【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

今インスタ大注目の新・ビネガー習慣!おいしい「お酢」で毎日続く「#ルーティーン」BEST9

  • 2020年05月11日公開
  • PR

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

“お酢”と聞くと、独特の酸味に毎日飲むにはハードルが高いと感じる方もいるかもしれません。

ところが今、おいしいから毎日続く「#ルーティーン(=習慣)」として、“ビネガー習慣”の投稿がインスタグラムでも増えてきています。

そこで、今回ご紹介するのは、3種類のフレーバーがおいしいと話題のお酢ドリンク「フルーティス™」。

毎日続けるための秘訣、それは「おいしさ」と「取り入れやすさ」。「フルーティス™」には、毎日の習慣として毎日おいしく続けられる、そんな魅力がたっぷり!

そこで今回は、トレンドをおさえた料理が得意なヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)に、「フルーティス™」を使った珠玉の「毎日続くおいしい習慣」=「#ルーティーン」を教えてもらいました。

毎日飲むのが楽しくなる!「フルーティス™」の魅力

おいしいから続く、3種類の“お酢ドリンク”が話題!

「フルーティス™」は、りんご酢にこだわりのフレーバーを加えて仕上げた3種類のお酢ドリンクです。

  • 「ざくろラズベリー」:ざくろとラズベリーのさっぱりとした風味。リフレッシュにぴったり!
  • 「ピーチライチ」:ライチの爽やかな香りとピーチの風味で、おいしく飲める味。
  • 「シャルドネ」:白ブドウのすっきりとした味わいは、炭酸で割って“シャンパン風”にも。

「フルーティス™」の基本の楽しみ方

「フルーティス™」を、毎日の「#ルーティーン」に!話題のビネガー習慣

今、インスタグラムを中心に「#ルーティーン」がトレンドになっているのをご存じですか?

ルーティーンとは本来「決まった作業や習慣」を意味する言葉ですが、「#ルーティーン」は中でも毎日の「自分時間を充実するために続ける習慣」のこと。

朝、家事や仕事のすき間時間、おやつタイム、夕食やお風呂上がりのリラックスタイムなど、さまざまな時間やシーンに、自分なりの「#ルーティーン」を楽しむ人が増えているんです。

そんな「#ルーティーン」に「フルーティス™」がぴったり!
おいしいから毎日続く、その理由は…

  • どのフレーバーも酸味は柔らかに、ほどよい甘さでおいしい
  • フルーツジュースのような飲みやすさ(※1)
  • カロリー控えめ(※2)

インスタグラムでは“お酢とは思えない飲みやすさ”という声も聞かれるほど、続けやすい味わいが魅力のひとつ。お酢が苦手な人や、子どもでも、毎日の習慣にしやすい点が人気の秘密です!

そこで今回は、「フルーティス™」を取り入れたヨムーノメイトの「#ルーティーン」アイデアを厳選してご紹介します。

※1…「フルーティス™」の果汁含量は1~3%

※2…濃縮タイプは4倍希釈をした場合

インスタ達人の「#ルーティーン」おいしいビネガー習慣BEST9

自分の好きな時間に、「フルーティス™」を取り入れて楽しむビネガー習慣の中から、すぐにマネしたくなる珠玉の9選をご紹介します。

①1日をお酢で始める「#モーニングルーティーン」

毎日「味変」すると楽しい!「朝スムージー」フルーツアレンジ

@aika.s.0310さん
東京都在住の2児のママ。ワンプレートごはんから、お弁当、デザート、パーティーメニューまで料理の幅広さが人気のヨムーノメイト。細部まで色づかいや形にこだわった、手仕事感がたっぷりの料理は、まるでアート。
あいか様.png

体のためにお酢を取り入れたいと思っていた@aika.s.0310さん。おいしく続けられるお酢を探していたといいます。

そんな時「フルーティス™」を知り、毎朝の「#モーニングルーティーン」として取り入れるようになりました。水や牛乳、炭酸割りと、毎日変えて楽しんでいます。

中でもスムージーは朝にぴったり。「ざくろラズべリー」と牛乳、ミックスベリー、はちみつをすべてミキサーに入れて撹拌し、お好みのフルーツで毎日気分を変えるのが“マイルール”。

お酢が苦手な夫。これまで、毎朝お酢を飲むことはありませんでした。「フルーティス™」は、3種類のフレーバーがあり、毎朝違った味が楽しめることで飽きず、いつしか習慣に。息子も、毎朝グイグイと飲んでいます。(@aika.s.0310さん)

@aika.s.0310さんの投稿

朝食とお酢の「マリアージュ」が楽しい日課に

@panna_cotta.703さん
日本キャラベニスト協会アドバイザー、お弁当学マスター認定講師などの資格を活かして、食生活指導を実践するヨムーノメイト。お弁当教室IRODORI-obento主宰。人気投稿は「#単身赴任の夫の為の作り置き」シリーズ。
ぱんなこった様.png

