【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

5人家族で食費2万円台達人の「絶対に食費が減る3大食材」【外出自粛】をラクに乗り切る節約5選

  • 2020年04月22日更新

こんにちは!
5人家族で月食費2.5万円~3万円で、やりくりするヨムーノライターのNagomy(なごみー)です。

コロナウイルス感染拡大の影響で休校が続くなど、小中高校生のお子さんをもつお母さんたちは、毎日のご飯づくりをどう乗り切ろうか、戦々恐々としているのではないでしょうか。

我が家も子どもが3人、1番下の娘は現在1歳10か月なので、なかなか外食ができず、毎日ごはんづくりに頭を悩ませがちです。
コロナウイルスで外出自粛のいま、毎日「ラクに・安く・時短で」ごはんを作りたいと思います。

そんな時に、我が家で大活躍なのが【小麦粉・袋麺・カレールウのフル活用】!

なかなか外出・外食できない時も、ママもラクだし、家族からの「外食したいな~」にもしっかり応えられ、食費節約にもつながる「節約時短レシピ」を紹介します!

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

【節約時短レシピ1】「小麦粉」さえあれば、卓上調理で「時短ごはん」

「たこ焼き」で冷蔵庫の食材を一掃!

小麦粉があれば、「たこ焼きパーティ」をしてしまうのが実はラク! 卓上で調理しながら食べられるので、「超時短」メニュー、かつ家族が大喜びのテッパンごはんです。

【たこ焼き生地の材料(4~5人分)と作り方】 * 小麦粉 100g
* 水 400ml
* 顆粒だし 大さじ1
* たまご(あれば) 1個

ぜんぶ、混ぜるだけ!

中身は何でもOKです!
じっさい、我が家の「たこ焼きの中身」は「たこ」ではありません(笑)。

  • シーフードミックス
  • お肉(牛肉・鶏肉・豚肉、何でもOK)
     …おススメは豚肉。にんにくを和えると更に美味しいです)
  • かにかま
  • ウインナーやベーコン
  • キムチ

など、なんでも美味しいです。

小さい子はたこだと弾力があり過ぎて、噛み切れないこともあるので、代わりにシーフードミックスにしてみたら大当たりでした。

もちろん、きゃべつや揚げ玉、紅ショウガ、小葱などもあるとさらに美味しくなります。

「お好み焼き」で冷蔵庫の食材を一掃!

自宅に、たこ焼き器がない場合は、「お好み焼き」がオススメです。
シーフードミックスで作ったもの、お肉入りで作ったもの、納豆キムチ、ウインナーなど、家族で食べれば「この具が美味しい、あの具はイマイチ」など会話も弾みます(笑)。

【節約時短レシピ2】 「袋麺」さえあれば、5分で「手間なしごはん」

「ラーメン鍋」で冷蔵庫を一掃!

土鍋に「5食入りで約200円」の袋麺(ラーメン)と、専用スープ、冷蔵庫の余り野菜を入れてグツグツ煮込めば、5分で完成!あっという間に食べられます。

それぞれの丼によそうよりも、「大鍋で作ってそのまま食べる」ほうが、だんぜんラク!1つの鍋を囲んでみんなで食べるほうが、子供たちも喜んでくれます。

袋麺(ラーメン)は専用スープがついているので、一番ラクですが、麺はなんでもOK!業務スーパーの「1㎏焼きそば」や「冷凍うどん」でも美味しくできます。

その場合は、専用スープの代わりに
「しょうゆベースの特性スープ」で作ってみてください。

【材料(4人分)と作り方】
* 水 800ml
* 鶏がらスープの素(または中華スープの素) 大さじ3
* ごま油 大さじ1
* オイスターソース 大さじ1
* 酒 大さじ2
* しょうゆ 大さじ3
* 塩、こしょう 各適量

家にある調味料で簡単に作れちゃうのでぜひお試しあれっ。

【節約時短レシピ3】 「カレールウ」さえあれば、前日おかずで「時短カレー」

「リメイクカレー」で余った味噌汁やおかずを一掃!

調理師の夫の名言「カレーは、入れたもん勝ち」!

子供が大好きなカレーも、外食できない時の献立に最高ですが、基本の「じゃが・たま・にん」では作らず、前日の残り物(味噌汁や煮物)を使って、さらにラクをします!(笑)

調理師の夫が言うには、 カレーは最強の冷蔵庫空っぽデーレシピ だそうです。
基本の食材を使って「イチから作る」しか頭になかった私にとって、初めは衝撃的な発言でしたが、今では私も【カレーは入れたもん勝ち】だと感じています。

前日の大根・里芋などの煮物や、余った豚汁・味噌汁にカレールーを溶かして作ります。
厚揚げ豆腐や油揚げ、こんにゃく、ちくわやわかめなどあまりカレーに入っていない具材がモリモリ。
夫が作ってくれるときは、余ったサラダなんかも入れちゃうので、ズッキーニかと思ったらきゅうりが入っていたこともあります(笑)。

時短にもなり、冷蔵庫の余り食材を一掃できるのはもちろんですが、
「すでに味がシミているおかず」のリメイクなので、普通に作るよりコクが生まれてとても美味しくなります!
カレールウの使用量も減るので食費節約にもいいのです。

そのカレーも余ったら、翌日ランチは「蕎麦屋のカレー風うどん」

さらにこのカレーが余ったら、少しお水を足して伸ばします。
顆粒だしとめんつゆをお好みで足して、うどんを一緒に煮込めば、絶品カレーうどんの完成です。

だしをたっぷりきかせることで、蕎麦屋のカレー風の味わいになります。

【節約時短レシピまとめ】 「小麦粉」「麺」「カレールウ」があれば、乗り切れる!

今回紹介した「小麦粉」「麺」「カレールウ」さえあれば、ラクにごはんづくりが乗り切れます。

「たこ焼きやお好み焼き、ラーメン、カレー」といった定番メニューでも、鍋で出したり、具材を「なんでもよし!」とするだけで、ちょっとしたアレンジになるし、家族でワイワイ楽しめるのでエンタメ感も満載!

「外食はできないけど、ラクをしたいし、楽しく食べたい!」
そんな日の献立のヒントにしていただければ嬉しいです。

Nagomy
節約系整理収納アドバイザー

首都圏在住。夫、子ども3人(7歳♂,5歳♂,2歳♀)の5人家族です。
35日間を6万円でやりくりする「家計管理術」「節約術」や「ポイ活」、
2LDK賃貸アパートでも「すっきり暮らす」アイディアを紹介しています。

Nagomy の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事