【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

その使い方、アウト〜!絶対にやってはいけない「オキシクリーン」"中の人"の失敗例も大暴露

  • 2020年07月03日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

忙しい昨今「ほったらかし」で油やシミなどの頑固汚れもラクラク落としまくると、SNSを中心に話題の「オキシクリーン」。日常のお掃除でも使わない手はありません。

今回はそんなオキシクリーンを使う上で「やってはいけない」危険事項を紹介します。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

今回お話を聞いたのはこちらの方

株式会社グラフィコ企画本部販売促進部の田邊さん。

ご自身のオキシクリーン失敗例を公式Instagramにぶっちゃけ紹介するなど、お客様に真摯に向き合いながらもユーモアあふれる投稿が人気です。まぶしい笑顔が素敵ですね。

こちらがグラフィコさんの公式Instagramです。
ヨムーノ編集部一同、お腹を抱えて笑わせていただいた投稿はこちらです。

田邊さんの面白さが伝わりましたでしょうか?好きになった方は、オキシクリーンを購入後、インスタにいいねをして気持ちを伝えましょう!

それでは今回の本題、やってはいけないオキシクリーンの紹介をします。

絶対にやってはいけない「密閉保存」

オキシクリーンを保存するとき、みなさんどうしていますか?
「こんなに便利で素敵なオキシクリーン、ひとさじの粉も漏らしたくない」と瓶で密閉している人、いませんか?

それ、アウトです!!!早く瓶を開けてあげて!

アウトな理由:オキシクリーンは、酸素を出している

酸素系洗剤であるオキシクリーンは、常に酸素を発生させています。粉に水が加わると酸素の泡となり、頑固なシミや汚れを落とす仕組みです。

ところが、保存容器の中で酸素が一定量を超えると、外への圧がかかります。場合によっては容器に亀裂を入れることもあるので注意しましょう。

中の人も実は失敗しました

こちらはグラフィコの田邊さんの実例です。密閉タイプの麦茶ポットをオキシ漬けするときに、誤って蓋をしながら漬けてしまったそうです。

その結果、密閉状態になったポットの蓋が吹っ飛び、本体には大きいヒビが。
密閉の危険性を感じますよね。

誰も知らない♡オキシクリーン容器の秘密

「あれれえ?でもオキシクリーンの容器だって密閉容器じゃないの?」「瓶とどう違うの?」と疑問が沸きますよね。オキシクリーンの容器、実は酸素の逃げ場がきちんと用意されているんですよ。

はい、こちらの赤丸をよーく見てください!オキシクリーンの容器には一つ小さな穴が開いています。ちょうどハムスターの鼻の穴くらいですかね。

酸素がこの小さな穴を通っているので完全密閉ではないのです。工夫がひっそり詰まったすんばらしい容器ですね!買ったままこの容器にずっと保存しておくのがベターでしょう。

別の容器に詰め替えたい場合

それでも別の容器に詰め替えてインテリアにしたいんじゃ~!とお考えの方は、その容器の裏を見てください。

使用上の注意に「本品は完全密閉ではありません。」と記載があれば、問題ないそうです。

完全密閉タイプじゃないケースは、100均などでもけっこう販売されています。田邊さんいわく、完全密閉じゃなければオキシクリーンを移し変えても大丈夫だそうです。やったね!

お部屋の雰囲気に合ったケースをお探しの方は、すかさずケースの側面をチェックしてみてくださいね。

ファスナー付き保存袋は、ホームページを見ると「完全密封ではない」と書いてありますが、念の為袋の上部分を少しあけておくと安心です。

絶対にやってはいけない「作り置きオキシ」

オキシをお湯に溶かすのが面倒だから、「先にお湯に溶かして作り置きオキシしちゃったの」なんて人、いませんか?

それ、アウトです!霧吹きの容器が破裂する恐れがあります。

作り置きはせず、都度お湯に溶かしましょう。横着は厳禁です。

絶対にやってはいけない「アルミ製品をオキシ漬け」

オキシクリーンでピカピカにする喜びを知ると、色々漬けてみたくなりますよね。「そうだ、油汚れたっぷりの調理道具もきれいにしたい」とアルミの鍋や鉄製のフライパンを漬けようとしていませんか?

それ、アウトです!きれいにしたい気持ちはすごくわかりますが、鍋やフライパンが真っ黒にサビて使えなくなりますよ!

アウトな理由:オキシクリーンは、アルミと反応を起こす

酸素系洗剤であるオキシクリーンは、アルミ素材と相性がよくありません。泡が出てどんどんアルミを溶かしてしまうので、サビにつながります。

アルミや金属製のものをきれいにしたい時は、中性洗剤を使いましょう。

ほかにもオキシクリーンとあわせて使ってはいけないものがあります。こちらを見て確認してください。

▶オキシクリーンが使えないもの(公式)

やらないほうがいいかも?「素手オキシ」

ゴム手袋は蒸れるからと、素手でオキシクリーンに触ろうとしている人、いませんか?

素手オキシは、人によっては肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
肌荒れが気になる方やすべすべ肌を目指す方は、念のためゴム手袋などを着用しましょう。

まとめ

今回はオキシクリーンでやってはいけないことを紹介しました。きちんと守って使ってくださいね。

オキシクリーンはシミや汚れ落としに大活躍します。正しい使い方で家の中をピカピカにしていきましょう。

オキシクリーンの購入はこちら

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事