【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ヒルナンデスで大注目!ワークマン新商品が早くも品切れ続出「1,900円高見えトート」秀逸すぎ

  • 2020年05月25日公開

こんにちは。何気ない暮らしの中にさり気ない幸せをきちんと感じて歩んでいきたいヨムーノライターのフェルマータです。

ここでは、お昼の情報番組「ヒルナンデス!」にも登場して今注目度が急上昇中のワークマンプラスから、急な雨でも安心でオールシーズン使える「撥水2WAYポケッタブルライトトート」のメリット・デメリットをご紹介します。

話題にならなければ作業着のイメージが強いワークマンに足を運ぶことはなかったと思いますが、話題通りの実力がそこにはありました。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

【フィールドコア】撥水2WAYポケッタブルライトトート 1900円(税込)

レインコート探しのついでに見つけたトート

話題のワークマンプラスに足を運んでみると驚くことの連続でした。
足を運んだ目的は「子ども(高校生)の通学用レインコートを見てみるかぁ~」という軽い気持ちだったのですが……。

迷うほどの商品点数!
さらに、カラーバリエーションも多く、子どもが着ても十分に良い!むしろカッコいいと感じるレベル!!

テンションがあがってくると、せっかく来た店内をチェック!

そして、自分用に購入して満足度高いのが「撥水2WAYポケッタブルライトトート」です。

商品番号:D100
容量:20L
素材:ナイロン・ポリエステル
カラー:ブラック・カーキ・ネイビー

※【ワークマン公式オンラインストアより】こちらの商品は撥水商品となっております。生地に撥水加工をすることで水を弾く機能を持っていますが、水滴がついた状態で押さえつけたり、大量の水分にさらされたりすると、生地の隙間から染み込んでくる可能性がございます。水分の侵入を完全に防ぐ防水加工の商品ではございませんのでお買い求めの際はご注意ください。

愛犬とのお散歩に丁度いい

こちらのバッグは犬とのお出かけ用に購入しました。犬とのおでかけにはたくさん必要なものがあるのです。

水・予備用の水、まだ子犬なので一日3回食事をとるためお昼用のフード・フードの器、ロングリード、タオル、レインコート、私用のレインコート、ビニール袋、ティッシュペーパー……などなど。

「撥水2WAYポケッタブルライトトート」の容量は20L。
十分な大きさ、そして大きすぎないサイズ感です。

気に入ったポイント

  • 軽いそして撥水

説明するまでもありません!
ナイロン製で軽いのがなんといっても一番の魅力です。犬の散歩って、雨の止み間に行きがちなんです。
今行けるかなっ~て。そして歩いている途中に降ってきて濡れながら帰宅。あるあるです。撥水なのでそのような天候にも対応しています。

  • トートでもリュックでも使いやすい

トートとして使用した時の持ち手が肩に掛けて持つのちょうどよい長さでおさまりが良いです。

さらに持ち手を束ねるベルトがついていて肩に掛けた時にばらけません。少しのことですが、痒い所に手が届く仕様が嬉しいです。

リュックにできるのも助かります。
長時間歩くときは必ず背負っています。胸のところにもベルトがあるので安定感もバッチリです。背中部分と肩ベルトには少し厚みがあり、疲れにくい構造にも配慮が感じられます。

  • 脇の網ポケット

リュックで背負っていても、水はすぐに取りだしたいものです。
脇の網ポケットに水を差しています。すぐに片手で取り出せます。
これもポイント高いです。さらに網になっているので万が一水がこぼれてもたまりません。

このバッグは愛犬とのおでかけを想定して作られたんじゃないか!!と、思うほど(笑)。フィットしていると感じています。

だがしかし「ポケッタブル」でなくてもいいかな~?

ひとつだけ残念に思うのはポケッタブル機能です。
本体裏側のポケットに小さくおりたたんで収納できるようになっています。

でも、背中部分と底部分の生地に厚みをもたせてあるので、私、うまく折りたためないんです。生地に厚みがあるのはとても助かるので優先して、ポケッタブルでなくてもいいかな~と感じました。

個人的にデメリットと感じたのは、このくらい……1900円でメリットありすぎです!

いかがでしたか?
愛犬家のみなさま……ぜひ実際に手に取って見てみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事