【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

めざましテレビで話題!スタバも驚愕「なんでわかった?私好みの一杯」が届くサービスに感動

  • 2020年07月08日更新

こんにちは、喫茶店は、コーヒーではなくピザトーストが美味しそうかどうかで選ぶヨムーノ編集部です。

リモートワーク・在宅ワークが広がり、映画や音楽の配信サービスや、ヨガのオンライン授業など、サブスクサービスの人気も高くなりましたね。

今回は、おうちにいる時間をもっと楽しめるコーヒーのサブスクリプションサービス『PostCoffee』を紹介します。なんと、王様のブランチやめざましテレビなどメディアでも話題沸騰中。

忙しい毎日でも、ほっと一息つける素敵な瞬間を味わえますよ。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

『PostCoffee』3つの特長

POST COFFEE 株式会社が運営するコーヒーのサブスクリプションサービス『PostCoffee(ポストコーヒー)』は、世界約15カ国から最高品質の美味しいスペシャルティコーヒーを厳選しています。

①無料コーヒー診断

ライフスタイルや嗜好に関する10個の簡単な質問に答えることで、約15万通りの組み合わせからその人に合った好みのコーヒーを3種類、また淹れ方や頻度、量、オプションなどをカスタマイズして提案してくれます。

②定期的に届くコーヒーボックス

診断から導き出された3種類のコーヒー、またカスタマイズによって砂糖や粉末ミルク、フィルターなどがセットになったコーヒーボックスが1ヶ月ごと(または2週間ごと)に届けられます。

またコーヒーがなくなってしまったら、追加での注文も可能。欲しいコーヒーを選んで購入すると(¥1,280/150g)、最短翌日でポストへ投函で届けられます。

③30種類以上のスペシャルティコーヒー

コーヒーのラインナップは常に30種類以上。PostCoffeeを象徴するブレンド1種、他は単一の農園で栽培されたシングルオリジンです。

スペシャルティコーヒーのシングルオリジンでの種類数は国内最大級の品揃えになります。

ヨムーノ編集部でも注文してみた!

今回はヨムーノ編集部で『PostCoffee』を注文してみました。

実は筆者、コーヒーよりも紅茶派なので、普段コーヒーはそんなに飲みません。たま~に喫茶店に入ってケーキと一緒にいただくか、仕事で眠たい時に、お砂糖たっぷりの缶コーヒーを飲むくらい。コーヒーのこだわりがないので、正直どれも同じと思っていました(笑)。

そんな紅茶派の筆者がコーヒー診断をすることに。コーヒーについてがっつり聞かれるかな...と身構えていましたが、私のプライベートの過ごし方など聞かれて、いささか驚きました。

そして後日届けられたコーヒーを、毎日飲むほどコーヒー好きな編集部員と一緒に、試飲してみました!

届きました~!おしゃれなデリバリーピザっぽいパッケージにワクワク。

パッケージ越しにすでに、コーヒー豆のいい香りがプンプンすることにびっくり。

パカッと開けるとそこには、「Thank You!」の文字が...!スタバっぽい粋な計らいですね♪

今回診断して届いたのは、ケニア・ブラジル・ペルー産のコーヒーたち3種類。

箱から中身を出すだけでこんなに映えることってあるんですね。おしゃれな冊子と『PostCoffee』シールまで入っています。

コーヒーのパッケージも、味ごとにそれぞれ色味が違うので、テーブルに並べるだけで、私自身すごいセンスが良くなった気持ちです(笑)。

苦みが強めの「ペルーマユパタ」を飲んでみた

3つの中で1番ダークな味である「ペルーマユパタ」。正直、苦いコーヒーに慣れていない筆者はドキドキしていましたが、驚くことが起こりました。

そう、もちろん苦みはあるんですけれど、ミルクやお砂糖を入れなくても飲みやすいんです。スターバックスのコーヒーでもこんな飲みやすいフレーバーはないんじゃないかな...。

コーヒー好きの2人にも飲んでいただきました。

深みがあって好きです。ダークだけれど後味がさっぱり。味が濃いパスタとか食べた後に飲みたいですね。酸味もゼロなわけでもなく、ちょうどいいバランス。(毎朝ブラックコーヒーを飲む編集部A)

コクが強くていいですね~、好きな味です!酸味があるので重くない。ベリーが入った酸味のあるチョコレートと一緒に飲んだら合いそうですね。酸味より苦みがあるほうが好きですが、この酸味はいけます。ブルーボトルさんっぽいかも。(仕事中もコーヒーが欠かせない編集部B)

酸味よりも苦みが好きな2人が飲んでも、飲みやすく、バランスのいい味でした。

ライトな「ケニアキアンドゥ」を飲んでみた

3つの中で1番ライトで酸味のある「ケニアキアンドゥ」。筆者は一口飲んで、これコーヒーなの?と思うくらい、フルーティで飲みやすかったです。飲んだ後に残る苦みがほとんどなく、後味すっきり。

ところが、苦みのあるコーヒーが大好きな編集部員が飲むと...。

お~、これは酸味がとても強いですね。飲むシーンが迷われる。自分では決して選ばないかな~...。(仕事中もコーヒーが欠かせない編集部B)

こちらは、苦みが好きな編集部員からすると、酸味が強すぎて少し飲みにくかったとのこと。ただ、紅茶派の筆者としては一番口当たりが軽く、コーヒーの苦手意識が薄まる、いいきっかけの一杯でした!

