【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

テレビ紹介後、品切れ続出!ワークマン「1,900円シューズ」即買い♡メリット・デメリット発見

  • 2020年04月05日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

ワークマンのプライベートブランド「ワークマンベスト」から「ファイングリップシューズ」をご紹介します。
突然なぜ「ファイングリップシューズ」をご紹介するかと言いますと……。

ワークマン公式ホームページ( https://workman.jp/shop/g/g2300055112016/ )をチェックしていると……ファイングリップシューズは「がっちりマンデー」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「サンデー・ジャポン」「シューイチ」「ZIP!」「めざましテレビ」「プライムニュースイブニング」で放送されSNSで話題になっているとのこと!!

在庫切れ続出の話題のワークマンに早速買いに行ってきました。

ファイングリップシューズ 1,900円(税込)

▲商品番号:CB400

ファイングリップシューズは、ワークマンのECサイトカテゴリでは『コックシューズ・厨房靴・衛生長靴』のジャンルです。

厨房用のシューズとして業務用に作られている商品で、濡れにくく滑りにくい構造になっています(防水ではありません)。

そのため靴としては表面が少し固めの作りになっています。
また片足約200gと、とても軽量で一般的なシューズに比べてやや幅広の構造になっているのが特徴です。

店頭ではレディース用に山吹色よりのベージュもありました。
靴の表面が少し凸凹している素材になっていて業務用の厨房靴とは言われなければ気づかないと思います。

※ワークマン公式オンラインストアでは在庫切れのサイズもかなり出ているようです

ファイングリップシューズのメリット

・価格が安い
・スリッポンタイプで脱ぎ穿きしやすい ・滑りにくい
・濡れにくい

ファイングリップシューズのデメリット

・軽すぎてかえって足が疲れる
・生地が硬いので足の甲が高い人などはあたった部分が痛くなる
・側面の白い部分が安っぽく見える(実際安いのですが……)

まとめ

雨の日でも滑りにくく、玄関や庭周辺で水を使った掃除には重宝しているシューズですが、やはり厨房用だけあって長時間屋外で動き回る時は履き替えましょう(笑)。

ただ、価格に反して素材や生地の丈夫さからコスパは良いと思います。店舗によっては置いていない商品もあるかもしれませんが、店員さんに注文すれば取り寄せることも可能です。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事