【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】

自炊疲れの神!業スーで爆売れ「1個31円から!激安冷食BEST3」ほぼ作らない♪簡単アレンジ

  • 2020年05月23日公開

こんにちは。お料理することそして食べることが大好きな、ヨムーノライターの宮内有紀子です。

緊急事態宣言が解除された県もありますが、我が家の子どもたちはまだ自粛生活が続いているので、3食のご飯作りが続いています。

そんな私もですが、「自炊疲れ」を感じている方は多いのではないでしょうか?
毎日のごはん作りですが、冷凍食品を上手く活用すればグッと楽になります。

今回は、冷凍食品が豊富に取り揃う業務スーパーのおすすめ冷凍食品をご紹介します。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

業務スーパーおすすめ冷凍食品1:グレイビーハンバーグ

▲グレイビーハンバーグ(デミグラスソース)140g 150円(税抜)

最初にご紹介するのは、業務スーパーの冷凍食品より「グレイビーハンバーグ(デミグラスソース)」です。

ハンバーグは子どもたちの大好物!なのでこちらの商品を常備しておくと、「お腹すいた」なんて急に言われてもすぐに対応できちゃいます♪

調理方法は、沸騰したお湯に凍ったままの商品を袋ごと入れて13分温めるだけ!

ハンバーグを温めている間に、他の材料の準備をします。
そうこうしているうちにハンバーグのボイルもできあがり。

器にごはんを盛りその上にハンバーグをのせます。

野菜を盛り付け目玉焼きをトッピングしたら、あっという間に「ロコモコ丼」の完成♪

子どもたちの好きなデミグラスソース味なのも、嬉しいポイント。
ハンバーグを1から作ろうと思ったら、かなりの時間と手間がかかるので、常備しておくと便利です!

業務スーパーおすすめ冷凍食品2:エビフライ

▲エビフライ 300g 495円(税別)

次に紹介するのは、業務スーパーの冷凍食品より「エビフライ」です。
1袋に10本入っているので、1本あたり49.5円です。

エビフライは、下ごしらえの手間もあり家で作るの大変ですよね……。
でも子ども達からは「エビフライ食べたい~!」ってよくリクエストされるんです。
そんな時に便利なのがこちらの商品。

調理方法は、170~180℃の油で3~5分揚げるだけ。

ピラフを作ってエビフライをトッピングしてタルタルソースを添えたら、あっという間に”お子様ランチ風”ワンプレートのできあがりです。

お弁当のおかずに入れても喜ばれるので、かなり重宝しています♪

業務スーパーおすすめ冷凍食品3:コロッケ

▲北海道産 きたあかりのコロッケ 560g 248円(税別)

次に紹介するのは、業務スーパーの冷凍食品より「北海道産 きたあかりのコロッケ」です。
1袋8個入りなので、1個当たり31円と激安!

激安なのに北海道産のじゃがいもで作られているので安心です♪

調理方法は、170~180℃の油で8分半~10分程度揚げるだけ。

もちろんそのまま食べても美味しいのですが、アレンジして食べてみました。

朝ごはんにピッタリなコロッケサンドを作りました。
食パンにマヨネーズとマスタードを塗り、レタスとソースをかけたコロッケをサンドするだけで、おいしいコロッケサンドのできあがりです。

玉ねぎとコロッケをめんつゆで煮て、卵でとじたコロッケ丼のアレンジ料理も作成。

こちらも家族から好評でした!
パパっと作れるので、自粛期間中のお昼ごはんに大活躍です。

まとめ

業務スーパーの冷凍食品はいかがでしたか?
「自炊疲れ」には、業務スーパーの冷凍食品を使って乗り切ってみてください♪

どれも簡単な調理方法なのにおいしく、テンション上がるものばかりなので、常備しておくのにおすすめですよ!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

宮内有紀子
栄養士・調理師

栄養士・調理師。お料理すること・食べることが大好きな、2人の女の子のママ。 無理なく楽しく節約しながら、家族が喜ぶ「見て美味しい・食べて美味しい」おうちごはん作りを紹介していきます。

宮内有紀子 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事