5人家族で食費2万円!ドンキで買う「3大神食材と激安おさぼり系グルメ」

  • 2022年03月16日更新

こんにちは、食費節約の達人たちが「ドンキの神コスパ食材」を活用しているのを目の当たりにし、ドンキで買い物を始めたヨムーノ編集部です。

緊急事態宣言は解除されましたが、まだ外食や人混みはちょっと…という方も多いのでは。節約や自炊に、ほとほと“疲れ”ましたよね…(涙)。

そんな時こそ、節約達人が実践する「ラクに食費を下げるコツ」があるのです。
それは、ドンキの「神コスパ食材」や「激安おさぼり系グルメ」を徹底的に活用すること!

それだけで、食事回数が増えても、食費はきちんと下がるのです。
なるべく「手間を省いてラクに調理する」のは、節約モチベーションを長く保つ秘訣。 とくに外出にまだ抵抗がある方は「息抜きに外食…(もちろん、割引クーポン活用)」もできないぶん、「激安おさぼり系グルメ」は、どんどん活用したいところです。

そこで今回、貯蓄ゼロから年100万円以上の貯金に成功し「5年で600万円貯めた食費節約家」@hari-kakeiboさんと、「ドンキ歴15年マニアのお得ハンター」稲垣飛鳥さんに「食費が減るドンキ活用術」と「ドンキで鬼リピしている、激安おさぼり系グルメ」を教えてもらいました!

ドンキ食材を活用して「家族5人、食費月2万円」!

@hari-kakeiboさんは、年収400万円、4歳、2歳、0歳の子どもがいる5人家族で、食費が月2万円ほど。長期休み期間なども、ドンキをしっかり活用して「2万円を目標」にやりくりしています。

「ほぼ底値」のドンキで、さらにお得に買い物をする3つの秘訣、鬼リピしている神コスパ食材を聞きました。

【食費節約に効くドンキ活用術1】「マジカ」アプリで、割引商品をゲット!

ドンキの食材はほぼすべて安いのですが、さらにお得に買うコツは、ドンキのオリジナル電子マネー「majica(マジカ)」カードの会員になること!

会計金額の「一の位の端数」が切り捨てになったり、チャージをするごとにポイントが貯まったり、会員限定のクーポンなどもあります。お得がチリツモ!
クーポンは、ドンキのmajicaアプリにログインして、店舗の端末から発券できます。

【食費節約に効くドンキ活用術2】肉と野菜以外は「ドンキ」を主戦場に!

買い物に出かけるのは、1週間のうち、「ほぼ1日のみ」です。
その日に「お店を3軒はしご」しています。

なぜなら、食材すべてを、「なるべく底値」で買いたいから!

  • 野菜は「八百屋で1000円」くらい(1つ100円の野菜を中心に買う)
  • 生鮮は「肉と魚が安いスーパーで2000円」くらい(なるべく底値を狙う)
  • その他(ウインナー、牛乳、納豆、調味料)は「ドンキで2000円」くらい

が「はしご」3軒で「絶対に買うものルール」です!

ドンキはほかの食材もほぼ底値なので、肉と野菜以外、いろいろとゲットしています。

【食費節約に効くドンキ活用術3】粉類・缶・調味料はドンキが随一!

【粉類】「ホットケーキミックス」は業スーより安い!

ドンキの「情熱価格」のホットケーキミックスは、 200g×3パックで158円(税抜)です!
スーパーで買うホケミは、同じ600gで298円(税抜)なので、4割引きの価格です!

ほぼ底値といわれる「業務スーパー」でも、1㎏のものが289円で売っていましたが、ドンキのほうが少しお安いのです! しかも小分け包装なのが使いやすくて便利なんですよね。 「ホケミはドンキ」が鉄則です!

【缶】1缶59円に激震!他店の半額「ライトツナフレーク」

困ったら、野菜1つとあえるだけで立派な副菜になる「ライトツナフレーク」ですが、ドンキは、5缶で298円(税抜)、1缶59円ほどと驚愕の底値ぶり!

某有名メーカーのライトツナフレークをスーパーで買うと、1缶110円(税抜)ほど。5缶買ったら、550円なので、半額近いコスパですよね!

ドンキの缶はほかにもありますが、スーパーで買うより激安です。

【調味料】500gサイズが神!情熱コスパ「ドレッシング」

ドンキのPB商品、情熱価格の中で、ドレッシングもオススメです。 大容量で安くて美味しい。こちらのシーザードレッシングは、500gで 298円。

業務スーパーのドレッシングだと1リットルサイズで、飽きてしまいがちなので、私はドンキの500gサイズが最適だと感じています。

この価格では、スーパーでは絶対に買えないです。
スーパーだと300gサイズで298円ほど!「200gぶん」がお得です。

続いて、「ドンキ歴15年マニアのお得ハンター」稲垣飛鳥さんが鬼リピしている「激安おさぼり系グルメ」を厳選して3つ紹介します。

【激安!ドンキおさぼり系グルメ1】店長イチオシ!1食50円ナポリタン

「店長イチオシ」のポップつきで、レストラン級のおいしさのレトルトが、ドンキのナポリタン。なんと「生タイプ」です!

「生タイプ即席麺」は別名「ロングライフ麺」といい、加熱殺菌したゆで麺を酢酸などでまぶしているため、ゆで麺であっても長期間保存ができるのです。

「2食入りで100円」と激安なうえ、賞味期限が半年ほどと長いので、使い切れずにムダにしてしまうこともなし。

家にある余り野菜(玉ねぎやピーマンなど)と、ウインナーと炒めるだけでパパッと完成。味つけは、付属の「粉」で激うまです。

【激安!ドンキおさぼり系グルメ2】温め不要!「いなばの100円カレー」

ドンキで100円で売られていた「いなば」の『具が溶け込んだカレー』が絶品です。

なんと温め不要で、常温のままでも、おいしく食べられる逸材!

ご飯ではなく、パンと食べる場合は、缶詰からそのまま食べられるので、洗い物もなくて良いです(笑)。アウトドアっぽい食べ方のほうが、非日常感があり、春休み中、時間を持て余し気味…という子どものスパイスにもなったり…(笑)。

【激安!ドンキおさぼり系グルメ3】大容量200円!「鮭フレーク」

ドンキのおさぼり系グルメで忘れてはいけないのが、ご飯のお供にもなる「鮭フレーク」200円!

ご飯、卵、鮭フレークに、隠し味・サラダ油少々を混ぜて、炒めるだけで…

立派なチャーハンになるのです!

好みでネギを加えてもOKですが、基本の3食材(卵・ご飯・鮭フレーク)で作れば、具を切る手間もゼロ!(笑)

この「激安おさぼり系グルメ」3つで、たいていの「疲れた日のお昼ごはん」は乗り切れます。
神コスパなので、食費もみるみる減りますよ。

「無理をしないこと」が食費節約に繋がる!

いろいろなスーパーの底値を調べて買い物をはしごするより、「スーパー以外はドンキ」など決めてしまったほうがラク。いろいろな食材が、ほぼ底値で手に入るドンキは、活用しない手はありません。

また、長期休み中は、「1日3食の自炊疲れ」だけではなく、食事回数とともに食費が上がってしまうのが悩み。
「手間を省いて、賢くラクできる」市販品もしっかり活用して、食費を無理なく減らしましょう。

※取材時の情報です。店舗により、取り扱いがない場合や価格が異なる場合があります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