【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

即マネしたい!【おうち学習】SNS話題アイデアBEST8!"ママペイ"から"数学に効く折り紙"まで

  • 2020年04月29日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

休校が長引くにつれ、おうち学習の難しさを痛感しているこの頃……。
今、必要としているご家庭に、子どもたちが楽しく学べる仕組みや、気分転換にもつながるおうち学習アイデアをご紹介します。

みんなでアイデアを持ち寄り、「巣ごもり」期間をチャンスに変えましょう!

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

これやってみたい!おうち学習アイデア5選

「子ども新聞」で毎日活字を読む習慣をつける

活字を読む習慣をつけるためには、毎日届くこども新聞がおすすめ。
朝日小学生新聞は1部70円ちょっとと、実はとってもリーズナブルです。

テレビをつけるといろいろ考えてしまうニュースが多い昨今。
こども新聞であれば、わかりやすく冷静に考える時間を持つこともでき、子どもの精神状態にも良いかもしれません。

声に出して読む習慣をつければ、学校の宿題では毎日のようにある「音読」も再開できます!

興味のある記事をみつけて「ニュース書きだし」

書くことによって「内容が頭に入ってくる」ことや「知らない漢字を覚える」機会が作られるものです。
それを毎日の新聞やネットニュースで行うのが「ニュース書き出し」。

新しい発見があるので、子どもだけでなく大人にもおすすめの学習方法です。

ニュースを選ぶところから子ども自身が行えば、今何に興味を持っているか自覚し、読書につながったり自由研究につながったりすることも。家族で発表会をするのもいいかもしれませんね。

レジャーシートを敷いて大好きな「図工」の時間を!

今、圧倒的に子どもたちから減っているだろう教科のひとつが「図工」の時間。
学校ではのびのび使えていた絵の具などを、家では「家が汚れてしまう」という理由で制限しがちです。

しかし、図工の時間は子どもの感性をのばすだけでなく、心を開放してくれることも。
画像のように、床にレジャーシートを敷いて汚れてもいい服を着れば、その上で絵の具を使うこともできるので、ぜひ図工の時間を作ってみては。

実は算数!?「ユニット折り紙」で大物に挑戦

折り紙は指先を使い脳の刺激にとても有効なのはよく知られていることですが、さらに高度なユニット折り紙は、それに加えて、算数の要素が入っています。

ユニット折り紙はまさに小学校高学年で習う「多面体」をつくるからです。
実際に「算数 ユニット折り紙」「数学 ユニット折り紙」などをテーマにした本も多数出版されているので、一緒に学習すれば新たな数字の世界に出会えるかも!

作り終えたときの達成感と、飾ることができる喜びもありますよ。

実は学校でやってる!?「クラップダンス」で体育の時間

休校により減ってしまった「体育」の時間。
運動不足で家族みんな体重増加してきていませんか?

今こそ、1日数十分でも家族みんなで体育の授業を取り入れましょう!

その”おうち体育”にぴったりなのが「クラップダンス」。
実は筆者宅の小学生も「学校の朝の会でやってるよ」というほど、今の小学生にはなじみがある子が多いダンスです。

YouTubeでは「クラップダンス」で検索すると、短い時間のものや簡単なものから、レベルの高いものまであります。マンションで音が立てられないなら「マンションOK クラップダンス」で検索すると出てきますよ。

子どもがおうち学習に取り組むアイデア3選

テレビやSNSで話題「#ママペイ」で子どものやる気UP!

今、テレビやSNSで話題なのが子どものやる気につながる仕組み「ママペイ」。
画像にあるように、そのお手伝いや学習によりポイントがもらえ、そのポイントを集めれば「おこづかい」や「ゲームの時間」と変換できる仕組みです。

「あと〇ペイ貯めれば、ゲームできる!」と、子どもの追加でいろいろお手伝いしてくれそう!
コツは種類豊富なお手伝いや学習を用意すること。「これなら今やってもいいな」と子どもが思えば、どんどん自分から動いてくれるようになると大評判です。

もちろん、パパペイにしてもOK!

「おうちテント」で “基地”確保!落ち着いた空間で心を開放

親子もずっと同じ部屋にいるとだんだんイライラ。
1人になれる落ち着く場所が欲しいのは、親だけでなく子どもも同じです。

今、SNSで「おうちテント」が大人気。おうちの中や、庭、ベランダにテントを出して子どもの“基地”を用意する方法です。

たったこれだけなのに、子どもはこの中で楽しく学んだり遊んだり、ごはんを食べたり中には布団を持ち込んで寝るほど落ち着く子も!おうち学習が進まない時の救世主になりそう。

親が先生に!ママパパ得意分野の特別授業を開講

筆者の場合は仕事で文を書くので、我が子と知り合いのお子さんに「作文教室」を行っています。
(知り合いのお子さんとは郵送システム利用でやりとりしています)

ママパパの中には長年習い事をしていた人や、趣味や学問で探究した分野を持つ人も多いはず。
もちろん会社の仕事として行っていることでも「子どもに教えられること」なら何でも「特別授業」に!

時間があれば、ぜひZOOMやLINEのビデオ電話を使って、知り合いのお子さんにも特別授業を開催してみても。

休校はピンチのようでおうち学習を深めるチャンス

突然の休校、長引く休校。親も子も戸惑いがいっぱいです。
ピンチのように感じますが、たくさんの人達とアイデアを出し合ってチャンスに変えて行きましょう!

もしかしたら、通常では出会えなかった得意分野や好きな学問が見つかるかもしれませんよ。

木月 ハチ
ヨムーノライター
木月 ハチ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事