【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

◯◯を変えるだけで「金運が急上昇!」意外と今日から簡単♪「ラッキーカラー開運テク11選」

  • 2020年04月13日公開

こんにちは、35歳前後の女性たちを応援する35style(サンゴスタイル)です。

手元から半径30cm以内に必ずあるといわれているスマホ。機種変更にあわせてスマホケースを新調する方も多いと思います。常に身近に置いておくスマホなので、できるだけお気に入りのデザインやカラーのスマホケースにしたいですよね。

ここでは、雑誌やメディアで活躍中の占い師ぺこぷん先生にスマホケースで運気をアップさせる方法をお聞きしました。

風水と色の関係

こんにちは、占い師のぺこぷんです。

風水では、「〇〇の方角に、〇〇の色のものおけ」など「」を重要視しています。色はそれぞれに異なるエネルギーをもっていて、色を変えるだけで、その空間のエネルギーはガラッと変わります。

もちろん、空間だけでなく「いつも身につける色」を変えると、人の運気にも大きな影響を及ぼします。
この「いつも身に着ける色」を、普段持ち歩くスマホに取り入れれば、効果テキメン♪

今あなたに必要なエネルギーをスマホケースで補って、運気をアップを狙いましょう!

レッド(赤色)

赤色のキーワードは「行動力」です。

お仕事で電話をよく使うなど営業職の人にオススメです。新しいことに挑戦する意欲も掻き立ててくれます。

ブルー(青色)

ブルーのキーワードは「冷静」。

仕事の場で合理的な判断が求められる人にオススメの色です。感情的になりやすいなら、落ち着いた考え方ができるようになります。

パープル(紫色)

キーワードは「芸術」です。

センスや美意識が高まる色です。アーティスティックな表現をするような活動をしている人には最適な色です。

ピンク(桃色)

ピンクのキーワードは「愛」。

良縁に恵まれたい。恋人を探している人にオススメの色です。
愛情の色であるピンクは女性らしさや優しさを表現することができます。

オレンジ(橙色)

オレンジのキーワードは「出会い」。

新しい出会いを求めている人にオススメです。特に意識しなくても、自然と新しい人があなたのまわりに集まってきます。

誰かを助けるサポート運もアップします。

イエロー(黄色)

黄色のキーワードは「ポジティブ」。

まわりの目が気になってしまったり、些細なことで傷ついてしまう人にオススメです。人を元気にさせる力があり、まわりからの愛され力もアップします。

グリーン(緑色)

グリーンのキーワードは「誠実」。

様々な人から信頼されたいときにオススメの色です。秘密の相談を受けたり、本音を打ち明けられる機会も増えます。

ホワイト(白色)

ホワイトのキーワードは「リセット」。

新しく始めたい、断ち切りたいことがあるときにオススメな色です。また、相手合わせた柔軟な対応ができる力もくれます。

ブラック(黒色)

ブラックのキーワードは「秘密」。

ちょっと隠し事がある……みたいな知られたくないウワサを防いでくれます。人を寄せ付けにくくしますが、余計な連絡は減っていきます。

ただ、このカラーのパワーを知っている方であれば「なにか秘密があるかも!?」と逆に勘繰られるので注意も必要ですよ!

シルバー(銀色)

シルバーのキーワードは「安定」。

今のライフスタイルをキープしたい人にオススメです。また穏やかに愛を育みたい夫婦・カップルにも◎です。

ゴールド(金色)

ゴールドのキーワードは「タイミング」。

金運とも縁が深い色でもありますが、全般的に幸運を呼び寄せてくれます。嬉しい連絡が増える可能性大。

運気が上がるラッキーアイテムは「スマホ」!?

スマホは片時も手放せない自分の分身と言ってもいいほどアイテム。そんなスマホがラッキーアイテムとなったら、最強の味方ですよね!

あなたの人間関係に、いつも力を貸してくれるのですから♪

何色かのスマホケースをストックして、現在の目的別に使い分けるのもいいでしょう。風水の色の力を活用して、あなたが素晴らしい人間関係を築けることを願っています。

ぺこぷん

易にオリジナルの理論を加えた占いで、驚きの的中率を誇り業界内で話題に。 周易の他にも、四柱推命、気学、手相、タロット、宿曜・西洋占星術、姓名判断、白魔術など、 東洋西洋問わず幅広く精通している。

35style(サンゴスタイル)

35style(サンゴスタイル)は日々のライフスタイルをちょっとした工夫で運気アップ♪をコンセプトに人生100年時代を生き抜く、産後の女性や35歳前後の女性たちを応援する情報を発信していきます。

35style(サンゴスタイル) の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事