人によってはトマト風味を感じ取れそうですよね。

カレールーはもったり感が強い

今回紹介した「インドカレー キーマカレー」や「インドカレー チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)」とは違い、「インドカレー バターチキン」は、カレールーがもったりとしていました。ごはんだけでなく、ナンにもよく絡み合うのでおすすめですね。

思ったよりも形の残っているチキンは少なめなのが、残念なところ。ただし、味はココナッツミルクやバターがきいていて、かなりミルキーでコクがあります。辛さも控えめ。

個人的には今回紹介している3種類のカルディオリジナルカレーの中で、「インドカレー バターチキン」はダントツで気に入っています。

子どもに大好評!

濃厚でミルキーな味わいは、我が家の4歳と2歳の子ども達に大好評でした。辛い料理が得意ではない4歳の息子も与えた分を残さず完食していたのは印象的です。

「2歳の子どもに本格インドカレーは早いだろう……」と思っていましたが、2歳の娘は気にすることなく食べてました。2人共「辛い」といった主旨の言動は一切出てきていません。

辛いカレーが不得意な人も、「インドカレー バターチキン」は食べられる可能性が高いと思います!

カルディオリジナルカレーはオンラインショップでも購入できる

今回紹介したカルディオリジナルカレーを含めカルディで販売されているカレーは、カルディオンラインショップからも購入できますよ。

「カルディに行ってみたけど、お目当てのカレーがなかった」
「カルディの店舗まで中々いけない」

とお悩みの人は是非ともカルディオンラインショップを活用して下さいね。

カルディオリジナルカレーは香辛料が効いていて本格派!

カルディオリジナルカレーは、使用している香辛料が工夫されているのか、国内メーカーのカレーとはひと味違ったスパイシーなカレーを楽しめます。

今回紹介しているカルディオリジナルカレー以外にも、魅力的なオリジナルカレーはたくさんあります。是非ともカルディ店内及びカルディオンラインショップでお気に入りのカレーを探してみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

相場一花
ライター

夫・1男1女の4人家族。食べる事が大好きなグルメライターです。 シャトレーゼ&業務スーパー歴は10年以上!常においしいものを探し求めています。 また、家族で地元近辺のレジャー施設巡りをするのが趣味。地元・わが街プロジェクトのライターとしても活動中。

相場一花 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事