テレビで話題!半額以下「賞味期限切れ専門店」食費節約で1,000万円貯金

  • 2021年03月25日更新

こんにちは、
子ども2人の母、貯金ゼロから1000万円貯めたヨムーノライターのchippuです。 我が家は家族4人、食費月2万5000円です!

家計のなかでも、一番節約がしやすい「食費」を減らそうと日々、日々励んでいますが、実は、業スー以外にも我が家の家計を支えているお店があります。
それは、理由アリ商品を格安で売っている「賞味期限切れ専門店」です!別名、「食品ロス削減ショップ」などとも言われていて、「フードロス」が提唱されている昨今、テレビでもたびたび取り上げられることが増えていますよね。

今年放送の「ガイアの夜明け」でも、「食品をもう捨てない!ワケアリ商品、9割引き」の新勢力店として特集をされていました。

よりおいしく食べられる「賞味期限」は切れたけど、安全に食べられる「消費期限」は切れていないもの…などをお安く扱っています。
とくに買ってすぐに消費するなら、だんぜんオススメできるお店!

我が家でも大活用していて、スーパーで購入するよりも圧倒的に安い値段で食料品をゲットできるので、食費節約にかなり役立っています。
今回は、そんな魅力満載の「賞味期限切れ専門店」(=食品ロス削減ショップ)についてご紹介いたします。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

テレビで話題!「賞味期限専門店」ってどんな店?

そもそも、賞味期限切れ販売店はどんなお店なのは、イメージがつかない!という人も少なくないですよね。
賞味期限切れ販売店は、名前の通り「賞味期限が切れたものを販売しているお店」です。

賞味期限こそ過ぎているものの、商品そのものは、もちろん未開封の状態。 品質的には問題なく食べられるうえに、スーパーで購入するよりずっと安い値段で買えるので、食費節約に効果大なのです♪

賞味期限切れの商品は、販売しても問題なし!

食料品には、「賞味期限」と「消費期限」の2つがありますが、どういう違いがあるのかさっそく調べてみました!

簡単に言うと、

  • 賞味期限…“美味しく食べられる期限”のこと
    長期保存ができる缶詰や乾物、お菓子、レトルト食品、調味料、飲料などに表記されている。

  • 消費期限…“安全に食べられる期限”のこと
    傷むのが早い生鮮食品やお惣菜、ケーキなどに表記されることが多い。

“期限切れ”と聞くと、「そもそも販売して良いものなの?!」と疑問に思うこともありますよね。
ですが、「消費期限内」であれば、「賞味期限が切れていても」販売してまったく問題ないのです!

消費期限を過ぎた食品は、商品の品質が落ちて、安全に食べられない可能性があるため、「食品衛生法」で販売を禁止されていますが、
賞味期限切れのものは期限を超えてもすぐに食べられなくなることはないので、未開封の状態であれば販売してもOK!  

少し期限が超えてしまったからといって、健康を害する可能性もかなり低いという認識で販売されています。
とくに「賞味期限」を数日過ぎただけのものなど、たいして差がないように感じらる私には、メリットしかありません(笑)。

「賞味期限専門店」は食費節約品の宝庫♪

賞味期限がさほど気にならない人なら、賞味期限切れ専門店での買い物は、まさに「食費節約家」にとって、宝の山です!
陳列されている商品のほとんどが、スーパーで売っている値段よりも安いので、どこを見渡してもお得なものだらけ♪
タイミングが良ければ、節約の味方「業務スーパー」よりもさらに安く買える商品に出会えることもあるんです!

陳列商品は種類が豊富!掘り出しものも♪

賞味期限切れ販売店は、スーパーとは違って、いつも同じ商品が並んでいるというわけではありません。
メーカーから、過剰発注してしまった商品や、賞味期限切れのものなど、消費期限が切迫したものを都度仕入れるので、陳列されている商品はいつも違います。

つまり、「どんなお得商品に出会えるかは運しだい」!タイミングよく来店できれば、見たことのないお得商品をゲットできることもあるんです♪
ここだけの話、賞味期限切れ販売店へ入店するときのワクワク感は、業務スーパーへ行くとき以上!(笑)
「今日はどんな激安商品があるかな~」と、毎回楽しみに買い物へいっています♪

「賞味期限切れ商品」以外もほぼ半額以下!

