わがままボディに喝!「イオン98円シリーズ」が低糖質なのに美味しい!リピ商品TOP4

  • 2021年03月25日更新

こんにちは!最近お腹の肉が気になるヨムーノライターの相場一花です。

仕事や子育てに追われるようになってから満足に運動をしていないこともあり、全体的にぜい肉が増えてきました。せめて、健康を意識した食事を……とも思いますが、お値段が高くて中々手を出せません。そんな時には、イオンで糖質カット系の食品を買っています。

イオンでは、健康面に配慮した糖質カット系の食品の品揃えが豊富で、しかもお手頃価格なんです。今回は、私が気に入っているイオンの糖質カット食品を紹介します。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

イオンでは健康を配慮した食品がたくさん!

イオンという言葉を聞いて、健康を配慮した食品を想像する人は多くないと思います。どちらかと言えば、イオンはお手頃価格で食品や日用品が買えるというイメージが強くて、私も長らくそんなイメージでイオンを利用していました。

しかし、イオンでは健康志向の高まりを受けて糖質や塩分をカットした食品が続々と登場しています。

健康を意識している系の食品は値段設定が少々高くなることもあります。しかし、イオンの糖質や塩分をカットした食品は、その他トップバリュ食品と比較しても値段設定に大差はありません。100円以下で購入できる食品もあるため、とっても経済的なんですよ。

糖質4.0g!「低糖質中華丼」98円(税抜)

驚異的な糖質の低さが際立つ「低糖質中華丼」。糖質だけでなく値段も抑えられているレトルトタイプの中華丼です。

豚肉の1部に大豆を使って糖質を下げているみたいですね。1食あたり85kcalと低カロリーなのも嬉しいポイント。調理方法は「湯せん」「電子レンジ」の2通りです。

具材がたくさん入っている

パッケージから中華丼を出してみると、思ったよりも具材がたくさん入っていて驚きました。しょうがの香りがきつめに感じました。

大豆が混ざった鶏肉が散りばめられている「低糖質中華丼」。中華丼のとろみや他の具材の存在感の方が強かったため、大豆の味はさほど気になりませんでした。肉肉しさには欠けているものの、糖質カット食品であることを考慮すると仕方がないのかな……。

写真では白米を大盛にしていますが、カロリーや糖質が気になる人は白米は少なめにしましょう。

おろししょうがの味が強め

低糖質中華丼を一口食べて感じたのが「おろししょうがの存在感の強さ」です。最初は違和感がありましたが、食べ進めていくうちに慣れてしまいました。

しょうがの味が苦手な人は要注意ですが、個人的には問題なくいただけています。好き嫌いがはっきりする味に仕上がっていますが、低糖質の魅力からリピ買いしている1品です。

デザートにぴったり・「おいしさと糖質のバランスミックスゼリー」 98円(税抜)

イオンは低糖質スイーツも充実しています。しかも、100円以下のスイーツが多いんです。その中の1つが「おいしさと糖質のバランスミックスゼリー」 98円(税抜)。大好きなので、何度も食べています。

フルーツたっぷりなのが嬉しい

みかん、白桃、マンゴー、パインの果肉が入っているのにも関わらず、糖質はわずか8.5g!カロリーはたったの46kcal。私のようになんとなくお腹の肉が気になる……という人だけでなく、カロリーや糖質をセーブしている人にもおすすめです。

違和感のないフルーツゼリー

低糖質のフルーツゼリーというくくりですが、他の一般的なゼリーと比べても特に違いはわかりません。

実際に食べ比べてみると違うのかもしれませんが、「おいしさと糖質のバランスミックスゼリー」単体で食べる限り「ゼリーってこんなもんだよね」と感じる程度。ゼリー部分にフルーツの味がしっかりとはついていませんが、特段まずいわけでもありません。

どうしても甘いものが食べたくなったら「おいしさと糖質のバランス ワッフル」98円(税抜)

体型が気になるとはいえ、どうしても甘いものはやめられないですよね。「ゼリーもいいんだけど、洋菓子だって食べたい!」というわがままな私のニーズにぴたっとはまっている「おいしさと糖質のバランス ワッフル」98円(税抜)。

クリームたっぷりのワッフルが2個入っていて、糖質はたったの9.36g!1個ではなく、2個の糖質量です。2個食べても糖質10g以下とか……。素晴らしいですね!

やや甘みは控えめ

クリームはたっぷり!甘さ控えめではあるものの、ミルキーでとっても美味しいです。「低糖質スイーツです!」と言われなければ、気が付かないくらいクオリティが高いですよ。

低糖質スイーツは結構クセがあって食べにくいものも多い中、イオンの低糖質スイーツはかなりかんばっていると思います。

どうしても甘いものが食べたくなっても安心して食べられる

クリームたっぷり・ワッフル生地はふんわりとしていて、スイーツとしても美味しくいただける「おいしさと糖質のバランス ワッフル」。特に体型を気にしていない夫にも好評です。我が家の子ども達も大好き。

「子どものおやつ……ちょっとカロリー・糖質多すぎるかも?子どもに気がつかれずに満足のいくおやつを出したい」という悩みを抱えている人にもぴったりですね。

ランチの1品におすすめ「カリフラワー入りチキンピラフとトマトのハンバーグ」398円(税抜)

1食あたりの糖質を29.9gに抑えている「おいしさと糖質のバランス カリフラワー入りチキンピラフとトマトのハンバーグ」。

「おいしく楽しく適正糖質」を掲げている食・楽・健康協会は、1食で摂取する糖質量を20~40gを推奨しています(※1)。

「おいしさと糖質のバランス カリフラワー入りチキンピラフとトマトのハンバーグ」では、「おいしく楽しく適正糖質」を実現できますね。ちなみに、ごはん150g(茶碗小1杯)の糖質量は55.2g(※2)。

ごはんの糖質量を考えると、「おいしさと糖質のバランス カリフラワー入りチキンピラフとトマトのハンバーグ」の糖質量の低さは驚異的すぎます。

食べる時は、電子レンジで温めるだけ。「忙しくて、健康を意識した食事が作れない」という人にもぴったりですね。

成人女性のランチや夕食としては少なめですが、圧倒的に足りないわけでもありません。

ごはんの半分はカリフラワー!しかしほとんど違和感なし

どうやって糖質量を抑えているのか……と思ったら、ごはんの半分がカリフラワーになっていました。ごはんとカリフラワーはべちょっとしていて、よく混ざっています。カリフラワーは半分入っているはずですが、あまり違和感なくいただけました。

チキンピラフの味は、可もなく不可もなしといったところ。冷凍食品のチキンピラフって感じですね。

ハンバーグはちょっと練り物っぽい

トマトのハンバーグは、練り物にトマトソースをかけて食べているかのような食感でした。ハンバーグというよりも、つくねに近いですね。決してまずいわけではありませんが、ハンバーグの肉肉しさを想像して食べると残念な気持ちになるかもしれません。

夫や子ども達にも一口ずつあげてみましたが、特段「食べられない」といった反応はありませんでした。冷凍食品としては一般的な味をクリアしているのだと思います。

イオンの低糖質食品のクオリティがすごい

イオンの健康面に配慮した糖質カット系の食品は、かなりクオリティが高め。カロリーや糖質を気にしていなくても、美味しくいただけるものが多くので、時折購入しています。

特に、イオンの低糖質スイーツはイチオシ。イオンへお立ち寄りの際には、是非とも糖質カット系の食品も手に取ってみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

※1 食・楽・健康協会
※2 食・楽・健康協会

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事