ファミマで買える冷凍食品8選!【外出自粛&テレワークの神】調理カンタン

  • 2021年03月25日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

最近、ファミリーマートの冷凍食品を活用するようになりました。
というのは、外出自粛になり、朝、昼、夜と家で食べる生活が続いているから。正直家族のごはんを3食用意するのはしんどいな……と思うことも多々あります。

こういうときはコンビニの冷凍食品が便利です。冷蔵食品よりも安価で保存がきくので、冷凍庫に入れておけば、ごはん作りの助けになってくれること間違いなし!コンビニでお弁当を買うよりも安いものが多いですよ。

そこで今回は、ファミリーマートで買えるおすすめの冷凍食品を紹介します。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

ファミリーマート実食レポ

ファミリーマートおすすめ弁当・スイーツまとめはこちら

ファミマの冷凍食品【おかず】

おかずだけ必要ならコレ!「牛プルコギ風」276円(税別)

カロリーは262kcal。
牛プルコギというと、甘辛ダレでご飯が進む味わい。もっと高カロリーかと思いましたが意外に低い!

レンジで約2分温めてできあがり!

調理方法は超簡単。左下の「OPEN」と書いてある三角の部分をめくって、電子レンジで温めるだけ。

600Wなら約2分、500Wなら約2分10秒。
冷凍食品の割に、加熱時間が短くてうれしいです。

特に難しいこともなく簡単に調理できるので、子ども一人でも、ふだん料理をしない夫でもできます。 電子レンジから取り出すときにも、「熱っ!」とならず、安全に取り出せました。

いざ実食!

にんにくの芽、赤ピーマンの彩りがキレイで、食欲が湧きます。 甘いけど濃すぎない味わいで美味しい!

やさしい甘みが美味しくて、ついつい箸が進みます。ご飯に、おつまみに最高!
牛肉は程よい甘辛具合で、脂身がやや噛み切りにくいですが、一口サイズで食べやすいです。 にんにくの芽はシャキシャキした歯ごたえで、美味しい。

くたっとした玉ねぎが甘辛ダレをしっかり吸っていて、これまた美味しい。 お肉だけじゃなくて野菜を食べられるのがうれしい!

レンジで温めたままの器で食べられるのもいいですね。急いでいるときにはありがたい。洗い物が少ないのは、めちゃくちゃ助かるポイントです。

お皿に移し変えたら、もう立派なメインおかず!

お皿に移し変えてみたら、ファミマの冷食だとは思えない見た目に。 ご飯も添えたら、バッチリ食卓!夕飯に出してもバレなさそうです!
甘辛ダレが多めなので、ご飯にのせて丼にしても美味しいと思いますよ。

賞味期限は購入時点から約11ヶ月後でしたので、長く保存できますね。

▼詳しくはこちらの記事で
即リピ決定!ファミマに「276円の神」降臨!ほったらかし激ウマおかず、冷凍庫に常備します

ジュワッと旨い若鶏の唐揚げ 202円(税別)

ヨムーノライターコマキさんおすすめはこちら。
ファミマお母さん食堂の「ジュワッと旨い若鶏の唐揚げ」です。

製造元はニチレイフーズ。冷凍食品業界でも有名ですね。
原材料の4番目ににんにくの文字が。これはパンチのあるからあげかもしれない。パッケージにも「醤油とニンニクと生姜の和風味」と書いてあります。「2度揚げでサクッとジューシーに」。手が込んでいますね!

出してみました。大き目のからあげが4つ。少ない?と思うかもしれませんが、一つ一つが結構ボリュームあります。一番大きいもので約7cm!7cmのからあげってなかなかですよ。
まだ温めてないのに、出した瞬間にんにくです!

ラップをかけずにそのままチンします。

ぎゃ~美味しい!!まず、お肉がぷりっぷり!パサつきなんて皆無。衣もお肉もジューシー。
不思議なことにチンしたのに少し衣がカリッとしています。味が染みてて最高。お肉もだけど、皮もずっと噛んでいたいくらいいい味です。でも濃すぎないんです。

唐揚げ専門店とも違う、スーパーのお惣菜とも違う、居酒屋さんの唐揚げのような感じ。しっかり味が染みていて、ボリュームがあって、肉汁が滴りそうな出来立て感。

焼き目がパリパリ!羽根つき餃子 175円(税別)

こちらは、フライパン調理専用品です。レンジ調理はできません。

製造元は味の素!!
水も油も不要です。凍ったまま並べるだけ。楽ちんですね。

大きさは約7cm。今まで食べたきたチルドや冷凍の餃子はどれも8cmだったので、少し小ぶりです。

羽根の素を下にして、凍ったままフライパンへ並べます。フタをして蒸し焼きに。最後にフタを取って一気に焼き上げます。

パッケージのように上手な羽根ができませんでしたが、いい焼き色。カリカリパリパリ。

食べた時に、「にんにく入ってる?」と思ったのですが、原材料には書いてありません。でもすごく深みがあるのはなんだろう……ニラ?たまねぎ?ごま油やオイスターソースが入っているからかな。

にんにく不使用とは思えないパンチで、タレがいりません。中がぎゅっと詰まっている、食べ応えがあるぎょうざです。皮は少し厚め。ご飯と一緒に食べたくなるぎょうざです!

