【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

「かつや」さん怖い…!王道"じゃないほう"がしれっと激ウマ♪神コスパ弁当、持ち帰ってみた

  • 2020年06月30日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

かつ丼がおいしいと有名なかつやですが、揚げものメインのお弁当もちょっと気になる...。ということで、今回はかつやでお弁当を持ち帰りしてみました!

新定番となった「特カツ丼弁当」や、コスパ最強の「揚げ物弁当」などレポしますよ♪

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

かつやでお持ち帰りをする方法

  • 電話でお持ち帰り品を注文する
  • 店頭でお持ち帰り品を注文する※1

かつやでは、電話もしくは店頭のいずれかの方法でお持ち帰り品を注文します。今回は「電話注文」をしました。店舗により異なると思いますが、私が行ったかつやでは受け取り時間には長蛇の列...。なんと店頭で持ち帰りを注文している方の待っている列でした。

私はお店についてすぐに受け取ることができました!日差しがさんさんと降り注ぐ暑い日でしたので、電話注文しておいてよかったです。もしお持ち帰りを検討されている方、混雑時には電話注文をおすすめします。

2020年6月現在、ネットからお持ち帰り品を注文することはできないようです。

ご飯の量がたーっぷり!「特カツ丼弁当」650円(税抜)の正直レポ

かつやの新定番として台頭した「特カツ丼弁当」650円。
「カツ丼弁当(梅)」490円と比べてその違いは、温泉たまごがのっていて、ごはんが大盛であるという2点。

手に持つとずっしり重みがあり、ごはんはお茶碗2膳ぶんくらいありそうです。さすがに女性一人では食べきれなかったので、家族に協力してもらいつつ完食。がっつり食べたい方にはもってこいですね。

温泉卵は、できたての時間から30分以上たっても、中はとろっとしています。

サクサクに震える「ヒレカツ弁当」790円(税抜)の正直レポ

お肉の脂身があんまり得意ではないので、カツはヒレカツが大好き!とはいえ、かつやのヒレカツは食べたことがなかったので、今回初デビューになります。

かつやのヒレカツ弁当は、3枚のヒレカツがキャベツと一緒に入っていました。

半分に切ってみると...

お持ち帰りしたので衣の状態が気になり、包丁で半分にカットしてみたところ...サクサクッ!油っぽさも感じませんでした。

カットした断面図を見るとわかるように、お肉をつつむ衣が薄いんです。衣でかさましされていないのも嬉しいですよね。

お肉も文句なく美味しかった

ソースをたっぷりかけていただきます。口の中で本当にサクサクっと音が鳴るので、びっくり。脂が少なめなヒレカツですが、パサパサすることもなく、ほどよく柔らかく、美味しい。

お持ち帰りでこんなにサクサクが楽しめるなら、これからもおうちでゆっくりヒレカツタイムしたいですね♪

海老・ヒレ・メンチカツ弁当790円(税抜)の正直レポ

これは食べ盛りの息子が、お持ち帰りのメニュー表を見て「揚げ物が3種類入って、ヒレカツ弁当と同じ値段だよ、超お得じゃん」と即決した海老・ヒレ・メンチカツ弁当。確かに海老フライも入ってこの値段とはコスパ良く感じますね。

注文するまでは「どれも小ぶりなのでは...」と思いましたが、実際に見てみると揚げ物がそれぞれ結構いいサイズ。特に、写真右にあるメンチカツは、まあ大きい。いいんでしょうかこんなに大きくて。

3つの中で、1番美味しかったのは...

メンチカツとヒレカツにはソースを、海老フライにはタルタルソースをかけていただきます!

まずヒレカツ。先ほど食べたヒレカツと同じで、うすい衣がサクサクでしっとりお肉が美味しい。サイズもヒレカツ弁当に入っているサイズときっと同じ気がします。

次は海老フライ。こちらも衣はサックサク、身もぷりぷりして、しっぽまで美味しくいただけます。唯一残念なのが、ひと口目は衣だけしかなかったことでしょうか。私のひと口が小さいという可能性もあるのですが、ぎりぎりまで身であってほしかったかな!

最後はメンチカツ。衝撃です。
衣はサクサクしているのに、中から肉汁があふれてきました。玉ねぎの食感や甘みもしっかりあって、このレベルのメンチカツがしれっとお弁当に入っているなんて、かつやさん怖い...!と思いました。ダントツで美味しい。

かつやでサクサクしてみて

かつ丼も無論おいしいのですが、揚げ物メインのお弁当もばっちり美味しかったかつや。これからさらに暑くなって、キッチンで揚げ物したくない日にうってつけだと思います。

ぜひ、気になった方はお持ち帰りして「#おうちでサクサク」してみてくださいね♪

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事