【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

今セブンが【外出自粛】の神!「本当に頼れる冷凍食品BEST6」意外と激ウマ♡ご飯作りの救世主

  • 2020年04月07日公開

こんにちは、新型コロナの影響により家で過ごす時間が増え、毎日のごはん作りに悩まされているヨムーノ編集部です。

外出自粛を余儀なくされたみなさま、家で自炊する機会が増えて大変だと思います。

毎日3食栄養たっぷりのごはんを作れたら最高ですが、仕事や家事をしつつ、子どもの相手をしつつとなるとそんな余裕がない日もあるはずです。そんな時に、頼りになるセブンイレブンの冷凍食品を紹介します。

コンビニの冷凍食品って、抵抗がある……!と思う方でもぜひ見てほしい。実際に食べてみましたが、美味しかったですよ!冷凍庫にストックしておけば、ご飯を準備する時間がないときに、きっと助けになるはず。

セブンプレミアムからお弁当まで!毎週編集部が実食中

セブンイレブンおすすめ記事まとめはこちら

頼りになるセブンイレブン!「冷凍パスタ」

  • セブンイレブン ボロネーゼスパゲッティ(冷凍品)
    価格:238円(税込257円)
    カロリー:462kcal

セブンイレブンのパスタといえば、お弁当を連想しがちですが、実は冷凍もあるんです。
しかも、このまま電子レンジで加熱できて、このまま食べられるんです。

セブンイレブンでパスタを買おうと思うと、安くても350円くらい、だいたいは400〜500円しますよね。ですが、冷凍のボロネーゼスパゲッティは238円。もしものために買っておいて、冷凍庫に入れておくのにも惜しくない価格ではないかと思います。

作り方は簡単!電子レンジでこのままチンするだけ!

作り方は簡単で、点線までめくって電子レンジ500Wで5分40秒、600Wで5分10秒チンするだけ。

別の容器に移し替える必要もないので、洗い物もナシ!

美味しいです!

冷凍品というと、麺がしなしなしているのでは……と先入観があったのですが、全くそんなことはなく、麺に弾力があります。モッチリした麺で、美味しいです。

甘めのボロネーゼソースがちょうどよく絡んで美味しいです。パスタに対してソースは十分な量でした。

悪い点を挙げるなら、混ぜ込むときにソースが飛びやすいので白い服だと注意しなければいけないこと、あと少し油っぽさを感じました。

ただ、このクオリティで238円(税別)なら、もう冷蔵品のパスタを買わなくてもいいかも。美味しくて満足♪子どもも好きそうな味です。

▼詳しくはこちらの記事で
ごめん!セブンで「もう一生500円とか出せないかも…」だって「238円グルメ」が神だもの

頼りになるセブンイレブン!「冷凍チャーハン」

  • 炒め油香るカップチャーハン
    価格:198円(税込213円)

セブンイレブンの冷凍食品コーナーにあるこちらもおすすめ。
カップラーメンのようなカップに入ったチャーハンです。

冷凍食品なので、すぐに食べる予定がなくてもOK!
冷凍庫に入れておけば、いつでも食べられます。

電子レンジでチン!して食べよう

調理方法はとってもカンタン。点線までフタをめくって、カップのまま電子レンジでチン!

家庭で使われていることが多い500Wの電子レンジなら、3分40秒チンするだけです。

しかもこのカップのまま温めて、このカップのまま食べられます!洗い物もありません!

いざ、実食!美味しいです!

大きめのお肉と卵とネギが入っていて彩りが良い!美味しいです、これ!

しっかり味がついている本格的なチャーハンです。 いわゆる「冷凍食品っぽいチャーハン」を想像していたのですが、その上の上のレベルです。さすがセブンイレブンクオリティー。

大きめのごろっとしたお肉、ふわっとした卵にパラパラごはん。電子レンジで加熱するとべちゃっとしてしまいそうですが、程よくパラっとしています。

何よりもこのカップの形状だから、チャーハンをすくいやすくて、食べやすい!子どもでも食べやすいかなと思います。

頼りになるセブンイレブン!「バター香るカップ海老ピラフ」

  • バター香るカップ海老ピラフ
    価格:198円(税込213円)

セブンイレブンの冷凍食品コーナーにあるのが、同じカップタイプの「海老ピラフ」。

こちらもチャーハン同様、電子レンジでチンするだけです。

いざ、実食!スプーンが止まらなくなる味です!

フタを開けると、大きめのエビが登場!

