【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

【究極の地味弁】朝ラクでいいんです!ガツンと食欲そそる「茶弁」5選

  • 2020年03月29日公開

毎朝つくるお弁当。可愛くておしゃれなものを作らなければいけないと焦っている方も多いのではないでしょうか?

ですが、いまは反対に、色味がない「地味弁」がとても話題になっています。地味だからこそ食欲がそそられるのです。

今回はオススメの地味弁を5つピックアップしてみました。日々のお弁当づくりのアレンジにぜひ参考にしてみてください。

ど真ん中に焼き鮭を!シンプルな「焼き魚地味弁」

最初にご紹介する地味弁は「焼き魚弁当」です。お弁当の真ん中にどっしりと焼き鮭がのっています。

見た目は決して派手ではありません。ですが、シンプルだからこそ、具材が際立ち、見ているだけで食欲が刺激されますね。

白米ではなくひじきご飯にすることで、おしゃれな印象も与えてくれます。地味弁だからこそ統一感のある魅力的なお弁当です。

作り置きでもOK「なんでも詰め込み弁当」

可愛らしいお弁当をつくろうと、中にいれる具材に悩んでしまう人は少なくありません。おかずの色や配置、形まで考えなければいけませんよね。

ですが、地味弁であれば心配いりません。色々なおかずをミックスした詰め込み弁当でも美味しそうに見せることができます。

作り置きしておいた具材をいれるだけなので、とても簡単。一度でいくつものおかずを楽しむこともできます。

お子さんもふたを開けてワクワクすること間違いなしです。木のお弁当箱をつかえば、見映えもおしゃれになるためオススメですよ。

みんな大好きド定番「ハンバーグ弁当」  

お弁当の定番といえば「ハンバーグ弁当」。子どもから大人まで、みんなが大好きなお弁当ですよね。  

可愛らしいお弁当には茶色いハンバーグは入れづらいかもしれません。ですが地味弁であれば大丈夫です。  

ぎっしりと敷きつめたご飯のうえに、丸いハンバーグをのせてあげればハンバーグ弁当のできあがり。ポテト、ミニトマト、インゲンといったシンプルな具材がハンバーグの魅力を引き立てています。  

目玉焼きをのせてあげると、ちょっとした可愛らしさも感じさせてくれますよ。丸いハンバーグの弁当には、丸いお弁当箱が相性抜群です。  

麺類をメインに「塩焼きそば弁当」

地味弁の中身はご飯だけではありません。麺類だって気軽にお弁当にすることもできます。こちらの写真は海老とホタテの塩焼きそば弁当。

決して派手な見た目ではありませんが、海鮮たっぷりの焼きそばは見ているだけで食欲がそそられますね。

もちろんパスタでも大丈夫です。手間もかからず簡単に作ることができます。忙しい朝にはぴったりなお弁当といえるでしょう。

お手軽に作れる「炒飯弁当」

お弁当づくりのために、毎朝はやく起きている方は多いでしょう。特に気合いをいれて可愛らしいお弁当を作ろうと思うと、大変ですよね。

そのような時にオススメなのは炒飯弁当。ご飯と具材をパパっと炒めればお弁当のできあがりです。

お米たっぷりのお弁当は旦那さんやお子さんに喜ばれること間違いありません。写真のように高菜をつかった炒飯もいいでしょう。

スタンダードな味のものから、キムチ風まで種類はたくさんあります。食材が少ないときや、時間がないときにぴったりですよ。

食欲をそそる地味弁づくりに挑戦しましょう

地味弁の見た目は、一見味気ないかもしれません。可愛らしいデコ弁などと比べれば、華やかさは欠けるでしょう。

ですが、地味だからこそのメリットもたくさんあります。食材の魅力が引き立てられ、食欲がそそられます。手間もかからず時短にも繋がりますね。

ぜひこの記事を参考に地味弁づくりに挑戦してみてください。日々のお弁当作りが少し楽しくなるかもしれませんよ。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事