【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

投稿16万超「#おにぎり弁当」が激アツ!フツーじゃ芸がない「インスタ達人の映えワザ4選」

  • 2020年06月22日公開

こんにちは!ヘルシーでおいしいベジフード大好き、いつもおいしい食べ物のことばかり考えているヨムーノライターのkayuko.aです。

インスタ投稿16万超えの人気お弁当メニューといえば「#おにぎり弁当」。 おにぎりをにぎる一手間に、家族への愛情を感じます。

でも……!にぎるだけでは芸がない! 少しでも見栄え良く、綺麗に、かわいく見せるためのアイデアたっぷりのおにぎり弁当5選を紹介します。
毎日のお弁当作りの参考にしてくださいね。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

「おにぎり」と「おむすび」の違いは?

丸や三角形ににぎったご飯を「おにぎり」や「おむすび」と呼びますが、呼び名の違いについて知っていますか?

「おにぎり」の語源は「握り飯」で、お米を握ったものなら形は何でもよく、おむすびは三角形をしている山形のものを指します。

「おむすび」の形には意味があり、昔は、山や海、太陽や風などの自然信仰が一般的で、自然の神様の力を分けてもらうために、山を象って山形ににぎったと言われています。

現代では、神様の力を分けてもらおうとおにぎりをにぎる人はいないと思いますが、おにぎりは意外と歴史が深かったんです。

おにぎりが一気にかわいく!万能の黒ゴマ

お弁当箱におにぎりをつめるだけでも十分存在感がありますが、一手間を加えるだけでかわいさもアップしてしまうのが、おにぎり弁当の良いところ。

黒ゴマと細く切った海苔で、にっこり顔デコしてみましょう! デコ弁を恥ずかしいと感じる夫は多いですが、シンプルなおにぎりデコなら受け入れてもらえそうです。

笑顔いっぱいのおにぎり弁当なら、忙しい合間のランチタイムもほっこりできますね。

洋風が新しい!具入りご飯&ベーコン巻き

おにぎりといえば、白米の中に具を入れてにぎったものを海苔で巻くというスタイルが一般的。

固定観念を取り払って、とうもろこしご飯をおにぎりにし、ベーコンで巻くというアイディアを真似してみませんか?

チャーハンおにぎりをベーコンやハムで巻いても良いですね。 食べ盛りの子どもや夫に人気のおにぎり弁当間違いなしです。

具だくさんおにぎりの人気選手!唐揚げおにぎり

おにぎりの具には色々ありますが、子どもや夫に人気の具といえば「唐揚げ」!

しっかり味つけした唐揚げをおにぎりの具材にすれば、何個でも食べられそうです。 ご飯の中に唐揚げを入れるとにぎりにくいという場合は、天むすの要領で唐揚げをおにぎりの先端から少し覗かせてもかわいいですね。

唐揚げが大きすぎるとにぎりにくく食べにくいので、適度な大きさに切り分けておくと、小さな子どもでも食べやすくなります!

「#おにぎり弁当」におすすめのアレンジ

デコ弁を作るのが苦手だという方も簡単にできるデコおかずといえば、「ハート型の玉子焼き」。

作り方は簡単、いつものように玉子焼きを作り、玉子焼きの断面をちょうど真ん中部分で斜めに切ります。
ひとつをひっくり返して、断面同士をくっつけるとハート型に!
斜めに切る角度によってハートの形が変わるので、バランス良く切るのがポイントです。

おにぎりやおかずへのデコは、黒ゴマと細く切った海苔で顔を作るだけで、とてもかわいくなります。今までデコ弁を敬遠していた方もぜひ試してくださいね。

「#おにぎり弁当」はアイディア無限の人気お弁当メニューです!
毎日のお弁当作りの参考にしてくださいね!

※気温の高い時期はお弁当が傷みやすいので注意してください。気温25度以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをお勧めします。

kayuko.a
ライター

食べることと雑貨が大好き!おからこんにゃくマイスター認定講師・米粉マイスター認定講師・ナチュラルフードコーディネーターで、マクラメ作家・手作り石けん作家という一面も。現在の住まい(中古住宅)のDIYに、日々奮闘中です!

kayuko.a の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事