【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

成城石井で今いちばん食べたい「ほぼ500円!絶品惣菜BEST5」コレは家で絶対作れないレベル

  • 2020年05月24日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

外出自粛が続き、外食の機会が減った方も多いのではないでしょうか。
おうちごはんもいいけれど「たまには外食気分を味わいたい!」という方に、おすすめしたいグルメが成城石井にたくさんあります!

エスニックや中華など、使う材料も専門的でなかなか手軽にお家では作れないようなメニューを、お家でも楽しめるのが成城石井の惣菜。

経験の豊かな調理人がレシピ開発し、本格的な食材を使って作られた成城石井のお惣菜で、前菜からメインまで、その日の気分に併せて、組み合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

成城石井自家製 フレッシュバジルとトマトジュレの冷製パスタ

▲499円(税抜)

バジルの香りが芳醇なジェノベーゼパスタとトマトの旨みが凝縮したトマトジュレを楽しむ、これからの時期にぴったりで爽やかな冷製パスタです。

パスタとジェノベーゼソースを事前に和えることで、バジルの緑にトマトの赤が映え、見た目にも魅力的な逸品です。

フレッシュトマトやオクラ、ヤングコーンなどの旬の夏野菜をトッピングしており、季節感・ボリューム感とも存分に楽しむことができます。仕上げにパルミジャーノレジャーノをトッピングしています。

成城石井自家製 フォー・ガー(鶏肉のフォー)

▲499円(税抜)

年間を通して人気の高い、米麺(フォー)を使ったアジアンテイストの麺惣菜。ガラスープ、ナンプラーや白ワインを合わせ、レモンを利かせたあっさりスープが絶品です。

自家製の蒸し鶏、もやし、そして話題のパクチーをトッピング。麺は本場ベトナムの平打ち麺を使用しています。

さっぱり味なのでちょっと食欲がないという時にもおすすめです。ナンプラーが香るやさしい味わいのあっさりスープが心と体にしみわたります。

成城石井自家製 シンガポール風ラクサ

▲599円(税抜)

“ラクサ”とは、シンガポールやマレーシアで定番の屋台料理として知られる、ココナッツベースのカレー麺です。

同商品の一番のこだわりは、あっさりとしながらも濃厚で後を引く味わいのカレースープ。ココナッツミルクではなくココナッツクリームを使用することで、口当たりの良い甘みとクリーミーなコクを引き出しています。

また、ナンプラーといった現地の食材や、複数のスパイスを絶妙なバランスでブレンドすることにより、化学調味料不使用で、心地よい辛さと奥深い味わいに仕上げられました。

麺は、シンガポールで定番の米麺(クイッティオ)を使用。トッピングはラクサに欠かせない厚揚げのほか、自家製の蒸し鶏、香菜、ゆで卵、トマトなどが彩り鮮やかに盛り付けられています。色・味・ボリュームともに満足感のある、食べ応え抜群の一品です。

成城石井自家製 鶏ひき肉のピリ辛ガパオライス

▲599円(税抜)

タイ料理のガパオライスを国産鶏ひき肉で作っています。

タイでよく使用される調味料シーユーダム(大豆から作られたコクのある醤油)、シーズニングソースなどエスニック料理に欠かせない調味料を使用してガパオソースを作っており、本格的な味わいに仕上げています。

クミンで味付けしたポテトや自家製フライドオニオンなど、7種の具材を楽しむことができ、ボリューム感のある逸品です。

成城石井自家製 紀州産梅と大葉の和風ジュレカッペリーニ

▲529円(税抜)

梅の酸味やだしの風味、ごま油の香りが感じられる自家製の和風ジュレがポイントです。

それぞれの素材の味わいを活かし、酸味と塩味のバランスにこだわっています。さっぱりとした梅の味わいの冷製パスタは、暑い日や食欲が出ない日にぴったりです。

外食気分を味わうなら、成城石井の本格惣菜を

使う材料も専門的でなかなか手軽にお家では作れないようなメニューが食べられる成城石井の惣菜は、外出自粛中に嬉しいですね!

外食気分を味わいたい方は、成城石井の本格惣菜でいつもと違ったメニューを楽しんでみてください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

ヨムーノライターがつい買ってしまう!人気アイテムまとめ

成城石井おすすめ最新版!惣菜からスイーツまとめ

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事