【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

半年探しまくって「IKEAが最終結論!」理想の"ゴミ箱"たった1つの残念は「セリアが解決」

  • 2020年07月31日公開

こんにちは。収納のことばかり考えている、整理収納アドバイザーでヨムーノライターSayoです。

さて、皆さんはどのようにゴミの分別をしていますか。
我が家は4人家族なのでゴミの量も多い方だと思います。たくさんのゴミを清潔に保管できて賢く分別できるゴミ箱はないかと探していたところ、IKEAでぴったりの商品を見つけました。

今回は、IKEAのゴミ箱にセリア商品を組み合わせて、より便利に使える方法を紹介したいと思います。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

たっぷり入れられる「IKEA SORTERA ソルテーラ 分別ゴミ箱」

シンプルなデザインでしかも大容量のソルテーラ 分別ゴミ箱。
分別できるゴミ箱を探して半年ほどいろいろ検討していましたが、ソルテーラを超えるものは見つからず、購入に至りました。

  • SORTERA ソルテーラ 分別ゴミ箱 ふた付 ホワイト 60リットル 1,999円(税込)

サイズは、60リットルと37リットルの2種類。
60リットルは、可燃ゴミなどの量が増えやすい分別におすすめ。

我が家では、可燃ゴミと資源ゴミ(プラスチック)に使っています。 シンプルなデザインなので、手作りのラベリングもよく映えます。

  • SORTERA ソルテーラ 分別ゴミ箱 ふた付 ホワイト 37リットル 1,499円(税込)

37リットルは、不燃ゴミなど量があまり増えないものを分別するのにおすすめです。

我が家では、不燃ゴミ・資源ゴミ(紙)・缶ビン類・食品トレー類に使っています。

このように重ねることができるので、ゴミ箱を入れるスペースに2つも置けてしまう優れもの。
2LDKで収納場所が限られている我が家には、大歓迎の機能です。

手前にフタがついています。「入れ口が狭くないかな……」と最初は思うかもしれませんが大丈夫。 例えば中身の入ったゴミ袋(45L)をギュッと押し込んでもしっかり入ります。
ストレスなくゴミ箱にポイッ!です。

ゴミ箱を重ねた場合でも、フタは開けられます。

惜しいポイントがあるけれど、プチ工夫で解決できる

ちょっと惜しいポイント

シンプルで大容量のソルテーラですが、ちょっとした惜しいポイントがあります。

およそ45リットルのゴミ袋をかけようとしてもゴミ箱の方が大きいので、かかりそうで……かからない。

ゴミを入れようとするとゴミ袋までズルズル……。
毎回こうなると、ストレスがたまります。

また、不燃ゴミや缶・資源ゴミなど分別したいけどそこまで量はないといったものは、37リットルサイズさえも大きすぎてスペースがもったいない。

ひと工夫してみました

そこでちょっと、ひと工夫。
クリップでゴミ袋の手前をクリップで固定してみると……。
ゴミを入れてもずり落ちない!

たくさんのゴミが入っているところに、さらにゴミを押し込んでも奥まで入り、スペースを有効利用できています。

さらに一工夫。
ひもで空間を分けてみると……量が少ないゴミの分別もこの通り! 空間を縦に区切ることで、2種類の分別ができました。

さっそく作り方をお伝えします。

セリア商品を使って簡単!プチ工夫をしよう

セリアで用意するものは4つ

  • マグネットクリップ 小 3個入 100円(税別)

マグネットは必要ないですが、"ゴミ箱につけても目立たないもの"を探した結果こちらにたどり着きました。

  • 伸び~る靴ひも 約100cm 100円(税別)

伸びる点がポイント。ゴミ箱の空間を区切るときにピンッ!と張っていないと中でゴミが混ざってしまいます。
まさか靴ひもがゴミ分別に使えるとは!意外でした。

  • マジカルテープ 粘着タイプ 100円(税別)

ゴミ箱と伸び~る靴ひもをストレスなく固定できるものはないか……と探した結果、マジカルテープがぴったり!

  • 木製ナチュラルピンチ 100円(税別)

ゴミ袋を固定して空間をきれいに分けるには……靴ひもの上からゴミ袋を固定するものが必要です。 軽くておしゃれなこちらのピンチに決まり!

さあ作ってみよう(ゴミ袋がずれない工夫編)

ゴミ袋をずれないようにするには、ガチガチに固定する必要はありません。 実はフロント部分をしっかり固定するだけで十分。

ソルテーラのゴミ箱(60リットルタイプ)にゴミ袋をかける場合はこのようにフロント部分を2箇所クリップで固定します。

フタをしてもクリップが外にはみ出すことなくきれいに仕上がります。

さあ作ってみよう(ゴミ箱内で2分別する工夫編)

マジカルテープを使って靴ひもをピンッ!と張って、ゴミ箱の空間を2つに区切ります。
そのために、マジカルテープを靴ひもとゴミ箱にそれぞれ貼り付けます。

まず靴ひもにマジカルテープを貼り付けます。
いろいろ試したところ、写真のように端からおよそ14cmと25cmのところにマジカルテープを貼り付けるとちょうどよい張り具合になります。
粘着タイプですがどうしても使っているうちに剥がれてきてしまいますので、ボンドでしっかり固定することをおすすめします。

次にゴミ箱側にマジカルテープを貼り付けます。
ゴミ箱をひっくり返してみてください。

手前と奥それぞれの溝にマジカルテープを貼り付けると、靴ひもが剥がれにくくしかも目立たないのでおすすめです。

こちらはボンドを使わなくてもマジカルテープをそのまま貼り付けて大丈夫。 剥がれる心配はありません。
ただ、直接貼り付けるのは嫌だな……とマスキングテープを貼ってからマジカルテープは貼らないでくださいね。
試してみましたが、できた!と思った瞬間、ゴミ箱からマジカルテープが飛んできます(笑)。

マジカルテープを貼り付けるとこのようになります。

ゴミ箱と靴ひもを固定します。
靴ひもの余りが多い方(25cm)をゴミ箱の後ろ側にすると仕上がりがとてもきれいです。

またゴミ箱の前側は、余りの靴ひもをクリップで挟んでおくと…

万が一マジカルテープが剥がれてしまっても、靴ひもをある程度サポートしてくれます。

木製ナチュラルピンチとクリップでゴミ袋と靴ひもをしっかり固定したら、でき上がりです。

快適ライフを手に入れよう

ちょっとした工夫で暮らしがとても快適になります。
我が家は、子どもがすすんでゴミを分別してくれるようになりました。

よかったらぜひ参考にしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

試してみたくなりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

Sayo
整理収納アドバイザー

愛知県在住。 夫と二人の子供の4人暮らし。 お絵描き&工作好きな家族が楽しく暮らせる空間を作り上げるのが夢。

Sayo の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事