「賞味期限切れ」の商品を専門的に取り扱っているお店ではありますが、すべてが期限切れというわけではありません。   「賞味期限が近い商品」や、ハロウィンやクリスマスといった「季節イベント商品」、デザインリニューアルをした「旧パッケージ商品」なども、激安価格で販売しています。

こういった、賞味期限が間近に迫ったものや入れ替え商品は、スーパーの“見切り品コーナー”でもよく見かけますよね♪
スーパーだと、良くても「30%程度の割引」がほとんどですが、賞味期限切れ専門店では、「半額以下の値段」で購入できることがほとんどです!

「賞味期限切れ専門店」で買ったお得商品を紹介!

私が実際に買い物へ行っている賞味期限切れ販売店は、「マルヤス」というお店です。
埼玉県内で3店舗ほど展開しています。
お店そのものはコンパクトですが、店内には激安商品がずらりと並んでいて、どれも激安価格です!
今回は、そんなお得満載の「マルヤス」で購入したお得商品の一部をご紹介いたします。

1kg業務用パン粉(税込み106円)

見た目のインパクトがすごい!1kgのパン粉が税込み106円で売っていました。 業スーで買うよりも安く、賞味期限も1カ月ほど過ぎていただけだったので、迷わず購入♪

品質にはとくに問題がなく、我が家はフライをよく作るため、パン粉は案外すぐになくなってしまうので、1kgあっても困りませんでした。 お得に買って、即冷凍するのも手です。

製菓用薄力粉(税込み52円)

お菓子作りや普段の料理に欠かせない小麦粉。
そんな小麦粉の代わりとして使える「お菓子・料理用ミックス粉」が、500g52円で売っていました!
正規の値段で買えば、おそらく1袋100円以上はしそうです…。
薄力粉は業スーでも1kg100円以上するので、賞味期限が切れているとはいえ、断然お得!

期限は1ヶ月半ほど切れていましたが、早めに使うのなら問題なし♪
お好み焼きやクッキーづくりに使うとあっという間になくなるので、安く買えてお得でした。

ツナ缶(税込み85円)

魚の代わりとして使えるツナ缶は、私も常にストックしているお助け食材です。
大手メーカー「ハゴロモフーズ」のツナ缶が、1つたったの85円!
しかも、賞味期限も切れていません♪
ツナ缶が欠かせない我が家にとっては、かなり家計が助かっているアイテムです。

探すと意外とある!全国の「賞味期限切れ専門店」

全国的にはまだまだ数が少ないですが、「賞味期限切れ 専門店」などで検索すると、賞味期限切れの理由あり商品を販売しているお店が探せます!
今回は、そのなかでも店舗数の多い賞味期限切れ販売店を中心にご紹介します♪

【東京】スーパーみらべる

「スーパーみらべる」は、東京や埼玉などを中心に展開しています。
お菓子はもちろん、インスタントコーヒーやジュースなど、幅広い商品を驚きの値段で販売しています。
賞味期限切れの商品だけに限らず、生鮮食品も取り扱っているので、買い物のついでに激安商品をゲットできるメリットも♪

【埼玉】マルヤス

「マルヤス」は、私もよく買い物に行っている賞味期限切れ専門店です♪
埼玉、東京に店舗があります。生鮮食品は取り扱っていないので、店内にあるのはすべて「賞味期限」が表記されている商品。期限切れのものだけでなく、期限が近い商品や、期限はまだまだ先でも包装デザインが古いものも激安価格で購入できます。

なかには、箱つぶれや型崩れで安くなった“理由あり”商品も♪
どれもお得感満載の商品ばかりなので、安い商品を求めている方にぴったりです!

【大阪】エコイート

「エコイート」は、大阪を中心に、東京、兵庫、高知などで展開している賞味期限切れ専門店です。
マルヤス同様、賞味期限切れや廃棄予定の商品を仕入れて販売しています♪

「フードロス」に賛同しながら、食費も節約!

賞味期限切れのスーパーは、食費節約にもなるだけでなく、「フードロス」にも参加できて一石二鳥です♪

いつも同じ商品が並んでいるとは限らないので、「今日は何がお得に買えるかな♪」というワクワク感もあって楽しめますよ。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事