「もともと毎日お酢ドリンクを飲んでいました。でも、もっと楽しみながら飲みたいと思っていました。そんな時『フルーティス™』を知り、3種類のフレーバーと朝食との相性を考えるようになったんです」と@panna_cotta.703さん。

次第に、どんな食べ物と合わせるとベストかを考えるのが日課になったといいます。まるで主食に合わせた献立を考えるかのようですね。

写真は、甘いフレンチトーストとざくろの酸味を合わせたマリアージュ。「ざくろラズベリー」は、ヨーグルトなどの酸味がある食べ物とも相性がいいです。また、「ピーチライチ」は中華粥の朝食や、正統派の和朝食にぴったり。「シャルドネ」は、生ハムのサラダとクロワッサンの朝食と合います。(@panna_cotta.703さん)

@panna_cotta.703さんの投稿

「甘酒×ビネガー新・習慣」で朝から健康を意識♪

@yayowiii_さん
うつわとワンプレートが大好きなヨムーノメイト。インスタグラムでは魚料理をメインとした「#和ンプレート」、常備菜などをフル活用したおうちごはんの投稿にファンが多い。
ikura様.png

@yayowiii_さんの毎日のこだわりは、甘酒と一緒に楽しむワンプレート朝ごはん。
体をいたわって続けている“甘酒習慣”に、フレーバーがおいしい「フルーティス™」をトッピングして楽しむのが最近のルーティーンだそうです。

毎日飲んでいる甘酒に、お酢とフルーツの風味を加えて、新しい味わいを楽しんでいます。朝から甘酒とお酢を一緒に飲むと、なんだか体のために“いいことした気分”です。(@yayowiii_さん)

また、それぞれのフレーバーと食事に合わせた器を考えるのにもハマっているのだとか。「ピーチライチ」と合わせたのは、深みのあるカーキと茶色の食器。

「『シャルドネ』は、ウッドプレートにサラダとバゲットを添えて。バスケットにサンドイッチを入れても素敵です。『ざくろラズベリー』なら、黒い器でかっこよく楽しみたい!」と@yayowiii_さん。

@yayowiii_さんの投稿

②ちょっぴり自分を甘やかしたい時に!「#ご褒美ルーティーン」

見た目も楽しい「#フルーツエイド」で、おうちカフェ気分!

@hihimamasunさん
とにかくお米が大好きで、毎日ごはん×季節の食材で作った料理を投稿。毎日のお弁当投稿にすべて“名前”がついているのにも注目。食材を使ってかわいらしいデコアートを施したデコ弁も人気。
hihimama様.png

ご褒美おやつに、フルーツなどに水や炭酸水を合わせて作る「#フルーツエイド」に最近ハマっているという@hihimamasunさん。

ドリンクに果物の炭酸漬けをトッピングすると、見た目も華やかになり、ご褒美感がでますね。おうち時間がグッと充実しそうです。今回は、娘さんと一緒に「ざくろラズベリー」を使った「苺の炭酸漬け」で、おうちでカフェ気分を楽しんだそうですよ。

苺をヘタ付きのままよく洗います。ヘタを取ると苺の味が落ちてしまうので、そのままがおすすめ。その後、ブルーベリーと一緒に1~2時間ほど炭酸水と「フルーティス™」に漬けます。それを苺をかじったときに、シュワッとした食感がおもしろく、娘も喜んでいました。みかんなどもおすすめです。(@hihimamasunさん)

@hihimamasunさんの投稿

簡単&お手軽!バニラアイスに“かけるだけ”で「贅沢アイス」

@sekosekookan さん
3歳と1歳の子育てに奮闘中のヨムーノメイト。大好きな北欧テイストのマイホームを計画中!収納・片付け、ポイ活、節約と、家事全般のコツやポイントをオリジナルの解説付きで発信している。
@sekosekookan様.png

普段から家族と、デザートにアイスクリームを食べるのが@sekosekookanさんのルーティーン。
もっと贅沢気分を楽しみたい!と、アイスクリームに梅酒やリキュールをかけて食べたことをきっかけに、バニラアイスの「フルーティス™」がけを思いついたのだそう。

一緒に食べた夫と娘が、そのおいしさに驚いていて、3歳の娘は「魔法のトッピング!」と絶叫。夫は「外で食べるパフェみたい!」と、贅沢デザートにご満悦。私にとっても、自分へのご褒美アイスです。「フルーティス™」は、家族の笑顔が引き出せるドリンクだと思いました。(@sekosekookanさん)

@sekosekookanさんの投稿

仕事終わりの“15時ブレイク”でリフレッシュ!1人時間のお楽しみ

@shakitroさん
インテリアとDIYが大好きな奈良県在住のヨムーノメイト。共働き夫婦で、2人で過ごす休日の楽しみ方を工夫しながら、おうち時間を充実させるアイデアを追求中。
shakitro様.png

