【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

まさかの1,000円台に驚愕!IKEA「高見え!神シェルフ」おしゃれすぎる収納「活用術BEST5」

  • 2020年06月02日公開

こんにちは、北欧家具の魅力にハマりつつある、ヨムーノライターのayanaです。

「お手頃価格で、おしゃれな棚を探している」という方におすすめなのが、IKEAのユニットシェルフ。
インスタグラマーの方も多数愛用者がいるこちらのユニットシェルフは、シンプルなデザインなので様々なインテリアに、違和感なくなじみます。

今回は、IKEAから販売されているシェルフユニット「LERBERG(レールベリ)」について紹介します。 おしゃれに活用している方の投稿ばかりを選出しておりますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ナチュラルインテリアとも相性抜群!

  • LERBERG レールベリ シェルフユニット ホワイト 35x148cm 1,999円(税込)

IKEAのシェルフユニットは、シンプルだからこそ、おしゃれなインテリアとの相性も抜群!

特にホワイトカラーのシェルフユニットは、どんなアイテムとも違和感なく合わせることができます。こちらのシェルフユニットはそれぞれの棚のスペースが大きめに設けられているため、必要なアイテムもすぐに取り出すことができますよ。

@n___gu.0さんが使用しているような幅の狭いタイプのシェルフユニットなら、場所を気にすることなく設置可能です。

収納アイテムを使えば、“見せない収納”としても大活躍!

  • LERBERG レールベリ シェルフユニット ホワイト 60x148cm 2,499円(税込)

シェルフユニットにしっかり物を収納したい時は、ボックスなどを活用することで、スッキリ見える収納に仕上げることができます。棚と収納アイテムを同じカラーで合わせれば、まとまりのあるおしゃれな収納になりますよ。

こちらの棚は、なんと2,499円(税込)!コスパよく棚を購入したい方におすすめです。

高さの低いシェルフはちょっとした収納に大活躍!

  • LERBERG レールベリ シェルフユニット ホワイト 60x70cm 1,699円(税込)

@sao_283さんは、IKEAのシェルフユニットをリビング収納に使用しています。

こちらのシェルフユニットは、高さが低いため圧迫感を感じさせることはありません。奥行きもあるため、新聞紙などのサイズの大きなアイテムも無理なく収納することができます。

下には隙間があるので、お掃除ロボットの基地として使用することもできますよ!

こちらのシェルフユニットは、ホワイトの他にダークグレーやイエローも販売されています。

シェルフユニットは1人暮らしのキッチン収納にもおすすめ!

  • LERBERG レールベリ シェルフユニット ホワイト 35x148cm 1,999円(税込)

こちらのIKEAのシェルフユニットは35cmと横幅が小さめなので、キッチンなどのちょっとしたスペースに設置することができます。それぞれ広めに高さが設けられているため、ケトルやトースターなども収納することができますよ。

壁に固定することができるので、耐震対策も万全です。

ライトでデコレーションすると可愛さアップ

  • LERBERG レールベリ シェルフユニット ホワイト 60x148cm 2,499円(税込)

シンプルでスタイリッシュな印象のIKEAのシェルフユニットも、@kl____myroomさんのように、ライトやかわいらしいインテリアと一緒に設置することで、おしゃれな収納として活用することができます。

あえて空間を残して使用することで、圧迫感のない収納に仕上げることができますよ。

IKEAのシェルフユニットでインテリアを格上げ

いかがでしたか?
IKEAのシェルフは、シンプルなデザインだからこそ様々なインテリアにマッチしてくれるアイテムです。 おしゃれなのにリーズナブルに手に入れられるのもうれしいポイント。

IKEAオンラインストアでも取り扱いがあります。今回の記事を参考に、IKEAでおしゃれなシェルフを探してみてくださいね!

IKEAオンラインストア

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。
※投稿者の許諾を得て掲載しています。

「実践したい!」と思えるような記事を発信していきます♡

ayana の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事