『PostCoffee』を体験してみて

診断は約15万通り。今回一緒に試飲してくれた編集メンバーそれぞれが診断した場合、きっと彼らにとって思わず「これこれ!」と思える最適解のコーヒーたちに出逢える気がしました。

コーヒー診断の正確性を垣間見られ、まだ知らないだけでコーヒーには計り知れないフレーバーがあることを感じました。いつも飲んでいる味がコーヒーのすべてではない、わけですね。

ぜひみなさんも相性のいいコーヒー探しをしてみてはいかが?

カスタマイズに「水出しコーヒーバッグ」が登場

夏のコーヒーといえば、水出しコーヒー。水でじっくり、時間をかけて抽出する水出しコーヒーは、香り高く、まろやか。麦茶のようにごくごく飲める美味しさです。

『PostCoffee』では、味わいの違いを楽しめる「FRUITY」「BALANCED」「BITTER」の3種類のコーヒーを厳選されました。

その日の天気や気分に合わせたり、お気に入りのスイーツと合わせたりと、シチュエーションに合わせて楽しめる3種のシングルオリジンコーヒーです。

Kenya Ruarai (ケニア ルアライ)

柑橘系のさわやかな香りが楽しめる中浅煎りのケニアのコーヒーをチョイス。爽やかな香りとスッキリとした味わいが特徴です。

さっぱりとしたフルーツゼリーと合わせても美味しい、フルーティーなコーヒーです。

Brazil Forquilha do Rio (ブラジルフォルキーリャ・ドゥ・リオ)

マイルドな味わいが特徴の中深煎りのブラジルのコーヒーをチョイス。黒糖のように甘く、まろやかな味わいです。

羊羹やわらび餅といった、夏らしさを感じる和菓子と合わせて楽しむのがおすすめです。

El Salvador Chalatenango (エルサルバドル チャラテナンゴ)

マイルドな苦味を楽しむ、深煎りのエルサルバドルコーヒーをチョイス。チョコレートのような甘さ、柔らかい苦味が心地よい味わいです。

ミルクをいれて、マイルドなアイスカフェオレも楽しめます。

ご注文方法

豆の種類選択の部分で「水出しコーヒーバッグ」をご選択ください。初めてのお客様はコーヒー診断で「水出しコーヒーバッグ」を選択。

既存のお客様はカスタマイズ部分で「水出しコーヒーバッグ」選択してカスタマイズを確定。

とっても簡単!水出しコーヒーのおいしい淹れ方

「麦茶のように、バッグをいれて水を注ぐだけ」で簡単に本格的な水出しコーヒーを、おうちで楽しむことができます。

用意するもの

  • ピッチャー(800~1000mlの容量)
  • 常温の水(約700ml)
  • 水出しコーヒーバッグ 1個ピッチャーに水出しコーヒーバッグをいれる

常温の水を約700mlピッチャーに注ぐ。
冷蔵庫で8~12時間おく。
時間になったら、コーヒーバッグをとりだして完成。

水出しコーヒーの楽しみ方

その1. 夜寝る前に、水出しコーヒーを作って冷蔵庫へ。

目が覚める頃には、ちょうど水出しコーヒーが完成。目覚めのモーニングコーヒーとして楽しんだり、ボトルに詰めて会社の休憩時間に楽しむのもあり。

その2. 朝おきて、水出しコーヒーを作って冷蔵庫へ。

帰宅する頃に、丁度美味しい水出しコーヒーが完成。1日の仕事終わりに、水出しコーヒーを飲みながらリラックスして過ごす時間も格別。

その3. 金曜日の夜に、水出しコーヒーを作って冷蔵庫へ。

週末の楽しみに。金曜日の夜に仕込んでおけば、週末起きるのが楽しみになります。ボトルにいれて公園に持っていったり、ドライブのお供として持っていくのもありですね。

新発見のコーヒーフレーバーで毎日に彩りを

新作のアイスコーヒーも気になりますが、夏はクーラーで体が冷えがちなので、ホットコーヒーもおすすめ。

今まで出会ったことのないような、素敵なコーヒーを厳選してくれる『PostCoffee』、ぜひほっと一息つきたい時のお供にいかがでしょうか。

⇒『PostCoffee』はこちら

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事