【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

今おうち時間の神!シャトレーゼ「100円台からの贅沢カップ系BEST4」発見したらラッキー♡

  • 2020年04月05日公開

こんにちは!自宅から徒歩圏内にシャトレーゼ。シャトレーゼは日々の生活に欠かせない存在となっているヨムーノライターの相場一花です。

シャトレーゼでは美味しくてお手頃価格のスイーツがたくさん。どれも魅力的なスイーツばかりです。中でも手を汚さずに食べられる「カップデザート」は、ながら食べもできるので重宝しています。

今回はシャトレーゼのカップデザート「無添加 契約農場たまごのプリン」「プレミアムプリン」「北海道マスカルポーネのティラミス」「白州名水 十勝小豆 栗ぜんざい」をご紹介します。

洋菓子から和菓子まで!シャトレーゼにはカップデザートが豊富

シャトレーゼでは、手軽に食べられるカップデザートのラインナップが豊富です。2020年4月現在、シャトレーゼの公式サイトでは「カップデザート」に区分されているのは3点のみ(※1)ですが、「プリン」「その他和菓子」など別のカテゴリーに区分されているカップデザートもあります。

店内に足を運んでみるとプリンやゼリー、あんみつなど洋菓子から和菓子まで色々なカップデザートがあります。

カップデザートは、食べる時に手やテーブルが汚れる心配が少ないのがいいですよね。

たまごの美味しさが最高!無添加 契約農場たまごのプリンの正直レポ

▲シャトレーゼのカップデザート「無添加 契約農場たまごのプリン」100円(税別)

シャトレーゼの契約農家から取り寄せた卵を使用した「無添加 契約農場たまごのプリン」100円(税別)。スーパーでよくみかけるプリンと同じくらいのサイズ感で100円(税別)です。サイズ・値段共にごくごく普通のプリンですね。

原材料は「牛乳、卵、砂糖、カラメルシロップ」とシンプル。余計なものは入っておりません。

たまごの味が強め

プリンはたまごの主張が強め。プリンはほどよい柔らかさでした。良くも悪くもシンプルです。特筆するほど美味しいとは感じませんでした。たまごの味が強めに出ている普通のプリンですね。

下の方にはカラメルが入っていますよ。一般的なスーパーで販売しているプリンが好きであれば、口に合うと思います。原材料を気にしている人にはいいのかもしれませんが、わざわざ「無添加 契約農場たまごのプリン」を買う理由はあまりないのかなという印象です。

なめらかでプレミア感あるかも!プレミアムプリンの正直レポ

▲シャトレーゼのカップデザート「プレミアムプリン」150円(税別)

卵黄を多く使用してより卵のコクを出し、なめらかさにもこだわりを持って開発されたシャトレーゼの「プレミアムプリン」150円(税別)。

上で紹介した「無添加 契約農場たまごのプリン」と同じサイズですが、こだわり度の違いからか、お値段は50円高くなっています。

はたして「無添加 契約農場たまごのプリン」との違いをしっかりと出すほどのプレミアム感はあるのでしょうか……。

全体的になめらかなプリン

スプーンですくってみると生クリームの量が結構多い!口の中に入れるとあっという間にとけてしまうほどまろやか……!プリンも負けじととろけます。下の方にはカラメルが入っていますが、個人的には生クリームやプリントの一体感が取れていないのでいらないかな……。

「無添加 契約農場たまごのプリン」よりも50円高い理由に納得です。プレミアムプリンは、シャトレーゼにあるカップデザートの中でもトップクラスにおすすめ度の高い名品!なめらかプリンが好きな人は、是非ともお試しいただきたいですね。

カロリーの高さが難点……

味には申し分ないシャトレーゼのプレミアムプリン。しかし、1個あたり266kcalと高カロリーなので、気軽には食べられないですね。厚生労働省が推奨しているおやつの摂取カロリーは、200kcal(※2)。

ちょっとカロリーオーバーですね。私はカロリーが気になったので、4歳と2歳の子ども達とシェアしながら食べました。

店頭で見かけたらラッキーかも・北海道マスカルポーネのティラミスの正直レポ

▲シャトレーゼのカップデザート「北海道マスカルポーネのティラミス」220円(税別)