▼詳しくはこちらの記事で
ぎゃ〜ウマい!ファミマ「1個31円」が自炊疲れの神「パッサパサ?と疑ってゴメン」絶品冷食2選

ファミマの冷凍食品【ピザ】

トマト感じるマルゲリータピッツァ 276円(税別)

「あ〜ピザ食べたい」気分なら、こちらがおすすめ。1袋にピザが1枚入っていて、食べきりなのも嬉しいですね。

袋を開けたら、具がいっぱい~

袋を開けてみると......サイズは少し小ぶりですが、具のトマトやチーズはしっかりのっていますね。すでにトマトの爽やかな香りがプンプンします。

レンジで軽く解凍してから、オーブントースターで焼きます。

おつまみにももってこい!

できました~♪なんていい香り!

お味は、バジルソースが本格的。口に入れると、ソースの旨味がじゅわ~っと広がります。ワインやビールと一緒に食べたい!

トマトが主役は本当だった

ピザで最も美味しいとされる三角形の頂点は、こんな感じ。
トマトは朝獲れの新鮮なものを使ったと言われても信じちゃうくらい、みずみずしい。とても冷凍食品のトマトとは思えないですね。

このピッツァ、大手ピザチェーン店顔負けなのが、ピザ生地の分厚さともっちり食感。
表面はカリッと、中はふっくらしていて、耳だけ食べても美味しいんです。

これでカロリーたったの364kcal!嬉しい。

なかなか外に出にくい時期だからこそ、お手軽で美味しいピザはおこもりにマストですね。ぜひ、みなさんも食べてみてください!

▼詳しくはこちらの記事で
宅配ピザ界を揺るがす!?ファミマ「驚異の200円台」は1個で2度美味しい♡"春休みご飯対策"も

ファミマの冷凍食品【麺類】

国産小麦使用うどん2食 119円(税別)

子どもがいるおうちの冷凍庫に必ずあるものといえば、「冷凍うどん」ではないでしょうか。

子どもに「何食べたい?」と聞くと、たいてい「うどん!」と言われるわが家。少し体調が悪い時にも、食欲がない時にも食べられて調理も簡単。家族みんな大好き!ということから、冷凍うどんを常備しています。

いつもは近所のスーパーの”冷凍食品半額の日”を狙って買いに行き、5袋入り250円程度で購入しているのですが、なかなかその日に買いにいけないことも。

なんと、ファミマにも冷凍うどんがありました。
しかも2食で119円(税別)。近所のスーパーで、"冷凍食品半額の日"のうどん1玉と同じくらいの値段です!!

まさかファミマで冷凍うどんを安く買えるなんて盲点でした。もちろん袋のままレンジで調理可能です!

コンロで温めるだけのうどん

  • ファミリーマート 牛肉カレーうどん
    価格:498円(税別)

  • ファミリーマート 牛すき鍋(うどん入り)
    価格:548円(税別)

こちらはアルミの鍋にうどんやすき焼きが入っていて、コンロで温めて調理するタイプ。 冷凍食品にしては価格が高めですが、ファミマではこういったものも販売しています。

ファミマの冷凍食品【野菜】

お母さん食堂「カリホク!美腸大学いも」184円(税別)

国産の「紅あずま」を使用た大学いもです。
電子レンジは使わずに、自然解凍室温20℃で約30分……。すぐ食べられないので、逆算して解凍しましょう!

たくさん入っているイメージが強い「大学いも」ですが、184円でこんな感じの量です(もっとあるかなと期待したらガッカリ半端ない)…… お弁当のおかずにはぴったりですね。

自然解凍なので、食べるタイミングによっては冷たいと感じる時があります。その一瞬の冷たさを乗り越えると、甘さとカリッとした食感が楽しめます。

「カリホク」の“ホク”はホクホクのあったかいイメージを想起させますね。自然解凍なので熱さはないですが、表面はカリッと中はホクッとした“やわらかさ”はしっかりありました。

▼詳しくはこちらの記事で
今ファミマで大大大注目!うっかり食べ過ぎ注意報「常備しとくと絶対助かる」冷凍食品2TOP

ファミマの冷食に頼るのもアリ!

ファミリーマートで購入できる冷凍食品を紹介しました。ふだんはあまりチェックしないコンビニの冷凍食品ですが、見てみると意外とおうちごはんに使える食材があります。

毎日3食ごはんを作るのに疲れたら、時にはファミリーマートの冷凍食品を頼ってみてはいかがでしょうか?

※2020年3月現在の情報です。記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事