ピラフの上に乗っているだけかと思ったら、けっこうたくさんエビが入っています。贅沢ですね。一口運ぶと、ブイヨンとバターの旨みがふんわりと広がります。

チャーハンと比べると決して濃い味付けではないのですが、エビの風味があって、なぜだかスプーンが止まらなくなる……。どうしてでしょうか、もう一口食べたくなる味です。

優しい味わいで、子どもでも食べやすいと思います。

▼詳しくはこちらの記事で
想像の"上の上いく"セブンイレブン!3分40秒で超絶品「ご飯作るの面倒」を永久解決!グルメ2選

パンチが欲しい方におすすめ!「麻辣飯 」

  • 痛快旨辛 麻辣飯
    価格:228円(税込246円)
    カロリー:292kcal

同じシリーズに「痛快旨辛 麻辣飯」もあります。同じように点線までフタをはがして、電子レンジでチンするだけです。500Wで約3分40秒が目安です。

しび辛〜!

花椒が効いていて、痺れる辛さ!
唐辛子の辛さではなく、山椒系の痺れ系。

痺れる辛さが好きな方にはたまらない味です!
ピリッときてピリッと止む、後に引かない痺れ系。
……と思ったら、食べるほどにピリッが体積してきました。

痺れ系が苦手じゃないならハマるはず。

最後まで熱々が続くので、冷たい飲み物と相性がいいかもしれません。
私は野菜ジュースと一緒にいただきましたが、麻辣飯のピリッを野菜ジュースの甘さで緩和できて、ちょうど良い感じでした。

▼詳しくはこちらの記事で
シビれちゃう!セブン「3分40秒の神グルメ」沼へようこそ♡ご飯作るの面倒〜を永久解決!

ガッツリ食べたい気分なら「禁断にんにく スタミナ飯」

  • 禁断にんにく スタミナ飯
    価格:228円(税込246円)

セブン&アイと味の素の共同開発商品です。
こちらもフタを指定の点線まで開けて、レンチンするだけ。

パンチ力ある「にんにく」

スタミナ飯はしっとりしていて、見た目以上に飯がぎっしり!
パッケージにも記載がありますが、よく混ぜてほぐした方が食べやすいすね。

レンチン直後から「にんにく」オーラが漂っていたのですが、飯もガーリック風味がしっかりあります!
独特な冷凍ご飯の風味やかたさもなく、美味しい!

ただ、ここは「禁断にんにく スタミナ飯」なので口の中に残ります(笑)。

▼詳しくはこちらの記事で
セブンさんウケ狙い!?絶対買いたくなる「禁断のネーミング」がズルい♡お手軽ランチの神発見

アレンジできる!冷凍「じゃがいもとベーコン」

  • じゃがいもとベーコン
    価格:150円(税込162円)

ヨムーノライターのharu.さんがセブンイレブンで購入したのは、セブンプレミアムの冷凍食品「じゃがいもとベーコン」です。

お値段は1袋に140g入りで150円(税抜)。 使い勝手が良いだけじゃなく、手に取りやすい価格が魅力のひとつです。

レンジ加熱するだけの簡単調理!

セブンプレミアムの「じゃがいもとベーコン」は、レンジ加熱するだけの簡単調理! 「じゃがいもとベーコン」を袋から出してお皿にのせ、ラップをしたらレンジ600Wで3分10秒加熱。

味付けは薄く、ほんのりと塩味を感じる程度。塩こしょうを追加するか、ケチャップを合わせるととてもおいしくいただけます。

チーズをのせて「チーズ焼き」に

レンチンした「じゃがいもとベーコン」を耐熱容器に入れて、とろけるチーズをのせ、トースタでこんがりと焼いてみました。
ホクホクのじゃがいもと甘いたまねぎ、塩気のあるベーコンとチーズの相性は抜群♪

おかずとしても、ワイン等アルコールを合わせて、おつまみとしていただくのにもぴったりです。

▼詳しくはこちらの記事で
今セブンで絶対常備!「自炊疲れ解消♡150円!3分で大大大満足おかず」アレンジ無限って神?

たまにはセブンイレブンの冷凍食品に頼ってみよう

今回紹介したセブンイレブンの冷凍食品は、レンジでチンするだけの簡単調理!冷凍できるので、常備しておくと安心です。

毎日しっかり作るのは理想的かもしれませんが、時には冷凍食品にうまく頼るのもおすすめですよ!

ただし購入するのは必要な分だけにし、無用な買いだめは避けましょう。必要としている人に必要な分がしっかり届くように、お互いに配慮したいですね。冷凍食品に頼りながら、お家で無理なく過ごしましょう。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※2020年4月現在の情報です。記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事