北海道産のマスカルポーネをふんだんに使用したシャトレーゼの「北海道マスカルポーネのティラミス」220円(税別)。シャトレーゼのカップデザートとしてはお値段が高め。

私は2020年4月にシャトレーゼ店内で「北海道マスカルポーネのティラミス」を発見。後で、シャトレーゼ公式サイトで「北海道マスカルポーネのティラミス」について調べようとしましたが、商品紹介にはない……。

では、限定品なのかと調べてみたところ、2018年11月に期間限定で行われていた「北海道素材フェア」で登場した商品としてラインナップされていました(※3)。

もしかしたら、好評だったのでレギュラー商品になったのかもしれませんね。いずれにしても、シャトレーゼ公式サイトで記載のない商品なので、わりとレアなのかな……? 店頭で「北海道マスカルポーネのティラミス」を見つけたらラッキーなのかもしれません。

マスカルポーネはどこにいったのだろう

とにかくホイップクリームがたくさん入っていて、クリーミーなティラミスに仕上がっています。もちろん、コーヒーのほろ苦さもありますが、クリーム感のほうが強めでしたね。ガッツリほろ苦いティラミスを求めている人の口には合わないかも。

また、マスカルポーネの味がわかりませんでした。マスカルポーネはどこにいったのでしょうか。もうちょっとチーズのねっちょりした味を期待していたのですが……。クリーミーで美味しいティラミスですが、賛否がわかれそうな感じ。

とっても甘い・白州名水 十勝小豆 栗ぜんざいの正直レポ

▲シャトレーゼのカップデザート「白州名水 十勝小豆 栗ぜんざい」160円(税別)

白州の名水で炊き上げた北海道十勝産の小豆をたっぷりと使用したシャトレーゼ「白州名水 十勝小豆 栗ぜんざい」160円(税別)。

上記写真からもおわかりいただけると思いますが、小豆がカップいっぱいに入っており、小豆好きな人にはたまらない1品でしょう。

甘さが強い!

口の中に入れると広がる小豆の甘み。私は小豆が大好きですが、甘みが強すぎていつも家族に食べるのを手伝ってもらってます……。

栗は申し訳ない程度で入っています。小豆の甘みが強すぎて、栗の存在感はほとんどありませんね。ぼーっとして食べていたら、栗が入っていることに気が付かないかも。

汁っ気がなくて食べにくい……

栗ぜんざいという商品名ではあるのもの、汁っ気はゼロ。寒天みたいなものに小豆と栗が包まれているだけ……。スプーンですくおうとすると、小豆と栗が落っこちそうになるため、ながら食べするのは難しいですね。なんで汁っ気がないのでしょうか……不思議です。

食べやすいのが利点のカップデザートなのに、ちょっと残念感ありますね。

シャトレーゼのカップデザートにも注目!

シャトレーゼへ行くとどうしてもケーキやアイスが目につきますが、ラインナップ豊富なカップデザートも美味しいですよ。特にシャトレーゼのプレミアムプリンは、シャトレーゼへ足を運んででもいただきたい逸品。

「シャトレーゼのカップデザートは食べたことがない」という人は、是非ともカップデザートにも目を向けてみてくださいね。

なお、今回紹介したシャトレーゼのカップデザート「無添加 契約農場たまごのプリン」と「白州名水 十勝小豆 栗ぜんざい」はシャトレーゼオンラインショップでも取り寄せ可能です。

みなさんもシャトレーゼでお気に入りのカップデザートを見つけてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※2020年4月現在の情報です。記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

※1 シャトレーゼ 洋菓子
※2 厚生労働省 e-ヘルスネット 間食のエネルギー
※3 シャトレーゼ公式 ツイッター

相場一花
ライター

夫・1男1女の4人家族。食べる事が大好きなグルメライターです。 シャトレーゼ&業務スーパー歴は10年以上!常においしいものを探し求めています。 また、家族で地元近辺のレジャー施設巡りをするのが趣味。地元・わが街プロジェクトのライターとしても活動中。

相場一花 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事