【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】

【骨格診断】「ウェーブタイプ」の特徴と似合うファッションは?プロ直伝「スタイル格上げコーデ」

  • 2020年06月26日公開

こんにちは、骨格診断士として活動するヨムーノライターのおかはるです。

前回は、骨格タイプ:ストレートについて書かせていただきました。

【骨格診断】「ストレートタイプ」の特徴と似合うファッションは?プロが教える“着やせ”のコツ

今回は華奢で女性的なやわらかさを持つエレガントボディが魅力的なウェーブタイプについてご説明したいと思います。

骨格タイプ:ウェーブってどんなもの?

身体の特徴

首が長く上半身が華奢な反面、膝から下に脂肪が付きやすいのが特徴です。

腰、ヒップの位置は低く、二の腕や太ももは細目。ハリのある筋肉とは異なり、とてもやわらかい質感です。

ウェーブタイプの芸能人

桐谷美玲、紗栄子、北川景子、佐々木希 など 

得意なアイテム

※イラスト:おかはる

ボディコンシャスやエレガントな女性らしいものが得意です。例えば、フリルやビジューなどの装飾が付いたトップスやフレアスカートなど。

イメージは「女子アナ」

素材は、ポリエステルやシフォンなどのやわらかいもの、透ける素材、モヘアのような空気感のあるふわふわしたものがよく似合います。

粗い素材やハリが強すぎる素材は、ウェーブタイプ特有のソフトな質感が負けてしまいます。服に着られてしまわないよう気をつけましょう。

着こなしで注意すべき点

ウェーブタイプは、長い首と上半身の薄みから胸元がさみしく貧相に見えることも。

また、腰やヒップの位置が低めなので、注意すべき点は「貧相に見せない」と「胴長短足に見せない」という2点。

トップスを選ぶ際は、イラスト左のようなネックラインが広く開いたものより右のように詰まったものが◎。

ネックラインが大きく開いてると、より首が長く見えてしまいアンバランスな上、華奢な骨格が協調され貧相な体形に見えることもあります。

大きく開いたネックラインのものには、インナーにTシャツをINしたりスカーフを巻いたりして対策をしましょう。

また、パフスリーブや袖にフリルなどがあると、上半身にボリュームが出て「貧相」から回避できます。

ボトムスを選ぶ際は、ローウエストよりハイウエストのものを。

イラストを比較すると、明らかに左より右のほうが全体のバランスが良く見えます。トップスの占める面積を小さくし、高めの位置でウエストマークなどをして上に重心がくるよう心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、骨格タイプ:ウェーブについて書きました。

次回は、骨格タイプ:ナチュラルについて書かせていただきますが、すべての骨格タイプにおいてよい点、いまいちだと思う点があるかもしれません。

いまいちだと思う点だけを見てコンプレックスに感じるのではなく、それぞれのタイプにしか出せない魅力を理解して、ご自身が一番輝けるおしゃれを楽しみましょう。

おかはる
骨格診断士

骨格診断士、カラーコンシェルジュ、メイクセラピーアドバイザーをしています。着やせアイテムやスタイルアップして見えるテクニックなどをご紹介していきます。

おかはる の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事