おもちゃの散乱は見て見ぬふり!子供部屋の片づけは「完璧」よりも「まぁまぁ」が正解

  • 2021年03月25日更新

こんにちは!ひなたライフフレンドライターのsunkoです。

疲れがたまってしまうと、家事も思うように進まず、部屋は散らかる一方になってしまいます。そこで、子どもがいてもキレイを保つ方法として常に思うことは、子どもが小さいうちは、『ほどほどでいい』と割り切ること。

子どもに「自分のすっきり片付けたい~~!」っていう欲望を押し付ける事は。子どもにとっても息がつまりそうな気がします。

それよりも思い切り遊び倒して、おもちゃが散乱しようが見て見ぬふり。片付ける時に自分が満足いくように一緒に片付けられたらいいと思ってます。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

お片付けしている姿を子どもたちに見せる

本当に子どもって親がしてる事をよく見てるんですよね!

娘も息子も、テーブルが少しでも汚れたらすぐ拭く私の”くせ”を真似してやってるのを見た時はびっくりしました。

言葉で言うよりも、”コレをして欲しい”と思っている姿を、目の前でわざと見せたりすることで子どもなりに何か感じてくれる気がします。

『キレイになったら気持ちいいね!』って事を一緒に共感できたら毎日の暮らしも楽になるはず。

  • 散らかりすぎてストレスが溜まるならおもちゃを見直して減らす

  • 子どもの前で楽しんで片付けている姿を見せる

  • 完璧よりも「まぁまぁ」でよし

  • 大体でいいからモノの定位置を決めておく

  • 細かい分類はしない

家の中で過ごす時間が好きなので、子どもにも同じように家が楽しいと思える空間にしてあげたいな~って思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ライター sunkoのおうち

4歳の息子と6歳の娘の子育てに日々格闘中。
常に整ったすっきりしたお家が理想ですが、子どもは荒らしの天才。散らかるのは一瞬。 思い通りにならない毎日。どうしたら掃除が楽に出来るんだろう。どうしたら楽しくキッチンに立てるんだろう。どうしたら毎日気持ちよく過ごせるんだろう。そんなことを日々考えながら暮らしています。私は私らしく。頑張らずに楽にすっきり暮らせるコツなど。そんな事を、ゆるーく発信していけたらと思います。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事