【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

神コスパ!ダイソー1本22円は「本当に買ってお得?」を「100回書いても大丈夫♡」でガチ検証

  • 2020年06月15日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

油性のなまえペンやマーキングペンを日常的に使う人も多いと思います。
特に子どもがいるご家庭では必需品ですよね。

そんな必需品のペン、おいくらで購入していますか?

ダイソーで驚愕の”1本22円”の油性なまえペンとマーキングペンを発見!
粗悪品なのか、それともコスパ最強ペンなのか!?さっそく試してみました!

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

「油性なまえペン」が5本で110円にびっくり!

▲ダイソー「油性なまえマーカー」5本入りで100円商品!

ダイソーで「ハローベア油性名前マーカー」という可愛いなまえペンが、なんと5本入りで税込み110円!
1本たった22円の油性ペンなんて信じられますか!?

我が家は油性ペンをやたら失くすので、常に数本買い置きしているのですが、今まではもちろん1本100円以上のものを買っていました。
これなら……1袋買っておけばOKということでは!(わなわな)

「細」と「太」の二つのライン、その差は?

▲あれ?細いほうなのに太い……、なんと8mm。

なまえペンといえば「細」と「太」があるのが定番ですが、1本22円ペンも同じくツインタイプ。さっそく太さをチェックしてみたら。

あれ?細いほうが思ったより太い?
今度は太いほうを書いて、細い方と比べてみます。

▲細いほうは8mm、太いほうは12mm。

見てのとおり、「細」と「太」の違いがあまり分かりません。
鉛筆などの小さい空欄に氏名を書きたい時には不便だと思われます。

残念ながら細かい仕事が苦手なペンであるということは分かりました。次は、耐久性はあるのかどうかチェック!

ダイソー22円油性ペンの耐久性を検証!

▲ペン回しはやりやすそう(笑)

「細さと太さにあまり違いがない」という難をさっそく見つけてしまいましたが、では耐久性はどうでしょうか。「インクが少ない」とか「すぐに毛羽立つ」などの不安要素をチェックします!

「ヨムーノ太郎」を100回書いてみた

▲架空の人物名「ヨムーノ太郎」を100回書きます!

ペンの耐久性を調べるのは書くのが一番!──ということで油性ペンなので光沢紙を用意し、「ヨムーノ太郎」を100回書きます。

耐久性テスト結果はまったく問題なし!

▲100回書いても余裕!

100回「ヨムーノ太郎」と書いても、まったくインクが途切れる気配もなく、ペン先が毛羽立つ気配もありません。問題なしです!

結論:細かい作業は苦手だが普通に使える!

もし、実際の使用時に100回名前を書く以前にインクが途切れたのであれば、それは通常の油性ペンと同じインクが固まったのが原因と思われるので、除光液などをペン先につけることでインクを溶かせばまた書けるようになるはず。

鉛筆に名前を書くときは、別のペンやスタンプが必要ですが、それ以外は十分まかなえそう!

次は「1本22円マーキングペン」!こちらは10色

▲5本入りセットが2種類、販売されています。

ダイソーには22円ペンがまだまだあります。
こちらのマーキングペンも5本セットで税込み110円。

カラーのカテゴリーは「パステルカラー」と「アッシュカラー」の2種類です。
見た目もかわいいので、1本22円どころか100均にも見えない!

パステルカラーは「蛍光色強め」の5色!

▲パステルといいつつ蛍光色が強め。

若干通常の蛍光色より淡いカラーなのがこちらの「パステルカラー5色」。
淡く優しい色合いなので、白い紙にとても映えます。

アッシュカラーは「くすんだ大人カラー」の5色!

▲大人カラーな落ち着いたマーキングカラー。

マーキングカラーではめずらしい「グレー」があるのが特徴ですが、それだけでなく5色全部がくすんだ大人っぽい仕上がり。
パステルより濃く色がでるので、新聞やカラーの紙にもマーキングしやすいペンです。

マーキングペンは色味が似ているようでこんなに違う!

パステルとアッシュの2種類のペンセットの印象は「それぞれ似た色があるなぁ」でした。
本当に似た色なのか、似た色っぽいペンのカラーを比較してみます。

パステルピンクVSアッシュレッドはくっきり違う

キャップを外した途端もう違う色とよくわかりますが、試し書きでもくっきり違いがでました。
淡いピンクに濃いピンク……といった感じでしょうか。

パステルイエローVSアッシュイエローもまったく違う色だった

淡いパステルイエローと比較しても、アッシュイエローはおうど色に近いイメージ。くすんでいるので色も濃く見えます。まったく別物ですね!

パステルブルーVSアッシュブルーは濃さが違う

こちらは同じ色の濃さが違うという感じ。いうなれば「水色」と「青色」でした。

パステルグリーンVSアッシュブルーははっきり違うカラー

グリーン系ははっきり違いが。まさにエメラルドグリーンと抹茶でした。はっきりと色の違いを感じます。

結論:似ているようで全然違う!10色使いおすすめ

▲この10本で税込み220円って!

「似たような色が10色あるな」と思いきや、試し書きしてみるとまったく違っている10色で、水彩画用のペンをそろえたような錯覚に。
マーキングペンですが、これで絵を描くのも楽しそう!何度も言いますが、1本22円です。ビックリ!

ダイソー1本22円ペンは「とりあえず買っとけ」商品

日常で「なまえペンが必要」「マーキングペンがほしい」ということはよくあること。
ついつい税込み1本110円のペンを手に取りがちですが、5本入りの「1本22円ペン」がダイソーに存在しているのをぜひお忘れなく!

比較した結果、まちがいなくコスパは最強。もちろん、我が家ではすでに大活躍中です。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

木月 ハチ
ヨムーノライター
木月 ハチ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事