【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

「週2,500円予算」で無理せず成功!食費節約達人が「コレ買えば間違いない」3大食材

  • 2020年03月28日公開

こんにちは。3年半の会社員を経て現在はフリーで活動しているヨムーノライターのAsunaです。

生活費の大部分を占める、食費。 わが家は夫婦2人、食費週2500円をキープしています。つまり4週の月は食費1万円。5週の月は食費1万2500円ということ!

食費は固定費の見直しなどより手間がすくないぶん、ラクにとりくめる費目です。なので、なるべく節約したいですよね。今回は、私がオススメする食費節約に効果的だった「まとめ買い」について紹介します。最後にオススメ食材や、保存法も紹介するので、ぜひ読んでみてください!

夫婦2人の食費設定や節約に少しでも参考になれば嬉しいです。

【夫婦2人、食費週2500円の買い方】スーパーで「週1回まとめ買い」

私は、食材を1週間分まとめ買いするようにしています。

その理由

  • 買い出しのことは週1だけ考えればいい

  • 毎日買い物をすると余計なものを買う

  • 特売日に買うことで安く食材をゲット

こんな感じです。
夫婦2人で1週間分、予算は2,500円。近所のスーパーの特売日である土曜日に買い出しにいきます。土曜日だけ、買い出しのことを考えればいいので、毎日考えるよりもストレスフリーになりました。

また、頻繁に買い物に行くと絶対に余計なものを買うと思っています。

スーパーはついでに買いたくなるような商品陳列です。何か買ってしまうのは当たり前なのです。なので、土曜以外はスーパーに近づきません。(笑)

【夫婦2人、食費週2500円の乗り切り術】食材が少ないなら「あるもので勝負」

まとめ買いをする日を決めたら、その日以外は買い足さないようにします。

「あるものだけで勝負する」という考え方

レシピに載っている食材がない場合でも、代用品を探したり、食材を省いて作るようにしたり。

たとえば、豚汁を作りたいけど、白菜がない!という場合でも、キャベツがあれば入れてしまいます。夫からも「キャベツの豚汁は初めて食べたけど、美味しい」と好評をもらいました。

このように、食材は基本的に買い足さずに、ある食材だけでできる料理をすることがポイントです!

【夫婦2人、食費週2500円の予算キープ術】「買い物リスト」に頼る

まとめ買いをするときは、金額を設定します。ご自身が普段管理している食費を、まとめ買いの頻度で割って算出しましょう。

我が家の場合

月の食材予算1万円/月4回の買い物頻度=1回2,500円が設定金額になります(ただし、外食は別予算で管理)。

スーパーに行くときは、この設定金額を下回ることはあっても、オーバーはしないように気をつけます。

オーバーしないコツ

  • 買い物リスト以外を買わない

  • 買う物をカゴに入れた後、ざっと値段を計算する

場合によっては会計前に減らすものもあります。
魅力的な陳列を見たらつい買いたくなったり、特売品が多かったりと、うっかり買い過ぎてしまいがち。ですが、ここは冷静に。自分の設定金額を守り抜きましょう。食費節約でいちばん大切なことは、「予算をキープすること」なのです!

【夫婦2人、食費週2500円のモチベUP術】冷蔵庫空っぽデーを快感に!

まとめ買いで買い物をしたら、次のまとめ買いまで、上手にやりくりして食材を使っていきます。

そして、次の買い物日には冷蔵庫の食材を全て使いきり、空にする。この快感を覚えるとまとめ買いがとても楽しくなります。

無駄なく、良い買い物ができたという成果だと思っています。 余談ですが、定期的に冷蔵庫を空にすると、定期的に庫内の掃除もできるのでオススメ!

【夫婦2人、食費週2500円の買い方】まとめ買いに最適な長持ち食材

ここまで、まとめ買いの方法をお伝えしてきました。では実際にオススメ食材を紹介していきたいと思います。

玉ねぎ

玉ねぎは、腐りにくく何にでも使えるからオススメ。また、栄養もあり、カサ増しできるのもポイント。

白菜

白菜は我が家では一軍です(笑)。
鍋に入れたり、味噌汁に入れたり。一枚ずつ剥がして、必要な分を使えるから大活躍です。

焼きそば麺・ちゃんぽん麺は、時間がないときに楽できるのでオススメ。

焼きそばだけでも、ソース焼きそば、オムそば、塩焼きそば、あんかけ焼きそばなど、簡単でボリューミーな料理ができます。

また、冷凍しておき、鍋の締めに投入することも。

その他よく買う食材

・鶏肉
・ひき肉
・豆腐
・納豆
・卵
・人参
・ほうれん草
・牛乳
・キャベツ
・ブロッコリー
・じゃがいも
・もやし
・きゅうり

【夫婦2人、食費週2500円の使い切り術】まとめ買いに効く食材保存法

まとめ買いした食材は、2〜3日以内に保存のために処理をします。冷凍できるものは冷凍。冷蔵でいけるものは冷蔵庫に保存します。

肉の保存

肉は、使いやすい大きさにカットしてラップで包み、種類ごとにファスナー付きの食料保存袋に収納します。それを冷凍庫にストックして、必要なときに解凍して料理に使います。

例えばこの週は、鶏むね肉、合挽肉を購入しましたので、それぞれ写真のように保存しました(鶏皮は夫が食べないので、私のおつまみ用に分けました)。

野菜の保存

野菜は、冷蔵で使い切る分は冷蔵、使い切らない分はカットして冷凍します。

冷凍のコツは、野菜ミックスを作ること。 何種類かの食材を食べやすい大きさにカットして、ジップロックに入れて冷凍するだけ。

例えば私は、玉ねぎ、人参、しめじをミックス。お味噌汁や炒め物にサッと混ぜることで時短になります。

ただし、冷凍の野菜は食感が落ちますので、スープや炒め物、煮物など、シャキシャキ感が失われても問題ない料理に向いています。

【まとめ】食費節約は、月予算より週予算のほうが管理がラク

いかがでしたでしょうか? じつは食費こそ、月予算より、週予算で管理するほうがラクなんですよね。週予算を守るための必殺テク「まとめ買い」で、食費節約を楽しみましょう♪

最後にここまでを簡単にまとめます。

・まとめ買いで余計なものを買う機会を減らす
・買い足さず、家にある食材だけで料理する
・会計前に金額をチェックし、設定金額を死守!
・冷蔵庫を空にする快感を覚える

皆さんにとって、少しでも役立つ情報になると嬉しいです♪

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事