【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

まさか!シャトレーゼ「60円グルメ」が自炊の神!「意外すぎアレンジ」を歴30年マニア発明

  • 2020年07月09日公開

こんにちは♪

子どもの頃から「シャトレーゼから10秒」のところに住んでいた、シャトレーゼ歴30年のヨムーノライター稲垣飛鳥です。(歴30年…長いですよね…笑)

安くておいしいシャトレーゼの魅力にとりつかれて、何はなくとも、今では「1日1シャトレーゼ、食べること」がルーティンです(笑)。

そんなマニアぶりがおかげさまで反響を呼び、ただいまヨムーノで、シャトレーゼに関わる連載を始めました!
そのまま食べても十分おいしいシャトレーゼ商品ですが、ひと手間加えて食べ方をアレンジすると「意外にも絶品!」という、知られざる魅力の商品がたくさんあるのです。

連載「シャトレーゼの激うまアレンジの世界」では、今日もシャトレーゼ商品を使った「意外な激うまアレンジ」を紹介していきます。

新型コロナウイルスの影響で、まだまだ外出しづらい今も、オンラインショップが利用できますよ。 そして今回、食べ方をアレンジする商品はこちら!

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

【今回使うシャトレーゼ商品はコレ】「揚げ餅」4種類と「あられ」

「揚げ餅」4種類と「あられ」なのですが、すべて1袋60円。

お手頃価格で、程よい量なのて、とても買いやすいのです!

この価格だと全種類、大人買いできますね♡

では、一つ一つご紹介します。

  • 揚げ餅 塩

もち米の味がしっかりとしています。揚げ餅といえば、まずこれ!という定番中の定番でおさえておきたい一品です。

  • 揚げ餅 明太子

食べると、結構ピリ辛!なあと引くお味。なんと、明太子以外に一味唐辛子も入ってました。これは大人の味…ビールのおつまみにもよいです♡

  • あられ青のりサラダ

これは、のり餅の味で、さっぱりこくのある味わいです♡
揚げ餅ではなく、あられなので食感も固め。違う食感のものが混ざると、よりおいしくなることも多いので、ずばり隠れたエースです。

  • 揚げ餅 焼きとうもろこし

これは、とうもろこしの味わいがしっかりしています!
とうもろこしの甘みとちょうどいい塩加減が絶妙♡

  • 揚げ餅 梅塩風味

梅おにぎりや梅お茶漬けを思い出すような、なんとも懐かしい味です。
こういう和菓子、意外となかなかないので、これもぜひ食べてほしい♡

ということで、この「揚げ餅&あられ」シリーズを食べながらひらめいたのが、長期休みのお昼の定番「おにぎりーーー」!!!

そう!ご飯に揚げ餅やあられを混ぜて、「おにぎり」にしてしまいます♪
長期休みが続くと、子どももマンネリ気味もごはんに飽きるので、これなら手間なく簡単で、きっとわくわく楽しんでくれるはず!

【意外な食べ方アレンジ1】ふりかけ感覚で新食感「揚げ餅おにぎり」

では、さっそく作り方です。

今回は、一口サイズのおにぎりにしてみました♡

揚げ餅の「一口おにぎり」

【材料】

◯ご飯…25g(一口サイズ)
◯好みの揚げ餅…4かけ(目安)

ボールにご飯と揚げ餅を入れます。

スプーンで、揚げ餅をザクザクくだきながら混ぜます。

ラップを使って、握ります。

この要領で、5種類作ってみました♡

使った揚げ餅・あられをおにぎりと同じ順に並べてみましたよ♪

どれも、めちゃめちゃおいしくて、子どもも大喜びでした♡

握りたては、ザクザクした食感がたまらず、時間が経ったものは、揚げ餅はしっとりしますが、味はしっかりと馴染んでいます。あられは、食感のしっかりしたふりかけ風の味に!

見た目もかわいく、お子さんと「味当てクイズ」をしながら食べるのも楽しいですよー!
揚げ餅の量は、もう少し多めでもいいかもです。
私は、「追い…」がしたかったので、少なめにしました。

【意外な食べ方アレンジ2】さらに味変!「追い揚げ餅おにぎり」

ということで、
おにぎりの周りに、揚げ餅をつけて、「追い揚げ餅」(笑)。

食感と味わいがまた変化して、なおうましですー♡

というわけで、今日の「シャトレーゼの激うまアレンジの世界」は、
揚げ餅&あられを使った「一口おにぎり」を紹介をしました。

揚げ餅が少し残ったなーという時に使うのも手!
おいしく無駄なく最高です♡

よかったら、参考にしてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

稲垣飛鳥
料理家・再現レシピ研究家

料理家・再現レシピ研究家。著書「まるでお店!なほめられレシピ」(講談社)を出版。レシピ考案・調理・スタイリング・撮影までのお仕事もしています。自宅ではピアノ教室・フルート教室を主宰。

稲垣飛鳥 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事