共働き夫婦の@shakitroさん。お互い、自分時間を充実させることが、忙しい夫婦円満のコツ。

@shakitroさんにとって、仕事から帰宅してすぐの自分時間は、自分だけのルーティーンタイム。 普段、お気に入りのお菓子と一緒に、好きな音楽を聴きながら「フルーティス™」を楽しみます。

普段は仕事で忙しく、仕事を頑張った後はホッと一息、紅茶かコーヒーを飲みます。でも、仕事終わりにサッパリしたい時に「フルーティス™」がとっても合います。お酢の酸味とフルーツの甘みが、心にも体にも染みわたります。

その日の気分に合わせて水・炭酸で割ったり、紅茶やアルコールで割ったりと色々なバリエーションで楽しんでいます。(@shakitroさん)

@shakitroさんの投稿

③1日のご褒美に!癒しの「#ナイトルーティーン」

グラスでおしゃれに楽しむ!低カロリーだから夜でも罪悪感なし

「#モーニングルーティーン」を楽しんでいる@aika.s.0310さん。実は、晩酌時の「#ナイトルーティーン」にも「フルーティス™」が活躍しているのだそう。

頑張った1日のご褒美に、少し自分を甘やかす時間を作っているという@aika.s.0310さん。夫との晩酌時だけでなく、お風呂上がりのストレッチ前にも飲むようになったといいます。

おいしいドリンクでホッと一息つきたい夜のリラックスタイム。でも、夜はカロリーも気になります。希釈した「フルーティス™」なら、低カロリーだし罪悪感がなく、体にもよさそうです!

「フルーティス™」にフルーツを入れてグラスで楽しむと、華やかな気持ちにもなります。「ざくろラズベリー」には冷凍ベリーを氷代わりに、「ピーチライチ」にはパイナップルの缶詰を、「シャルドネ」には柑橘類を合わせています。(@aika.s.0310さん)

@aika.s.0310さんの投稿

お風呂上がりの「カルピスソーダ」でまったり!

@myha1106さん
3人の男の子ママ。ナチュラルな北欧テイストの家づくりを実践中。インテリア家具や雑貨の投稿のみならず、すっきりと片付いた収納シーンの投稿にも人気が集まる。
myha1106様.png

@myha1106さんが最近ハマっている「#ナイトルーティーン」は、「カルピスソーダ(※)」割りです。
お風呂上がりに、夫婦で飲んでいるのだとか。

お酒の「カルピス」割や、スイート系のチューハイを普段から飲む私。今回は、「フルーティス™」に「カルピスソーダ」を1:3で割り入れてみました。混ぜるだけなので超お手軽。

特におすすめは「ざくろラズベリー」。ちょっと酸っぱいざくろ味が、「カルピス」の味でまろやかな風味になり、本当においしいです。(@myha1106さん)

※「カルピス」と「カルピスソーダ」はアサヒ飲料株式会社の登録商標です。

@myha1106さんの投稿

④家族やママ友と一緒に楽しむ「#女子会ルーティーン」

幅広いアレンジができるから、パーティー向けの演出も可能!

@mokomelo_さん
見た目がきれいで季節感を取り入れたおうちごはん・旬のスイーツが人気のヨムーノメイト。パーティにもぴったりの華やかメニューが得意。トイプードルとほっこりと過ごす日々を毎日綴る。
n1019様.png

「シャルドネ」にマスカットを入れて、みずみずしいドリンクを作った@mokomelo_さん。

「今は外出自粛のため友人と気軽に会えませんが、時期が落ち着いたら、それぞれにお酒を合わせて、ママ友とおうちパーティーをしてみたい!」と@mokomelo_さん。

今回は家族と一緒に、ビストロのような料理と「フルーティス™」を合わせたイタリアンパーティー風・プチパーティーを楽しみました。
「フルーティス™」は、お酒との相性がよく、パーティーを盛り上げる華やかな雰囲気が作れるところがお気に入りなのだそう。

「シャルドネ」は白ワインとの相性が抜群。「ざくろラズベリー」は味がしっかりしているので、ウォッカソーダなどですっきりと。チョコレートやケーキなどと合わせてもいいし、フルーツをグラスにたくさん詰めて、ウォッカソーダを注ぎ、パンチ風にしてもいいですね。

「ピーチライチ」にはホワイトラム。グレナデンシロップを少し入れて、かわいいグラデーションにもしてみたいです。(@mokomelo_さん)

@mokomelo_さんの投稿

「フルーティス™」を毎日の「#ルーティーン」に!

いかがでしたか?

好きな時間に、好きなシーンで楽しみたいから、個性あふれる3種類のフレーバーがあるのもうれしい「フルーティス™」。おいしく楽しく「ビネガー習慣」が続けられるのも納得!

ぜひ、この機会に試してみてください♪

「フルーティス™」公式サイト

「フルーティス™」公式インスタグラム

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

特集記事

連載記事

新着記事